※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小津 スワニルダ (おづ すわにるだ)


■性別
女性

■学年
その他

■所持武器
扶桑の杖

■攻撃/防御/体力/精神/FS
0/0/7/3/20

■FS名
知性

「コペンハーゲンの断崖上の観測」


スタイル:アクティブ
効果: 移動・動作の細分化※
範囲+対象:周囲1マス全員
時間:1ターン

消費制約:対象の精神1マイナス

発動率:78%(GK独断)


通常のルールでは「移動→動作」は必ず1セットのものとして扱われるが、この能力はその制限を解除する。
また移動プロセスもさらに細分化される。移動力(通常2)をかならずしも一回にまとめて消費せずともよく、消費できる移動力があるかぎり移動を宣言可能である。

  • 動作をした後でも移動できる(ただし能力休みになった場合は移動できない)
  • 移動(動作)した後、他のキャラクターが行動した後で動作(移動)を行える。
  • 1マス移動→動作→1マス移動 など、移動を2回に分けて行うこともできる。

【例】
A移動
B移動、移動、通常攻撃
C移動
A特殊能力発動
C通常攻撃、移動

以上のような行動宣言が可能となる。

この効果は遡及しては適用されない。
「すでに(移動はせず)動作し、行動を終えたユニット」が範囲内に含まれていたとき、対象のそのターンにおける移動権は復活しない。逆もまた同様である。

なお、この能力の効果を受けているユニットでも、移動せず特殊能力を使用した場合その時点で能力休みにはいるため、そのとき当該ターンの移動権は消滅する。

発動率78% 成功率100%

能力原理

対象の魂に架空受容器「テレビシオン」をエミュレートさせ、その認識能力を高次のものとする。
対象は、それ以前とはまったく異なる世界観に基づき行動を開始する。
しかし心身にすくなからぬ負担を強いる技術であり、長時間は使えない。

キャラクター説明

購買部事務員。スズハラ機関「二十七を為す果肉色の紋章の会」客員研究員でもある。
学内ではだいたい「諏訪子さん」で呼ばれている。
特技はお土産えらび。趣味は恋愛。好物はビスケット。好きな色は緑、季節なら冬。
浅黒い肌に銀髪のショートボブ。母は魔女、父はたぶん物理学者。
気さくなおねーさん。でももちろんマッドサイエンティスト。