ガタノゾーア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

邪神 ガタノゾーア


備考

ウルトラマンティガに登場した怪獣で、
3000万年前の超古代文明を滅ぼした「大いなる闇」。
アンモナイトのような体をしており、恐ろしい顔が上下逆さまについている。
また、体の下は大量の触手で覆われており、前面部には巨大な爪が備わっている。

原作では、強大な闇の力で世界を混乱させた後、ウルトラマンティガと交戦。
圧倒的な強さを見せつけ、石化光線を放ってティガを石化してしまう。
しかしながら、ティガは子ども達の希望の光を受けて、グリッターティガとして復活。
最終的にはティガのタイマーフラッシュを受け敗北した。

第三弾で初登場の怪獣。ゲーム中では、二つの属性のプラズマソウルを宿している。
ボス怪獣でなく、通常の怪獣として登場するということがプレイヤーを震撼させた。
大怪獣ラッシュでもティガを石化させた光線などを使用する。
しかしなによりも恐ろしいのは、これほどの強敵が一つの惑星で大量に繁殖しているという事だろう。

必殺技

「巨爪叩き潰し」(全員順番にボタン連打タイプ ラッシュチャンス有り)
「石化光線」(順番に高速の前後タイプ×6射)
「回転シャドウミスト」(予想タイプ 失敗時ヒッサツ-3)
「貫通レーザー」(怒り時 全員にカード前後タイプ)

弱点武器

添付ファイル