人物詳細

聖クロニカ学園中等部2年生。10月18日生まれ。
イギリス人である母・アイリの血を濃く受け継いでおり、色白で金髪碧眼の美少女である。
小学生の頃は少し抜けている程度の普通の女の子であった。
が、中1の時に「鉄の死霊術師(くろがねのネクロマンサー)」というアニメを見て以来、
いわゆる「邪気眼」な言動をする残念な子へと成長してしまった。
自分の中で設定したキャラ「レイシス・ヴィ・フェリシティ・煌」になりきっており、
普段からゴスロリファッションをし、右目には赤のカラーコンタクトを入れてオッドアイにしている上に、
芝居がかった大仰な台詞回しで喋る。
しかし慌てると素が出てしまい、九州に居た時期が長かった影響で九州弁で会話することもある。
こんな奇矯な言動をしてしまう人物であるが、周囲からは避けられるどころか、
むしろ多くのクラスメイトに愛されるアイドル的存在となっている。
ただし本人の人見知りする性格のためか、友達はいない。
夜更かしが多いせいか体が小学校高学年から全く成長しておらず、
小学生時代に着ていた服を問題なく着こなせてしまう。
また、兄である羽瀬川小鷹を「あんちゃん」と呼び甘える重度のブラコンで、
自分よりも年下の高山マリアの子供っぽい言動に必死になるなど、
肉体的にも精神的にも同年代の娘よりはるかに幼い面が目立つ。

能力

本人はただの女子中学生なので何の能力も持っていない。
なので、ここでは彼女が演じているキャラについて記載しておく。

「レイシス・ヴィ・フェリシティ・煌」

「鉄の死霊術師」に影響を受け、自ら「超かっこいいキャラクター」として設定し演じているキャラ。
一万年の時を生きる夜の血族「真祖」で、左目が緑、右目が赤のオッドアイで黒のゴスロリを着ている。
闇の眷属(小鷹)を従え、神の使徒(マリア)と闘っている。
食事には処女の生き血(トマトジュース)を飲み、十字架を克服し、
にんにくも体内に取り込めるようになっており、
本来水に入ると灰となる吸血鬼の弱点すら克服しているという設定になっている。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|