寺生まれのTさん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【須賀京太郎/黒フード】

ステータス
補正後最終HP:1000
補正後最終ATK:666
補正後最終DEF:666
保有技能
  • 『比翼の鳥』
人一人にして人に非ず。翼片翼にて翼に非ず。
人物を指定し、己の中に格納する能力。
格納した人物に応じた能力と補正を得る。
彼に力を貸す者は、もう誰一人としていない。
  • 『TTT(闇)』
The Templehero T。
寺生まれのTさん。この世のありとあらゆる理不尽の天敵。
絶望を絶つ者。どこかの誰かの希望の具現。
すでにその輝きは失われ、変質している。
目の前で死んだ親しい人物の保有技能・ステータス補正を獲得する。
ただし一部の人物は獲得時に変質、そのまま獲得する事は出来ない。
装備
E:『腕輪:Nodus』【防具】
ATK補正+15
DEF補正+15
獲得技能
  • 『未来余地』Ver.2
少し先の未来、時々遠い未来を認識する能力。
未来なんて、変えられやしなかった。
  • 『ダブル&トリプル』
「未来余地」の派生技巧。
命を削り、未来を識るくだんの本懐。
意味も無く、価値も無く、削られる命。
  • 『B2A(いともたやすく走り去るえげつないババア)』Spec.2
凡百の存在には至れない高速の世界。
何よりも速く、誰よりも疾く。
けれど、誰のピンチにも間に合わない。
  • 『不倒不屈』Spec.2
決して諦めない姿勢が奇跡を起こす、彼女の精神性。
諦めた方が、良かったのかもしれない。
  • 『メスメリック・マジシャン』Act.2
魔法も科学も技術も奇術も奇跡も、全て突き詰めれば同一の物となる。
技術の先の笑顔の魔法。奇術の先に紡ぐ魔法。
誰も守れぬ無敵の盾。
  • 『発砲美人』Type.2<<遠隔攻撃>>
矢射(やさ)す優しさ、撃つ美しさ。
千発千中、一撃確殺。的確的射的中の業。
最後まで、運命だけは打ち抜けなかった。
  • 『リザベーション・バースト』
「発砲美人」の派生技能。
仲間の意思を継ぐ力。先行ダメージの余剰エネルギーを鎖状の拘束具として具現させ、炸裂させる。
仲間の意志を、こんな形で継ぎたくなんて無かったのに。
  • 『三位一体』
三つの都市伝説が融合した形態。
彼が手伝い、彼女が目覚め、彼に受け継がれた力。
放射能と、水と、氷の治水。
  • 『反物質砲弾』
かつて無敵であり、最強であった必殺の一撃。
家族を奪われた痛みと苦しみを、ただ無心にぶつけるために。
一度のみ、発動したその戦闘に強制勝利する。
ストック0。
  • 『神人重/上一衣』
「九面」と呼ばれる神々の降霊技能。
神は巫女の仇を討たんとする男を認め、その力を貸した。
一度のみ、指定した九面の神を降ろす事が出来る。
ストック0。
  • 『星の女神』
母なる星の無垢なる力。
彼女が最期まで手に入れられなかったその加護を、彼女は彼に手渡した。
精神干渉に類する能力を無効化する。
  • 『月の輝夜姫』
遙か高みより見下ろす、美しき月の姫の加護。
命尽きたその時に、彼に託した彼を守るための刃。
一度のみ、指定した対象に「狂化」のバッドステータスを付加する。
「狂化」した人物の操作権を得る。
ストック0。
  • 『照魔鏡』
真実の象徴。
本質であり、真実であり、ゆえに頂点に最も近い性質。
一度のみ、一ターンの間ありとあらゆる『干渉』を任意で無効出来る。
ストック0。
  • 『紅の鎧』
赤い、紅い、朱いマント。
肉体ではなく、心を覆い守る鎧。
自身に対してダメージを与える能力を任意で無効化する。

【須賀京太郎/黒フード】(弱体化)

ステータス
補正後HP:222
補正後ATK:222
補正後DEF:222
保有技能
  • 『比翼の鳥』
人一人にして人に非ず。翼片翼にて翼に非ず。
人物を指定し、己の中に格納する能力。
格納した人物に応じた能力と補正を得る。
彼に力を貸す者は、もう誰一人としていない。
  • 『TTT(闇)』【封印】
The Templehero T。
寺生まれのTさん。この世のありとあらゆる理不尽の天敵。
絶望を絶つ者。どこかの誰かの希望の具現。
すでにその輝きは失われ、変質している。
目の前で死んだ親しい人物の保有技能・ステータス補正を獲得する。
ただし一部の人物は獲得時に変質、そのまま獲得する事は出来ない。
装備
E:『腕輪:Nodus』【防具】
ATK補正+15
DEF補正+15

行動パターン

必殺→必殺→防御→必殺→防御→…

3.14159265359…の数字列を用いて
1~3が必殺、4~6が防御、7~0が攻撃のパターンとなっている



破ァッ!!で有名な都市伝説。

ありとあらゆる都市伝説に介入し、悲劇や死を消し飛ばして行く漢の対抗神話。

おそらく、この世で最も有名な対抗神話。
対抗神話は対象となる都市伝説のみに有効かつ同等の知名度が必要であるが、この対抗神話は全ての都市を対象に取り大抵の都市伝説よりも有名であるという本物の規格外である。

対抗神話を象徴するかのような対抗神話。
ほぼ全ての都市伝説の天敵であり、『寺生まれのTさん』は単独の都市伝説を持たない。
そして対抗神話の例に漏れず、ありとあらゆる人達の希望の象徴である。

最強の都市伝説殺し。
どこかの誰かが望んだ「私を助けてくれるヒーロー」そのもの。
悪夢と絶望の対になる、夢と希望の具現者。


都市伝説と対になる、とある英雄の対抗神話である。



第十五話、第十六話にて登場。
別世界の未来の京太郎の姿であり、なれの果て。救えなかったヒーローの都市伝説。

多くの絶望を目の当たりにし過ぎたせいか、都市伝説そのものが変質している。
彼が得た能力の数が彼の目の前で死んでいった大切な人たちの数であり、潰えた希望の数である。

最強の都市伝説である「口裂け女」の素体になったというだけあり、高いステータスと判定値補正を持つ。
ヒーローシフトに覚醒した京太郎に能力を封印されてもなお高いステータスを維持しており、「視鏡『爆砕点穴』」を使用し行動を把握できていなかったら、場合によってはジリ貧負けしていたかもしれない。
行動パターンは円周率に沿っており、戦闘中に見極めることはほぼ不可能に近いだろう。

ちなみにこの世界の京太郎と違い童貞ではないらしい。