※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キュプロの不思議なダンジョン

「・・・で、死神を連れてくるのが一番効果的だと思うのよ」
「そんなさすがに死神なんて用意出来ないし、ここは定番の風でいいんじゃないかな」
「派手さがないしダンジョン一気に破壊しようよ」
「この建物ごと壊れるわよ・・・」
ナイツオブラウンドのギルドハウスの広間、
ギルドのシンボルである円盤の前で小さな3つの影が何やら相談を行っている・・・

参加PC

  • ミルテ Lv14
  • ルー Lv13
  • イサーラ Lv14
  • モアッレム Lv14

オープニング:ダンジョン入口

テケリ、テケリ、テケリ、テケリ・・・・

こんな禍々しい目覚まし時計の音から始まるギルド:ナイツ・オブ・ラウンド。
ギルドハウスの大広間、シンボルとなる円盤が設置されているこの大広間に、
少なくても前日まで存在していなかった地下へ続く階段があった。

「こんなの昨日まであった?」
キュプロ「試しにダンジョンを作ってみたのよ。冒険者なら練習がてらこのダンジョンに挑んでみない?」


キュプロの不思議なダンジョン:入口

キュプロ「ようこそ、私たちの領域
  報酬、みたいな物はないけど、1フロアに1つある鍵を開けることが出来れば良い物が手に入るわよ。
  それとルール。
  そのフロアでHPが0になった場合、そのフロア内でのトラップの探知や解除は出来ないわ」

キュプロの不思議なダンジョン:地下1階

まずダンジョンへ降りたところ、
絨毯が敷かれた部屋の中央にはテーブルがあり、
そのテーブルの上には3つのパンが置いてあった。

<<アイテム鑑定>>
パン1・・・大きなパン HP8D回復
パン2・・・パン HP2D回復
パン3・・・パンがパーン 10Dダメージ
よく見ると、パン3には「食べられません」のマークが・・・

次の部屋へ続く扉にはトラップが仕掛けられているようだ。
<インデュースエクスプロージョン>
 誘爆を促す爆発を起こす。
 所持アイテムをいくつか破壊する。
 この時破壊されたアイテムがダメージを与えたりダメージを増やす効果がある場合、
 そのアイテム分のダメージを爆発ダメージに追加する
ルーの解除が失敗していたら100点を超えるダメージが発生していた所であった。

となりの部屋には絨毯が敷かれていたが、
特に何も無いようだ。
しかし明らかに絨毯には何らかの違和感があるような気がする、
めくってみると、黒い丸にトゲトゲしたようなマークが出てきて、部屋全体に大爆発が起こる。

気になったメンバーは初めの部屋の絨毯もめくってみると
1と言う数字が書かれていた。
<このフロアのマップと絨毯の下>
爆弾
 

初めの部屋から鍵を開け次の部屋に行くと
縦横5m高さ3m程の巨大な宝箱が置いてあった。
協力して宝箱を開けると、
鍵を開けたルーが宝箱に引き込まれてしまう。
追いかける為に宝箱を開けると・・・・
宝箱の中に潜んでいたミミックに囓られるルーの姿が、、、

気を取り直して次の扉を見ると、お金を入れる穴が空いている。
今のメンバーの全財産は79G。
2G入れると
「焼きそばパンすら買えないじゃない」
79G全て居てると
「たったそれっぽっちなの?」
と、扉は開くことはなかった。

爆弾の部屋から次の部屋を目指す一同。
明らかに雰囲気の暗い通路が続いている。
先ほどミミックに囓られ痛い目をあったルーは矢を放ったり、装備を外して歩いたりと最大限に警戒していた。
この時、入口で言われたルール“HP0になったキャラはそのフロアでトラップ探知などが出来ない”により、
この道にあるトラップは誰も探知する事は出来ないのであった。
散々調べた結果、
イサーラが馬に乗りながら突入した時に突如<大地の牙>が発動
イサーラは上手く馬を乗りこなしトラップを乗り越えることに成功した。

次の部屋には下への階段と、
タンクゴーレム、パラライザーゴーレム(シーン攻撃持ち)が待ち構えている部屋があった。
射撃攻撃に耐えながらゴーレムを倒す難易度に厳しさを感じた一行は、
ゴーレムをスルーして下の階へ向かうこととした

キュプロの不思議なダンジョン:地下2階

1つ目の部屋には「16」という文字が、
そしてノッカーが現れ「次の部屋の番号は何番だと思う?」と聞いてきた。
各々は思う数字を答え次に部屋向かう。

向かう途中の通路、
突如アラートが鳴り響き、ドリルの様な物が飛んでくる。
鎧すら破壊するような威力のドリルを回避し次の部屋に

2つ目の部屋には「72」と言う数字が
妖精「さあ、次の部屋は何番だと思う?」
結局自信のある解答を見つけられないまま次の部屋へ

3つ目の部屋には「94」

突如飛んできたダルマとだるまさんがころんだをし、
4つ目の部屋には「38」と書かれ
ここで数字は終了らしい

「16」「72」「94」「38」の数字からミルテがパターンをひらめき、
その答えから妖精オリジナルアイテム「インクリーズバレル」を取得する

そして次の階へ

キュプロの不思議なダンジョン:地下3階

降りた部屋はには5という数字があった。
ビー玉が巻き散らかされた部屋を通り抜け、
2の部屋には鍵Bがかかっていた。
檻の先が湖のようになっている部屋で、檻の中から激しく檻をたたきつける音を聞き、
8の部屋にたどり着くと、そこは店であった。
謎の石像が入口付近に立ち、ベクトルランナーが商品に値札を貼り付けている。
店の中には先ほどの鍵があったのだが、
鍵の値段は100000G
売った物を合わせても鍵の値段にはほど遠い。

もしも、鍵を盗んだら・・・?
何とか扉まで到達する事は出来るかも知れないが、
盗んだ時どんな危害を加えられるか予測がつかない。
ダンジョン攻略の為、安全策として鍵を無視して次の部屋で向かうのであった。

キュプロの不思議なダンジョン:地下4階

キュプロ「ようこそ、ここまでたどり着いたのはさすがね
 妖精界のトラップコンテストの為のいいデータが取れたわ」
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|