※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お前が俺のマスターか」


と、俺は問われた。



必要なものは、覚悟だ。
殺す覚悟。殺される覚悟じゃない。

俺はこの手で人を殺す。
縁もゆかりも恨みもない、顔も名前も知らない24人……いや、48人を全て殺し尽くす。
望みを叶えるために。大切なものを取り戻すために。

勝手だと、横暴だと。
いいや、それが吐き気を催すほどのゲスな考えだとわかってはいる。
だが構わない。
一度この手からこぼれ落ちた大切なもの……「  」を、もう一度取り戻せるなら。

だから俺は、自分の意志で、ここにいる。
自分の意志で――人を殺す。



「そうだ」



だから、そう応えた。
だが応える前からわかっていた。
こいつの眼を見た瞬間から。



こいつは、俺の同類だ――


    ◆



「お前が俺のマスターか」


と、俺は問うた。





必要なものは、戦略だ。
俺は自分をただの刀だと自負している。自慢じゃないが頭を使う事は得意じゃない。

人を殺すのに覚悟なんて必要ない。
そんなもの、もう必要ないくらいに俺は人を斬る事に慣れ過ぎている。

本当は、もう人を斬るつもりはなかった。
全部放り出して、逃げ出して。忘れようと思っていた。
でも、ただ一つ。一つだけ、絶対に忘れられない、許容できない死があった。
それを、覆せるなら……あいつの、「 」の死を、俺の罪を。


無かった事にできるのなら。


だから俺は、自分の意志で、ここに来た。
自分の意志で――人を斬る。



「そうだ」



そして、俺は応えられた。
だが応えられる前からわかっていた。
こいつの眼を見た瞬間から。



こいつは、俺の同類だ――


    ◆


右手の甲を撫でる。
そこにはまるで、翼を広げた鳥のような――鷹、のような文様が刻まれている。
令呪と言うらしい。俺の相棒――サーヴァント、に対する絶対的命令権。


「使いどころを間違えるなよ」


窓から外を見ていた、俺と大体同じくらいの背丈のそいつが言う。
サーヴァント。俺の相棒。頬に刻まれた十字傷。
殺し尽くすべき48人に含まれない、現在ただ一人の俺の仲間――いいや、武器、か。
俺とほぼ同年代のくせにぞっとするくらい冷たい眼をしている。
でも多分、今のおれも似たような眼をしているのだろう。

俺達は互いに利害と目的の一致を見た。
だからか、こいつは特に衝突も無く俺の言葉に従ってくれている。幸先のいい始まりだ。


「わかってるよ」


そう言って、俺は懐からもう一つの武器を取り出す。
銃だ。拳銃。手にずっしりと重い、人を殺傷するための鋼鉄の筒。
手にするのは二度目だ。一度目は、ある殺し屋と相対したとき。
そのとき俺は震えていたかもしれないが、今は――はは。笑える、嫌になるくらい何も感じない。
怖いと思うのはもう通り過ぎている。そう。

そのお祭りは、すでにやったじゃないか。

さすがに直に人に当てた事はない。でもあのとき邪魔が入らなければ、多分当てていた。人を殺していたんだ。
二度目だ。ならもう、俺は揺らがない。一本の木のように、立ち尽くしていられる。

ぐっと足に力を込めて立ち上がる。まさか自分の家がスタート地点だと思わなかった。
多分、そう見せかけているだけのただの偽物なんだろうけど。
それでも、思い出す事はできた。俺の一番大切なものが何なのかを。


「行こうか、サーヴァント」
「ああ。マスター」


ん、これは堅苦しいかな。
俺の命を預けるんだから、やっぱ名前で呼ばないとな。




「勝つぞ――剣心」
「無論だ――潤也」



【参加者No.2 安藤潤也@魔王 ジュブナイルリミックス】
【サーヴァント:アサシン(緋村剣心)@るろうに剣心】
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|