※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上毛 茜(かみつけ あかね)


■性別
女性

■学年
2年

■所持武器
呪符「上毛歌留多」

■攻撃/防御/体力/精神/FS
0/13/10/3/4

■FS名
呪力


特殊能力『裾野は長し 赤城山』


効果:ZoCフィールド設置 30
時間:1ターン 1
範囲+対象:周囲2マス全員 x2.7 フィールド補正 x1.2
非消費制約:移動したフェイズは発動できない x0.9
消費制約:永続行動不能 40

効果数値:30*2.7*1.2=87.48
発動率=(100-87.48+40)*(1+1.4)=73.5≒74%

発動率74% 成功率100%

能力原理


上毛歌留多「す」の札。上毛三山の一つに数えられる赤城山のことを示している。
この札に呪力を注ぐことで茜の背後に赤城山の幻影が浮かび、「上州空っ風」ともよばれる冬の季節風「赤城颪」(あかぎおろし)を吹かせて敵の進行を食い止める。
赤城山の方から吹くために「赤城颪」と名付けられたこの風は、赤城山方面に向かって移動する人を常に苦しめてきた。
……冷たいし乾燥してるし勢い強すぎるしで自転車なんて乗ってられませんよー!うがー!

余談であるが、某ソーシャルゲームで擬人化され、穀潰しとしてネタにされている空母「赤城」の名前は赤城山にちなんで付けられている。

キャラクター説明

グンマーの精鋭部隊、上毛衆の一員。
白いマスクで顔の下半分を隠している栗毛のロングヘアの女性。17歳。口数は少なめ。
いつも目つきなどがニコニコとしているので愛想が良く思われているが、それを利用してハルマゲドン開催を煽った。
上毛衆の長による命令で暗躍したが、自身の手で友人達を死闘へ導いたことに強い罪悪感を抱いている。
グンマー人であるという事実は、機密部に入っている為秘匿され ている。

  • 上毛衆(かみつけしゅう)
魔窟、秘境の地などと揶揄されているグンマーにおいて、古来より県境の防衛、隣接県の要人の暗殺、侵略戦争などで暗躍してきた戦闘部隊。
グンマー人なら知らない人はいないと言われる程地域に浸透している呪符、「上毛歌留多(じょうもうかるた)」を使用した呪術で戦闘を行う。
常に四十四人で構成されており、欠員が出ると即座に補充される。名前は代々前任者から引き継ぐという掟がある。
ちなみに今回ハルマゲドンに参加する「上毛 茜」は第四十五代目の「上毛 茜」である。
引き継ぐ名前には真名と仮名があり、「上毛 茜」という名前はグンマー外で活動する時に使用する対外界向けの仮名。
真名は仲間内のみで使用され、グンマー独自の言語で表記される。