※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安場 二重(あんば ふたえ)


■性別
両性

■所持品
コントラバス

キャラクター説明

さすらいのコントラバス奏者。自称17歳。
切れ長の眼と線の細い輪郭が映える美少年、と参加者からは認識されている。
なぜかメイド服で女装しているがパンチラが趣味ってくらいによく転ぶ。
そっちの好事家にはすぐ見破られ、慣れてない人はお察しである。と、思いきや刺さる人には刺さるようである。

漂泊の音楽家を自称するが、肝心のコントラバスは事前に旅先に発送するとのことで、手元に無いことが多い。
代わりに、持ち歩いている弓とケースの内、弓を使った弓術を披露してくれる。
が、よく失敗して突き刺さる。

今回のミステリーツアーの仕掛け人、犯罪組織「罪吏(ツァーリ)」のメンバーのひとり。実年齢不明。
集められた他の犯人のサポートを任せられ、仮にも組織の一員である以上無様な失敗には自決を命ぜられている。
本性は殺人を仕事の一貫としか捉えていない、他人に無関心で、自分大好きなナルシスト。
実際の楽器の腕はからっきしで、コントラバスは凶器兼分身の寝床である。
メイド服は趣味。本来は女性格であり、男性体の方は使い捨ての道具程度にしか思っていない。
これまで十度ばかり身体を乗り換えて時に抗ってきたため、自分のストックになり得る人間にのみ興味が持っている。

特殊能力『死神は十回ドアを叩く(ダブル・ルール)』 発動率50%

このキャラが襲撃に失敗した場合、もう一度別のキャラに襲撃をかけることが出来る。
二度目の襲撃に失敗した場合、このキャラは死亡する。
発動に成功した場合は能力を公開し、以後このキャラは女性として扱われる。
能力によって二度目の発動に至った時点で再度使用できなくなる。

■能力原理
対象を容姿や身長体重まで同一な異性の双子として変換する。
この作られた双子は生きながらにして、呼吸も栄養も不要となり、時間を止められたように劣化しないが意識は有さない。
片割れが死亡すると覚醒し、記憶と人格を引き継いで、復活する。

能力の行使には変換対象へ説明した上での同意が必要になるため、このゲーム中では死の偽装のみに用いられることになる。