※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岸間直嶺(きしまなおみね)


■性別
男性

■学年
3年

■所持武器
巨大鋏

■攻撃/防御/体力/精神/FS
9/5/12/4/0

■FS名
過去への未練

特殊能力『緊急小津波警報』

効果:命中率計算時、防御力を半分(端数切り上げ)にして計算する 10
対象:MAP内全員 x5.0
時間:1ターン x1.0
時間付属付属:死亡時非解除 x1.0※

消費制約:永続行動不能 40
非消費制約:敵味方無差別 x0.95

効果数値=10*5*1.0*0.95=47.5
発動率=(100-47.5+40)=92.5≒93%

※この能力の場合基本的に死亡非解除がデメリットにしかなっていないため1.0倍として計算

能力補足:
  • 命中率にのみ影響。与えるダメージには影響しない。
  • 通常攻撃だけでなく、特殊能力の判定などに命中率を使う場合も適用される
  • 防御力以外を用いた特殊な命中率算出には影響を及ぼさない

発動率93% 成功率100%

能力原理

水場ならばどこでも小規模な津波を起こせるが、砂漠では無理。
そのかわり、携帯に緊急メールを送り込むことで、注意力を奪うことができる。

キャラクター説明

岸間直嶺は愛する女性を津波によって失った。
津波の恐怖を知らしめること。
それが、彼女を弔う最良の方法だと考えている。

彼の起こす津波は極めて小規模なものである。
だが、その術を受けた者は僅か数十cmの津波がいかに恐ろしいか思い知ることになる。
そして、日頃から災害に備えることの大切さに気付くことだろう。

長く伸ばした後ろ髪を、黒い女物のリボンで結んでいる。
これは、津波に呑まれた恋人の遺品である。
なお、辛い過去からはほぼ立ち直っており、アロハシャツを来た気のいい兄ちゃんである。

「最終戦争ねぇ。ま、得意だからいいけどな」