小宮山悟のシェイク(ナックル)のトリビア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小宮山悟とは「和製マダックス」と言われた抜群の制球力、多彩な変化球、投球術で活躍した投手である。

このシェイクという変化球は2004年のオフ、当時ロッテの監督だったボビー・バレンタインに小宮山が変化球の相談したところ「ナックルを投げろ」とアドバイスされ習得した変化球である。
幕張の強風を生かしてボールを揺らしたある種のナックルボールであるが、ドーム球場または風の弱い場合にはこの威力は半減してしまう。
実戦で投げられる機会があれば、投げてみて下さい。


【握り方・投げ方】


  • 握りはフォークボールであるが、親指はボールに触るだけである。
  • 投げる投球モーションは小宮山悟、メジャーリーガーのウェイク・フィールドをイメージして、ゆっくりしたモーションで投げる。
  • 自身のストレートの球速の50~60%くらいの球速で投げる。



【練習法】

  • まったく回転せずにそのままボールが飛び出すイメージで投げる。

さぁ、シェイクを投げてみよう!!


もっと小宮山悟投手に関するグッズが見たいなら「こちら


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|