ステルスマーケティングとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステルスマーケティング 


ステルスマーケティング (Stealth Marketing) とは消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることである。 略して『ステマ』とも呼ばれる。 

具体的には、あたかも客観的な記事を装った広告や、影響力のあるブロガーが報酬を得ていることを明示せずに、第三者的な立場を偽装して、特定の企業や製品について高い評価を行うことなどがあげられる。
 
米国では、架空の映画評論家による映画評を用いたステルスマーケティングで映画ファンから訴えられた米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが、原告側に150万ドル(約1億6000万円)の賠償金を支払うことで和解した「デビッド・マニング事件(David Manning)」が有名である。つまり、米国ではステルスマーケティングは不法行為であると認識されている。
 
このように、自身の身元や、宣伝が目的であることを隠して行われるため、消費者をだます側面を持ち『サクラ (おとり)』や『やらせ』との線引きが困難であるため、アメリカでは、マーケッターと「関係」の有無や、「金銭授受」の有無などを明らかにすべきという「倫理基準」を設ける動きが出ている。

現在の日本では、この行為自体は刑事事件にはあたらないものの、モラルの観点からしばしば消費者団体などから非難を受けることがある。また、「やらせ」が発覚すれば消費者からの信用を落とすことにもつながりかねない。

近年、マーケティングの教科書に「倫理」という新しい項目が加えられるなど、企業倫理の一環として「マーケティング倫理」が意識されつつある。また、消費者庁は2011年10月、今後ステルスマーケティングを規制の対象とする可能性を示した。




アニメスタジオ「シャフト」のサイト内に埋め込まれていた個人ブログ名義のアフィリエイトリンクの存在自体は、ここでいうところの『ステルスマーケティング行為』を証明するものではない。しかし、まとめブログ「やらおん」とアニメスタジオのHPの両管理者が完全に無関係であるとは言えない状況から、「シャフト」および同社と共に製作した「アニプレックス」のステルスマーケティングの存在疑惑が強まっている。  
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。