(株)サミー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(株)サミーと松原氏の関係

松原氏は2011年6月まで(株)サミーの職員であり26年以上在籍していた。サミーは大阪の厨房機材の会社であるが、社長である杉本氏と松原氏の連盟でいくつもの特許を申請しており、様々な開発をしていた事が伺える。申請された特許の中には【発明の名称:GPS衛星による地震予知方法】なども含まれている。
松原氏に霊視を依頼した人は霊視当日に迎えに来たのが(株)サミーの人間であったため、個人で活動しているのではなく、組織的なものであるようだと報告。
また、サミー退職後も松原氏の口からNPOの事が語られる際にはサミーや杉本氏の名前がしばしば登場している。
もとより足寄のプロジェクトで購入する機材は初めからサミーのものである事が決まっていた。その機材はサミーによって2009年に足寄町役場に持ち込まれ、実験機として稼働しており、今後のある程度の話が交わされているように思われていた。
機材は一台2千万と言われている。

正式な社員かは不明。(株)サミーは松原照子という社員は過去にも在籍していないと言っている。

ご報告第一弾
◎足寄町役場では、足寄町役場の温泉施設の提供が決まっています。
◎足寄農協が、大型ハウスの提供をして下さいます。
◎私流農法を勧める為の場所と施設は、確保しました。後は、実験機です。
ただ、2009年小型の実験機は、(株)サミーが足寄町に持ち込んでいますので、実験機と云うより、実践機に近いと思っています。この機械を作る資金が、まず始めに必要です。

皆様のお心を、どうか私に戴きたく心からお願い申し上げます。
NPOの活動報告は、もう少し具体的にスタートした時にご報告申し上げます。

(株)サミーと足寄町役場の関係

足寄町役場は松原照子氏との協力関係を完全否定したが、過去に「ある企業」からの農業計画の話はあったと話した。

692 : 本当にあった怖い名無し[] : 投稿日:2012/08/14 15:45:09 ID:ri3C1s7k0 [2/6回(PC)]
足寄町役場に電話で問い合わせしました。
開口一番、担当の方が仰ったのが「それについては我々も困惑している」でした。
お話によると・・・
3年程前に「ある企業様」から温泉施設を使用した農業計画のお話があり、
それではということで役場さんのほうで温泉施設を増設したそうです。
その時に一緒に動いていた方が地球家族を建ち上げたようですが、その後
その「ある企業様」からはその後一切連絡が無く計画は正式決定もされていません。
勿論、地球家族というところからのお話は一切有りませんので足寄町役場が
地球家族に温泉施設を提供するというお話もありません。
なのにHP上で役場から温泉施設の提供云々を書かれて困惑している、
ということらしいです。

計画は2010年にサミーが頓挫したもの

松原氏が「㈱サミーの社長のご意志を継げるかも知れない喜びでホッとしています。 」と語った事から、元々は足寄の計画はサミーの杉本氏のものだった事がわかっていた。また2010年時点で松原氏自身もサミーの職員として足寄町に行っており、この時点ではサミーの計画は極めて順調に思われる。ところがそれから何らかの理由で計画を断念する事となり足寄との関係は切れた。
そして3.11が起った。予言者として注目を浴びることとなった松原氏はサミーをやめ、NPO「地球家族」として計画を再開。集められたNPOへの寄付金(会費)はサミーの機械の開発及び購入費等に当てられる筈であったが、大阪市にはNPO地球家族からの申告はこれまで一度もなく、推定数千万円が行方不明となっている。

夢の野菜工場(2010.5.20)魚拓  http://megalodon.jp/2012-0819-1413-19/yoken.terukomatsubara.jp/archives/1320.html

ここで 私事ですが 今 北海道に大いなる夢をかけた お仕事をスタートさせています。北海道は広大です。
これからは 年々 温かさを増す場所で 今まで出来なかった作物も北上してくるとも思っていますが
何しろ一年の内 11月~4月の前半まで寒さ故に 葉物を始め 主要野菜は本州から買っているのが現状だそうです。
そこで この5ヶ月の間も 北海道554万人の食卓を 道内で賄える事は出来ないかと考え 試作機を作り
足寄町役場の協力もあり 施設を借り この冬実験をした結果 いい手応えを感じ これからは 実現に向けて 進もうとしているところです。
この農作機械は 私が お仕事をさせて頂いている食品機械メーカー㈱サミーのオリジナル機械です。