猿夢


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【小猿】

ステータス
HP:50
ATK:30
DEF:0
保有技能
  • 『見ざる言わざる聞かざる』
目玉を潰せば目は見えず、喉を裂けば声は出ず、耳を削げば音は聞こえず。
自身の判定値に+10する。

【猿夢】

ステータス
HP:120
ATK:60
DEF:60
保有技能
  • 『悪意の救世軍/Salvation Army』
悪夢から、死を以て救済する。
それが例えマッチポンプであったとしても、この悪夢が終わるなら。
自身の判定値に+10する。
自身がダメージを与えた相手のDEFを-5する。
自身がダメージを与えた相手のMAXHPを-5する。

行動パターン

小猿:必殺→…
猿夢:攻撃→必殺→防御→…



S級指定危険都市伝説。
現在確認されているのは、現象型のみ。

全世界からランダムに人間を選別し、夢の中で誘い込む。
誘い込まれた人間は残酷な方法で殺され、現実世界で死に至る。
現実世界では急性心不全で死ぬため、死因から発生を知ることは不可能。
性質上、最初は全世界規模で数人というペースで死んでいくため、発生に気づきにくい。

そして殺した人間の周囲から「猿夢に関する話を聞いていた」数人を選別し、誘い込み、殺す。
それを繰り返し、ネズミ算式に被害を増大させる。

この都市伝説の最大の危険要素は、『対策ができない』という点である。
猿夢の存在を公にできないのも、そこに要因がある。

例えば、猿夢に関する注意を呼びかけたとしよう。
猿夢は迅速に、かつ的確に被害者に対応しなくてはならない。
何しろ数日で死に至るのだ。とにかく時間がない。

だがここで、『ただの悪夢』を猿夢と勘違いした人達が大勢現れるだろう。

猿夢とただの悪夢の違いは、『死ぬか死なないか』だけだ。
判別する方法がない以上、全員に同じ処置をするしか無く……
結果的に莫大なコストと、人員不足で助けられなかった本当の被害者が必ず出てくる。

夢系統の都市伝説に対応できる人材も少なく、現状では発見しても後手後手だ。

現象型としては極めて学習能力も高いため、単純な作戦では対策にもならないと思われる。
こちらの作戦を学習するため、対応マニュアルも非常に立てづらい。

そして最悪な事に、原理は不明だが、

この都市伝説は、打倒したとしてもしばらくの後、復活する。



第二話にて登場。高鴨穏乃に憑りつき、彼女を夢の中で惨殺しようとした現象型の都市伝説。

明らかに序盤に出てくるのが場違いなレベルの危険度。不特定多数の人間を夢の中に誘い込み、そこで殺された人間は現実では心臓麻痺で死亡する。
また、原典から幾らか凶悪さも増している。『発見が困難』『対処ができない』『一度退けても再び蘇る』の三重苦であり、今のところ猿夢を完全に滅ぼすことは不可能であると怪人アンサーによって明言されている。京太郎達が見出した対抗策は『現れては打倒し、その役目を次の世代に任せる』と言う方法である。

戦闘では端末の小猿と本体の猿夢に分かれている。
小猿は完全な雑魚キャラ。判定値を上げる能力を持つため、こちらの判定値も上げて蹴散らそう。
本体の猿夢は小猿の能力に加え、ダメージを与えた時にDEFとHPを下げるいやらしい能力を持つ。行動パターンを読み切ればそこまで苦しい相手ではない。