PowerBlock


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[編集] [差分] [履歴] [アップロード] [新規]    最終更新日時: 2013/05/08 22:05 | 編集者: minecraftclassic

PowerBlock
ここはMinecraft Classic用カスタムサーバ”PowerBlock”のページです。
公式サイト http://dreadiscool.github.io/PowerBlock/ http://mc.gg/
フォーラム
Wiki
最新バージョン 1.0
ダウンロード https://dl.dropboxusercontent.com/u/29419562/PowerBlock.jar
開発者 dreadiscool
開発言語 Java
コード GitHud

PowerBlockについて


PowerBlockはMinecraft Classicの用にゼロから書かれた独自なサーバーMODです。
Rhinoスクリプトエンジンのおかげで、誰もがメモ帳でPowerBlockためにスクリプトやプラグインを作成することができます。複雑なIDEのセットアップは必要ありません。
Javaで書かれ、PowerBlockはMonoを必要とする他のソフトウェア、および他の重い、低質なフレームワークとは異なり、任意のオペレーティングシステム上で実行することができます。

MCForge、MCLawl、とその亜種のすべてのソフトウェアにうんざりですか?
汎用性の欠如にうんざりしていませんか?私たちもそうでした。
あなたがあなたのサーバーを実行する方法を決めることができます。その結果、我々はPowerBlockを作成しました。
PowerBlockは、サーバーの機能を拡張することが出来るスクリプト(プラグイン、Bukkitからあなたのために)をサポート。

それを始めるのは非常に簡単です。スクリプトはJavaScriptで書かれているので、メモ帳でPowerBlockためのプログラムすることが出来ます。 (高性能なテキストエディタをおすすめします)
我々は、サーバーを作成し続けているので、より多くのチュートリアルが追加されていきます。

使用方法


PowerBlock.jar を実行すると plugins, worldsフォルダ、server.propertiesファイルが生成されるので、とりあえずPowerBlockフォルダを作って全て入れておきましょう。
公開されているInterface.jsをpluginsフォルダに入れるとサーバーGUIが有効になります。PowerBlock.jarを再度実行するとGUIが現れます。

現状ではプログラミングが可能な人向けのサーバーMODといった所でしょうか。
しかし自由度が高く独自にカスタマイズしたサーバーを構築出来そうなので、PowerBlockを利用したカスタムサーバーの配布や、プラグインが充実してきたら面白い事になるかもしれません。
詳しい使用方法はまだ分かっていません。情報募集中。

プラグイン/スクリプト