ガイド > ENDタグについて


ENDタグのご利用にあたって


ENDタグは、指定リプライ・タイムラインリプライでのみご利用いただけます。
その他機能ではご利用になれませんので、ご了承下さい。

ENDタグの使用方法


ENDタグは、リプライ本文に以下のように記述することでリプライを行わないようにする機能です。
[[END]]

また、ENDタグの説明にあたって、リプライテキストを以下のように表します。
[反応するキーワード]=>[リプライ本文]

使用例1


ENDタグは以下のような状況では、リプライを行いません。
反応するつぶやき:@makebotsh おはようございます

リプライ設定内容
おはよう=>[[END]]

リプライは行いません。

使用例2


ENDタグは以下のような状況では、必ずリプライを行わないわけではありません。
反応するつぶやき:@makebotsh おはようございます

リプライ設定内容
おはよう=>朝ですね
おはよう=>[[END]]

上記のどちらかが選択されます(選択は、登録順・ランダムから選ぶことができます)

使用例3


ENDタグは以下のような状況では、リプライを行いません。
反応するつぶやき:@makebotsh おはようございます

リプライ設定内容
おはよう=>朝ですね
おはようございます=>[[END]]

複数候補がある場合は、文字数の長い方が選択されます。この場合は、「おはようございます」が選択され、リプライは行われません。

誤った使用例


ENDタグは以下のような状況では、機能しません。
反応するつぶやき:@makebotsh おはようございます

リプライ設定内容
おはようございます=>そうですね[[END]]

リプライ本文にENDタグ以外が含まれている場合、ENDタグは機能しません。リプライを行います。