球速を上げる2 トリビア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回はヒジの使い方である。

ボールをリリースするまでの時間が長ければ、力をそれだけボールに伝えて速いボールが投げられる。
しかし、漠然と意識してもなかなか出来ないものである。

それを比較的簡単に出来るようにするのはプロレスのエルボー・ドロップである。



エルボー・ドロップとは「倒れている相手に対し、肘を鍵型に曲げた状態で相手の上に倒れ込み、曲げた肘の先端部もしくはその少し下の腕の部分を相手の体(主に喉元や胸部)に落とす技」である。

ボールを投げる際に自分の前に屈んでいる人がいて、その人の頭へエルボー・ドロップを落とすように投げると、リリース時のヒジの位置が顔の前へ変わるだろう。
ちなみにこの時、ボールがどこへ行こうと気にせず、ヒジの使い方を気にして投げる。

ぜひ、試して欲しい!



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|