GM用データ集

ここでは、GM(ゴリラマスター)がセッションを運営するにあたり手助けとなる、
GM用データの解説を行う。


■ゴリラの敵

ゴリラの敵とは何か。
それはただゴリラに仇なす存在を示すわけではない。
環境、天災、人災、あるいはゴリラパワーを凌駕する純粋な野生の力――
ゴリラTRPGにおいて、こういった様々なゴリラの敵を表現することが多々あるだろう。
そういった要望に応えるため、ゴリラの敵をエネミーデータとして用意した。
エネミーデータを上手く使うことで、PGのピンチだけではなく、かっこよさも演出できる。
GM諸氏にはゴリラフレンドリーの精神を忘れずに、このデータを運用してもらいたい。
 

◆エネミーデータ

以下にエネミーデータを記載する。
エネミーには使用するセッションの推奨GCLが記載されているが、
GMはPGの数や強さ、シナリオの雰囲気に応じて、
エネミーの種類、数、能力値やスキルを随時変更しても構わない。

エネミー専用【回避値】(選択ルール【NEW】
エネミー専用ステータスの【回避値】を持たせても良い
【回避値】とは、エネミーの回避固定値を本来の能力値とは、別の値でGM側で決めるルールである。
例:【回避値】が3なら、能力値にかかわりなく回避判定は全て3+2D6で行う。
これを導入することによって、【筋力】【武器】攻撃の命中事故を減らすことができる。

GCL1

名前 ハンター
HP 10
能力値

【筋力】1
【パワー】1
【力】1
【野生】1
【回避値】1(選択)

行動順番修正値 +0
エネミースキル 《ライフル攻撃》
【武器命中】-2
【ダメージ】1D6
解説 人間のハンター。
ライフルを持ち、様々な目的でゴリラを狩る
邪悪な存在である。

 

名前

ハンターリーダー 【NEW】
HP 20
能力値 【筋力】1
【パワー】2
【力】3
【野生】1
【回避値】2(選択)
 
行動順番修正値 +0
エネミースキル 《高性能ライフル攻撃》
【武器命中】0
【ダメージ】2D6
※シナリオに1回PG全員を攻撃できる。
解説 人間のハンター達のリーダー。
高性能ライフルを持ち、ハンター達を引き連れ狩りを楽しむ
部下のハンターよりも、更に邪悪かつ残忍な存在である。
 

 

名前

改造ウルフ
HP 30
能力値

【筋力】5
【パワー】5
【力】5
【野生】(設定されていない為、交渉は不可)
【回避値】3(選択)

行動順番修正値 +0
エネミースキル 《連続攻撃》
このエネミーは、1ラウンドに素手攻撃を2回行う事ができる
解説 ハンター達に改造手術を受けた獣。
動物としての野性を失い人間の思うままに働く。
しかし、その能力はゴリラと遜色ない。