※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラギ総裁はスロバキアのブラチスラバで開いた定例政策委員会後の記者会見で、翌日物中銀預金にマイナス金利を課すという前例のない措置を取る可能性を示唆した。

ECBはこの日、最低応札金利を0.25ポイント引き下げ0.5%とし、中銀預金金利はゼロ%に据え置いた。

マークイット(ロンドン)のチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「やっとのことで、世界で最も急速に縮小している地域の政策金利が主要先進市場で最も高いという状況が解消された」と論評した。

リファイナンスオペでの応札額全額供給を少なくとも2014年半ばまで継続すると表明した。ローン担保証券を活用して企業向け与信を促進する方法について、欧州の複数の機関と協議を開始したことも明らかにした。


4月のインフレ率は1.2%と、ECBが目安とする2%弱の水準を大きく下回っていた。

ABNアムロ(アムステルダム)のマクロ調査責任者、ニック・コーニス氏は、 ドラギ総裁の発言はECBが「明確に緩和に傾いていることを示唆 した。不安なほどの低インフレが定着するリスクを考えると、向こう数カ月内の追加緩和の可能性は相当高い」との見方を示した