アトモキセチン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

臨床における有用性には神経終末のノルアドレナリントランスポーターに対する選択的阻害作用が関与していることが可能性としては考えられるものの、明確な機序は不明である。