ナイトメア・マスカレイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【ナイトメア・マスカレイド】

ステータス
HP:1
ATK:1
DEF:1
保有技能
  • 保有技能
『仮面武闘会(マスカレイド)』
終わらぬ夜、終わらぬ舞踏、終わらぬ悪夢。
尽きず終わらず果てなき夜の舞踏会/武闘会。
戦闘に参加している「マスカレイド」の人数×1の補正値補正を得る。
毎ターン終了時、55のダメージを指定した対象に与える。
行動判定に勝利した時、55のダメージを指定した対象に与える。

現在戦闘宙域圏内、参戦可能マスカレイド数226体。(十七話時)

【ナイトメア・マスカレイド】(二十一話戦闘時)

ステータス
HP:1
ATK:1
DEF:1
保有技能
  • 『マスカレイド・フォルマツヴァイ』
終わらぬ夜、終わらぬ舞踏、終わらぬ悪夢。
尽きず終わらず果てなき夜の舞踏会/武闘会。善き未来だけを、終わらせる。
戦闘に参加している「マスカレイド」の人数×1の補正値補正を得る。
毎ターン終了時、100のダメージを指定した対象に与える。
行動判定に勝利した時、100のダメージを指定した対象に与える。
自身の判定コンマが90以上だった場合、指定した対象に相手HPと同数値のダメージを与える。
  • 『対抗神話耐性』
何者かによって付加されている、この都市伝説のものではない特性。
後付けの悪夢。希望の天敵の産物。塗りたくられ重ねられた穢れ。
【対抗神話】属性を持つ者に倒された時、一度のみHPを全回復し復活する。

現在戦闘宙域圏内、参戦可能マスカレイド数1体。

行動パターン

攻撃→必殺→攻撃→必殺→防御→…

√8の平方根=2.828427…以下繰り返しの数列を用いて
1~3が攻撃、4~5が防御、7~8が必殺となっている




廃墟になった豪邸にて、かつての住人達の霊が踊っているという都市伝説。


日本においては、例えばこのタイプが有名である。

誰も居ない筈の廃墟になった豪邸にて、深夜に誰かが踊っているらしい。
それはかつて、その豪邸にて開かれたパーティーに参加していた者達だ。
だがある日、その豪邸は血を血で洗う凄惨な殺し殺される場へと変貌する。
その原因は敵対する財閥の刺客であったり、殺人鬼の来訪であったり、そのパーティーで用いられた麻薬であったり……その話によって、様々である。
かくして参加者達は己が死んだ事にも気付けず、死んだ後も狂ったように踊り続ける。
いつまでも、いつまでも……


ヨーロッパ発祥の都市伝説であり、貴族達の歴史ある交流の場『仮面舞踏会』(マスカレイド)がモデルとなった都市伝説。
日本で有名になったのはバブル直後、つまり「誰も居なくなった豪邸」が物理的に増えた時期である。
ただ日本で広まっているバージョンの都市伝説の場合、仮面の要素は外されている事が多い。
人間がモデルであるため、人格を持った個としての性質も併せ持つ。

連日パーティーが開かれていた豪邸から突然人が居なくなる。
不気味に笑う仮面を付けた者達が不気味に踊り続ける。
それらの不安を植え付ける要素から、人の間の噂として生まれた怪異。

数十の『人の形をしたモノ』が舞い踊る、仮面の都市伝説。



初出は第五話終了後の閑話。第十七話にて交戦。その後も度々暗躍している。
フリーメイソンの配下であり、無尽蔵に生まれ続ける都市伝説。

黒フードに特に気を付けろと言われている都市伝説であり、十七話で相対した際にはその凶悪さと不気味さをありありと見せつけてきた。おそらくこれから何度も衝突する敵になるだろう。

数の暴力、質より量を地で行く敵。一体一体のステータスは貧弱だが、複数体集まることで無視できない補正とダメージ量を叩き出す。ダメージの数値が「55」のため一の「メスメリック・マジシャン」では防げず、複数回ダメージを喰らうため穏乃の「不倒不屈」もすぐにストックが無くなってしまう。いやらしいのは判定値で勝ってもダメージを喰らってしまう点であり、その点をどうにかしない限りは確実に削り殺されてしまうだろう。
二度目の交戦では三体のマスカレイドと対峙し、京太郎たちが辛勝を収めた。今のところ、三体までが京太郎のヒーローシフトで対応できる人数であると示唆されている。

二十一話にて『エクスカリバー』を手に入れたことで能力が強化。効果ダメージの値が約二倍になり、判定コンマ90以上を出せば実質必殺の一撃を繰り出すことが可能となった。