トラヴィス帝国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

≪トラヴィス帝国≫

皇帝フィン・サーブル(26歳)が治める、大陸一の軍力を誇る帝国。同名の都市人口は40,000人程度。
東西南北へ徒歩3日程度の位置にそれぞれ城塞都市が置かれている。人口は各20,000人程度である。

トラヴィス帝国軍には配属先が5つある。

重装鎧と得物により敵を殲滅する"第一の鉄拳"
軽装により臨機応変に遊撃へ赴く"第二の直剣"
射撃での中距離、後方支援部隊    "第三の連弩"
魔法による長距離攻撃を受け持つ"第四の大鷹"
負傷兵を0に戻し続ける治療部隊"第五の陽光"

それぞれが違う役割を持っているが、戦時は欠点を補い合うべく混成部隊として行動する。


蛮族の殲滅に忙しいこのトラヴィス帝国領内では、武器の精錬技術が他国よりも発達している。
もし帝国領内にいるのであれば、手持ちの武器は性能の限界を超えて強化することができるかもしれない。
 

帝国精錬の武器+1  武器にスペード+剣の紋章が刻印される  知名度:10
基本取引価格:通常の武器価格+10,000  魔力を含む鉄鉱物で打ちなおされた武器 製作時期:現代

 特殊な鉱物により補強され、命中力と追加ダメージが+1された武器です。強化値は累積しますが、オーダーメイドや魔法の武器、妖精の武器などの加工が不可能になります。この武器は魔法の武器として扱います。
 強化された武器は1日に1回補助動作で1R、強化値分(+1なら1点)だけ防護点を上昇させることが出来ます。

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|