84海外との競争に問題点

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

84. 20 2011年12月13日 09:16 ID:nVKJz2Ns0
この理論には大きな弱点がある。それは、海外との競争を考慮できていないこと。
労働しない人&労働を減らす人が増えれば、労働する人の給料は上がるかもしれない。
けど、集団での効率的な生産ができず、海外との競争には負け、会社が倒産ラッシュだよ。
そうなったら税収が減り、食糧の配給自体ができなくなる。

実現するには、まず鎖国が必要。海外との競争がない状態にしないといけない。
では、食糧など海外に依存しきっている現在の状態で、鎖国できるか?できるわけがない。
結局、夢のような話はないと思う。


食料が保証されるとそれ以上活動しなくなるのが動物 人間は食べるために生きてはいないので食料が保証されても自己実現するまでは止まらないだろう。現在、食べ物があっても満足せずに働いている人間が多く暮らしている日本が良い例である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。