タンドスピロン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナプス後膜5-HT1A受容体に作用し、亢進しているセロトニン神経活動を抑制することにより選択的に抗不安作用を示すと考えられる。15)
また、抗うつ作用の主な発現機序は、セロトニン神経終末のシナプス後5-HT2 受容体密度の低下が関与していると推定される。