トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『THE DAY IN QUESTION』(ザ・デイ・イン・クエスチョン)は2001年12月29日に初めて行われ、以後毎年年末に開催される、BUCK-TICKのホールコンサートである。


『THE DAY IN QUESTION』とは?
2001年、BUCK-TICKはライヴ盤、ベスト盤、シングルのリリースと韓国でのライヴを行ったが、国内のライヴとしては12月29日に日本武道館にて開催された一夜限りのライヴTHE DAY IN QUESTIONが唯一のものであった。

以後同日、同会場で行われるライヴは毎年恒例となり、アルバムのリリースに伴うライヴツアーではないため、自由な選曲によるライヴが行われる。2002年以降は、事前にファンクラブ会員を対象に、演奏してほしい曲のリクエストを受け付け、その結果が選曲に反映される事がある。

当初は日本武道館で12月29日一夜限りの公演だったが、2003年には12月28日との二夜連続で行われたほか、主要都市を3ヶ所程度回る場合もある。また、2007年や2010年はアルバムツアーの最終公演という位置づけになった。

長らく映像作品は発売されていなかったが、2011年の公演が初めて、DVD、Blu-ray作品として発売されることとなった。それまで商品として発売されたのは2005年のシングル『ROMANCE』の初回特典DVDに収録されている「LOVE ME」、2012年に発売されたボックスセット『CATALOGUE ARIOLA 00-10』の初回盤のみ特典映像として収録された、2001年から2009年の公演の中から選ばれた18曲。テレビではCSチャンネルViewsic(現MUSIC ON! TV)にて2002年の公演を今井のインタビューを交え90分に編集したもの、2003年の2日目の公演の生中継、2005年に放送された特番内にて2001年から2004年までの各公演の一部が、2006年と2008年の日本武道館公演は編集版がパーフェクト・チョイス、スカチャンでペイ・パー・ビュー放送された。