巫女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【神代小蒔】

ステータス
HP:100
ATK:80
DEF:80
保有技能
  • 『神人重/上一衣』
「九面」と呼ばれる神々の降霊技能。
事実上、神としての側面を持つ霊的存在の一時的な零落と契約能力。
戦闘開始時コンマ判定、コンマ一桁に依存した神が降りてくる。
コンマ一桁1~9までの間は数字が大きければ大きいほど強い。
0だった場合、「おぞましいモノ」が紛れ込んで降りて来る。
降霊表
1:小説神芥川
2:漫画神手塚
3:雷霆神道真
4:始源神常立尊
5:王柱神大国主尊
6:命祖神伊耶那岐尊
7:唯一神・四文字
8:救済神・円還乃理
9:鬼械神・無垢成刃
0:第六天大欲界天狗道覇道神

【神代小蒔・第九面】

ステータス
HP:1000
ATK:280
DEF:280
保有技能
  • 『神人重/第九面』
最も九面の中で最も正しき神。
彼女の中の善性の守護者。
自身の判定値を+30する。
  • 『???』
使用されていない。

【第八面/救済神・円還乃理】

ステータス補正
ATK補正+20
DEF補正+20
効果
  • 自身に対する即死系効果を無効
  • 自身に対するステータス変化系効果を無効
  • 自身に対する判定値-補正を無効
  • 自身の死亡時判定。判定コンマが30以上だった場合、HP1で蘇生。回数無制限
  • その話の間だけ、一度のみシナリオで死亡した人物を蘇生可能。

【神代小蒔】(個人格納時用特殊ステータス)

保有技能
  • 『神人重/上一衣』
「九面」と呼ばれる神々の降霊技能。
事実上、神としての側面を持つ霊的存在の一時的な零落と契約能力。
彼と彼女が力を合わせ完成させる、この力の擬似最終到達地点。
戦闘時、選択した九面の神をその身に顕現させる。
ターン毎に、九面の神を再選択可能。
【神代小蒔】格納時、基礎ステータスは各神のステータスに依存する。

+ 【第一面/小説神芥川】
+ 【第二面/漫画神手塚】
+ 【第三面/雷霆神道真】
+ 【第四面/始源神常立尊】
+ 【第五面/王柱神大国主尊】
+ 【第六面/命祖神伊耶那岐尊】
+ 【第七面/唯一神・四文字】
+ 【第八面/救済神・円還乃理】
+ 【第九面/鬼械神・無垢成刃】

行動パターン

攻撃→…



巫女さん。これだけでだいたい伝わる。

日本において古来より連綿と役目と術を受け継がせてきた、神性と共にある役職。

都市伝説においては、『対抗神話』の一種。
いくつかの都市伝説において姿を表し、都市伝説の撃退に力を貸している。

僧や神主、霊能者と違い、人助けにおける主役にはならないのも特徴。
都市伝説の中では、一貫して彼女等は「支える者」である。


そもそも永水組はルーツがごっちゃまぜである。
悪石と厄の術は呪禁道、何かの為に悪しき者の身代わりになる形代は陰陽道、神降ろしは巫で、祓いの仕方は祝。
そして九面に霧島神宮。いとこはイタコ。もうなんでもありっすねというノリだ。

その辺のいい加減さが、なんとも「都市伝説の中の巫女」らしい。
つまるところ、彼女等もそういう物なのだ。

除霊のお坊さん・霊能者につぐ、退魔の女性たちの都市伝説。



第八話にて登場。神代小蒔を始めとした永水メンバーが保有する都市伝説。

個々人によって都市伝説の能力は異なるようで、京太郎が一度交戦した神代小蒔はコンマ一桁に対応した神を自分の身に降ろすという非常にギャンブル性が強い能力を保有している。コンマが当たればその瞬間勝負が決まるが、外れれば目も当てられない。作中でも特にコンマ神に弄ばれることが多い能力でもある。
第八話では京太郎との戦闘時に『鬼械神・無垢成刃』が、彗星戦での戦闘サポート時に『救済神・円還乃理』が、第十話の赤マントとの戦闘時に『小説神芥川』が今まで降臨した。これを見てわかる通り、非常にブレ幅がひどい。

第八話時の京太郎たちのステータスでは1~3なら勝ちの目有り、4~6なら厳しい、7~9はムリゲであったらしい。あくまで当時のステータスではと言う話であり、いずれはこれら九面全てを倒せるまでに成長する予定。

第二十一話の姦姦蛇螺にてゲスト参戦し、神を降ろした状態の小蒔を京太郎が格納することで九面全ての神の制御を可能にした。しかし姦姦蛇螺の保有技能のため、実際に使用されたのは【第八面/救済神・円還乃理】と【第九面/鬼械神・無垢成刃のみであった。