攻略チャート > Part2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


攻略チャート Part2 最初の難関~

道具屋へ

文字が多い本をつくる人向け

  • KDPの本を作るためソフトウェアを選ぶ。
初心者の場合はワード風に入力できるタイプのほうが、やりやすい。
とりあえず無料で作ってだしてみましょう。
詳細はこちら
ルート分岐、それぞれのソフトウェアの使い方。


作成後、そのまま出版すると
キンドルクオリティーによって販売停止される可能性があります。

漫画を作る人向け

  • Kindle Comic Creatorのインストール
KF8のファイルサイズは650MBまで、それ以上を超えると変換に失敗することがあります。
文字が見にくいと販売停止になる場合があります。


最強の刺客:キンドルクオリティー
https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=A1MMQ0JHRBEINX
倒せないので仲間にしよう。

基本的に見づらい本は販売停止されます。
文字・背景に色を設定する場合、ナイトモードでの確認は必須です。多くの場合、ナイトモードで文字が見えなくなり、販売停止になります。
Kindleの動作不良を起こす本は販売停止されます。
iPad版Kindleでは、EPUB内のファイル名の大文字小文字が間違っていた場合、フリーズする場合があります。販売停止になります。
ファイル名が長い場合、Kindleがフリーズする場合があります。販売停止になります。

キンドルクオリティより「ここがダメ」というメールが来るとき、「ついでだけどここおかしい」というのがついてくることがありますが、全部直す必要はありません。たとえば「ここ強制センタリングしてるよね」と言われても「これは意図した表現であるので直しません」と返信した場合、特に問題なく出版処理が進みます。クリティカルなものはもちろん直さないとだめですけどね。


入手アイテム 場所
ここ間違っているよメール キンドルクオリティー
忍耐力 キンドルクオリティー