Risen 2: Dark Waters


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

Risen 2: Dark Waters

前作のRISENとは、「Gothic」シリーズを生んだPiranha Bytesが開発するシングルプレイRPG。
中世の地中海にある孤島を舞台にした壮大なストーリーと美しいオープンワールドが魅力。

近作のRisen2とはPiranha+Bytesが開発を手がける海賊をテーマにしたRPG+前作「Risen」からゲームエンジンが大幅に改良されよりダイナミックな表現を可能にしている。+カリブ海風な世界観を採用しており、武器にはマスケット銃やサーベルなどの世界観にマッチした物が登場する。

正直な感想は、前作が良かっただけに少し落胆させられる。まだプレイ途中なので評価は変わるかもしれない。
前作をプレイ中に感じた痒いところに手が全然届いていない。前作は大まかに三つのルートに分けられたが
近作は基本的に一本道。銃を使える様になったが近接武器の種類は減っている。アイテムもざっくりまとめられた感は否めない。
前作と違い、敵が一度だけリポップする模様、しかしそれでも全部のスキルを延ばして行くのは難しい。
海賊がテーマなのだが、目的は悪を倒す、世界を救う。物語の大筋はこれで良いのだが、やはり海賊なのだから無人島に上陸、お宝探し
海上での戦闘、略奪などをしてみたい
色んなスキルを楽しみたいのなら2週やるしかないだろう。

 

良い点も勿論ある
・早期にファストトラベルが可能。
・ロード時間の大幅な短縮(これは私の環境が原因かもしれない)
・世界観、グラフィックは私好み。
・仲間を連れられる。
・サクサク進められる。

 

クリア後。
クラーケンは口の中に10回くらい槍を投げ込むだけ。クラーケンの攻撃は半分程しか効かず、海に落とされそうで落ちない。
前作のラスボスはセーブが出来なかったが今作は出来る。セーブなんて必要無いが。
そしてマーラは弱すぎる。そこらへんの海賊くらいの強さ。宙を舞ってサンドデビルを召還してくるが脅威は無い。
弱い弱すぎる。がっかりなラスボスだ。
このゲームを始めた時、前評判ほど悪くはないと思った。
しかしクリアしてみると低評価には納得だ。
 

 

 

添付ファイル