※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かなり雑なメモ。役に立たない。

環境構築

cygwin上でpython環境を構築してみる。

参考:

  1. http://qiita.com/makkausu4130/items/d78954d8ec09f1c5153f
  2. http://chiranoura.nobody.jp/articles/2014-03-04_01_how_to_install_pip_and_setuptools/

インストールの前に

  1. 独自に色々やって失敗したので、python系パッケージをいったんアンインストール。
    $ apt-cyg show | grep python | xargs apt-cyg remove
    $ apt-cyg show | grep python2 | xargs apt-cyg remove
    $ apt-cyg show | grep python3 | xargs apt-cyg remove
    

インストール

pythonのパッケージ管理ツールでpipというのが一般的?らしい。
pipはsetuptools(easy_install)というツールも必要なので、setuptoolsを入れる。
pipはsetuptoolsの拡張的な?

$ apt-cyg install python3
$ apt-cyg install python3-setuptools
$ easy_install-3.6 pip

virtualenv

pythonの環境を仮想化してpythonのバージョンや読み込むライブラリやそのバージョンを環境ごとに変えることが出来るようになる。

インストール

$ pip install virtualenv

仮想環境の作成

p1フォルダーに仮想環境を作成。

$ virtualenv p1

以下のように '--no-site-packages'をつけて実行すると、導入済みのモジュールを除外して仮想環境を作れるらしい。

$ virtualenv --no-site-packages p1

仮想環境に入る

$ source ~/p1/bin/activate

抜けるには

$ deactivate

仮想環境にパッケージをインストール

仮想環境に入った状態で以下実行。

$ pip install <Package Name>