人物背景

軍人であり階級は中佐。
「紅蓮」の二つ名を持つ国家錬金術師。
白いスーツとコート、帽子を愛用する総髪・吊り目の男。ホムンクルスの協力者。
普段は紳士然として慇懃無礼にも似た言動の人物だが、本性は殺人に美意識を見出すサイコパス。
しかし単なる快楽殺人鬼というわけではなく、自らが殺した相手を記憶するなど殺人に関して独自の理念を持つ。
同時に「意志を貫く人は好き」として、自分の行動理念に従って生きる人物には敵や殺す対象でも敬意を払う。
また、自身はこの世界にとって異端の存在であると自覚している。
ホムンクルス達への協力についても、「大きな世界の流れの中で(人間とホムンクルスの)どちらが生き残る力を持つのか(観てみたい)」と述べたり、
己の存在の是非を賭けたりと、レイブンら通常の人間の協力者とは一線を画している。
また、イシュヴァール戦を戦い抜いた経験や体術は相当な物で、頭の回転の早さなど、かなりの強さを誇る。
イシュヴァール殲滅戦で活躍した国家錬金術師の一人で、裏では軍上層部より賢者の石を貸与され、より大きな戦果を挙げていた。
殲滅戦後、賢者の石の返還を迫った上官達を爆殺するが、このことでエンヴィーに気に入られ、
また自らの特性を最大限にバックアップしてくれることからホムンクルスの協力者となる。
その後、表向き上官殺しの罪で中央刑務所に服役していたが、「傷の男」の抹殺と逃亡の疑いのあるマルコーの捕獲、それに伴う報復として村の抹消のため出所する。
出所後早々に「傷の男」と戦い負けるが、すぐに戦線復帰し、ブリッグズ砦に部下とレイヴンを連れて現れる。
しかし、エルリック兄弟(及びブリッグズ兵)と「傷の男」が手を結んだため、取り逃がす。
「傷の男」を追おうとするが、プライドの命令で、ドラクマ軍を騙してブリッグズ砦に侵攻させ、
ブリッグズにドラクマ軍を壊滅させることで北の「血の紋」を刻み、国土錬成陣を完成させる。
「約束の日」、セントラル近郊のスラムで、エルリック兄弟やホーエンハイムの策で捕まったプライドを助けに現れる。
そこでハインケルに重傷を負わせ、アルフォンスと戦うが、彼とマルコーの作戦によって回復したハインケルに隙を突かれて致命傷を負い、最期はプライドに取り込まれる。
しかし、他の魂と違い自我を保ち続けており、プライドがエドワードの肉体を奪おうとした際に現れ、彼の行動を美しくないと言い放ち邪魔をする。
そして、プライドの肉体の崩壊と共に笑みを浮かべながら消えていった。

属性

混沌・悪

ステータス

筋力E 耐久C 敏捷C 魔力A 幸運B

陣地作成C…錬金術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
        しかし、魔術師とは根本から異なり非常に限定される。
道具作成EX…錬金術により道具を作成する。
         等価交換さえ成り立てばあらゆるものを作成可能。
精神汚染D…会話の成り立つ狂人。
        表面からは察する事は出来ないが、
        その内面を常人は理解できない。

宝具

「紅蓮の錬金術(エクスプロード・アルケミー)」

ランク:A 種別:錬金術(対人宝具) レンジ:1 最大捕捉:―
正確には宝具ではなく錬金術。しかし、彼を指し示すに当って最も代表的なものであり、故に宝具化された。
無から有を生み出す魔術とは異なり、錬金術とは等価交換の原則から有から有への“変換”である。
それ故、それによって生み出された結果は「神秘でありながら論理に基づいた物理現象」という二面性を持ち、
その矛盾により相手の魔術防御を容易く打ち砕いてしまう。
彼の錬金術は『爆発』に特化したものであり、
掌に刻まれた錬成陣(右手に下向きの三角と太陽の記号、左手に上向きの三角と月の記号)を合わせて対象物に触れ、
爆発性のある物質へ作り変えるというもの。
狂人である彼は生物ですら“生きたまま”動く時限爆弾に変換する事ができる。
但し、『結果』は二面性を持つが、『工程』は神秘そのものであり、
そもそも霊体であるサーヴァントや高い魔力の持ち主には察知され、錬成陣を組み込めないという弱点がある。

「賢者の石」

ランク:A 種別:対人(自身)宝具 レンジ:― 最大捕捉:―
キンブリーの奥の手。
体内に隠し持っている、鶉の卵ほどの大きさの血の様な色をした球状の紅石。
その実体は何百人という人間を『圧縮』した生命の塊であり、それ自体が強大な魔力炉である。
その特性は本来は等価交換を必要とする錬金術の原則を捻じ曲げ、
無から有を生み出す事を可能にする。
しかも、あくまでも錬金術である為、結果の二面性を残す事になる。
この宝具は元々彼が所有していたものではなく他から譲り受けたものである。
一説には恒星をも産み出せるほどの賢者の石も存在したという。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|