連邦領内 > 都市情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

≪"白き翼の"フレイオル≫

人族であれば無条件で居住可能な、連邦領内の都市の1つ。
総人口は5,000人で、種族は人間:その他=5:5程度の割合です。

ナイトメアやルーンフォークへの偏見、差別、迫害は皆無です。
また、蛮族の観光客などをちらほらと見かけることがあるかもしれません。

フレイオルにある冒険者の店は"新緑の息吹亭"が有名でしょう。
店のエンブレムは木の芽に白い翼が組み合わさったデザインです。

守りの剣は配置されておらず、有力な冒険者をいつも求めています。
そのため、冒険者に対するバックアップに出し惜しみすることはありません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪"文字の都"ウィズナート≫

学ぶ意志を持つ者であれば誰でも居住可能な、連邦領内の都市の1つ。
総人口は3,000人で、種族はエルフ:人間:その他=4:2:4程度の割合です。

ウィズナートでは、人族や蛮族といった区分は些細なものとして扱われています。
もし種族に関することで批判をしようものなら良くて追放、最悪殺害されることもあります。

都市の中央には大図書館なるものが存在し、様々な文献が集められています。
不足している情報などがあれば、ここで時間さえかければ必ず見つかることでしょう。

守りの剣は配置されていませんが、都市を守護するガーディアンが多数配置されています。
そのため、冒険者などに寄せられる依頼はそのバックアップやサポートがメインとなるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪"彩の街"ハイフィート≫

国境を越えて、種族を越えて、世界を越えて文化を取り入れ続ける連邦領内の都市の1つ。
総人口は5,000人で種族は全て等しく1:1の割合で存在しています。実は一番平等な都市だとも。

ハイフィートでは年4回、季節ごとに大きなお祭りを開催することで有名です。
春は桜花大祭、夏は彩夏の宴、秋は紅葉大祭、冬は白雪の宴。別名お祭り都市と呼ばれる始末。

小さな祭りは1年を通していくらでも見かけることが出来るでしょう。
住人は総じて陽気で、気に入った者がいればすぐに酒の席へ誘う癖があります。

守りの剣は配置されていませんが、住人一人一人がそれなりの戦力を持っています。
もしお祭り気分をぶち壊されたりしたならば、一斉に牙を剥いて灰塵に帰されることでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪"不戦の街"クォレムル≫

戦闘行為をしたものは追放処分、という規定のある連邦領内の都市の1つ。
総人口は3,000人で人族:蛮族=1:1の割合で存在しています。別名、博打都市。

この都市が成り立っているのは、一重に代理戦争で「平等」を守っているからです。
その代理戦争というのが、この都市の別名にもなるほど広まってしまった博打行為です。

「不服があるなら、博打で白黒決めようじゃねーか!」
クォレムルに住む者たちは皆、博打で物事の白黒を決めます。無論、その結果は絶対です。

守りの剣は配置されていません。しかしこの都市に住む蛮族が率先して防衛にあたっています。
博打に関する不正や不平等などがあれば即時国外追放されます。博打は神聖でなければならないとか。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|