プレイヤーゴリラセクション

ここでは、PG(プレイヤーゴリラ)のゴリラメイキングルールの解説を行う。

■ゴリラメイキングルール

まずは当wikiからゴリラシートを印刷しよう。
ゴリラシートは貴方のPGのデータや設定を記載するシートだ。
(いわゆるキャラクターシートである)
ゴリラシートが手元にない場合は、B5サイズの紙かバナナの皮に記載しよう。
※不可能と思われるかもしれないが、某ゲームでバナナの皮にサインをするシーンがあるため十分可能だ。


◆ゴリランク(GR)

ゴリランクとは、ゴリラの魂の階梯(ステージ)を表す数値である。
GRの高いゴリラは、よりゴリラとしての本質を引き出せるというわけだ。
PG作成時のGRは1である。


◆能力値

ゴリラには4つの能力値がある。

【筋力】
 腕力登攀ジャンプ力等、筋肉を使う行動に用いる。
 素手戦闘の際にも参照する。

【パワー】
 生命力、精神力、抵抗力、第六感等を表す。

【力】
 敏捷力、知力、魅力、器用さ等、筋力以外の力を表す。
 武器戦闘の際にも参照する。

【野性】
 交渉に使え、相手の野性との差分によりペナルティが決まる。
 また、ゴリラ同士で雌雄を決する「ゴリラ戦闘」に使用する能力値である。
 ゴリラ戦闘については4.ゴリラルールセクションに記載がある。

PG作成時、PGの能力値は、
【筋力】【パワー】【力】【野生】に、5」「4」「3」「2を割り当て
能力値とする。


◆副能力値

ゴリラには3つの副能力値がある。

【HP】
 いわゆるヒットポイントである。
 たとえゴリラとはいえ、HPが0になってしまえば死に至る。気を付けよう。
 なお、ここで決定するHPは上限値であり、HPは上限を超えて回復しない。気を付けよう。
 HPの上限値は【パワー】✕3+10(【パワー】の3倍に10を加算する)で計算される。

【バナナ】
 ゴリラTRPGにおいて、バナナはあらゆる使い方をする。
 バナナを消費することでゴリラスキルを発動できる。
 バナナは貨幣の代わりとなり、物々交換による物資補給が行える。
 バナナをちらつかせることで情報収集を有利に運ぶことができる。
 バナナを敵の足元に投擲し転倒させることができる。
 そして何よりも、バナナは美味い。
 PG作成時、バナナの初期値は5である。
 また、バナナはセッション中、ゴリリングによって追加取得することができる。
 ゴリリングについては4.ゴリラルールセクションにて記載する。

【GP】
 ゴリラポイントのことである。
 GPは1点消費することで、あらゆるダイスの出目を5に変更できる。
 GPの詳しい使い方については4.ゴリラルールセクションにて記載する。
 GPの初期値は5である。

 

◆ゴリラスキル

ゴリラスキルは、実際のゴリラが持っている能力を、TRPGで使えるようにデータ化したものである。
PGは作成時に2つのゴリラスキルを所持している。
ゴリラスキルは3.ゴリラデータセクションに記載してあるため、
こちらからゴリラスキル2つを選択し取得する。

 

◆ゴリラパーソナリティ

どんなゴリラにもパーソナリティ(ゴリ物像)が存在する。
ゴリラシートに記載されているPGのパーソナリティは以下の4つである。
ただし、ゴリラシートに記載がないからといって、
その他にゴリラの設定を考えてはならないというわけではない。
あなたのイマジネーションを働かせ、あなただけのゴリラを創造しよう。

●ゴリラネーム
 あなたのPGの名前を記載しよう。
 日本語、英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語、スペイン語、スワヒリ語、
 当然ゴリラ語でも、どの言語で記載してもよい。
 ただし、他のPL、PGから呼ばれやすい名前にすること。

●性別
 あなたのPGの性別をオス・メスのいずれかを選択し、記載しよう。

●外見
 あなたのPGの外見を記載しよう。

●血液型
 あなたのPGの血液型を記載しよう。

なお、外見と血液型については、
以下に「外見決定表」と「血液型決定表」を用意した。
どうしても決められない場合、1D6をROG(ロールオアゴリラ)して決定すること。

《外見決定表》
1D6  外見
1   ゴリラ
2   ゴリラ
3   ゴリラ
4   ゴリラ
5   ゴリラ
6   ゴリラ

《血液型決定表》
1D6  血液型
1    B型
2    B型
3    B型
4    B型
5    B型
6    B型