彼女こそ月の女王様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

896 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 00:15:44.88 ID:7pJVkxrCo

 高速を下りて手頃なビジネスホテルで一泊。

 旅の疲れを癒して迎えた朝、レジェン号は長野の一般道を走っていた。

 窓の外には山。山アンド山。

 これぞ見慣れた我が故郷の景色だ。

 ……地元からは離れてるけど。

 奈良と似たり寄ったりだけど。

 それでも穏乃なんかは物珍しげにハシャいでいた。

 どんだけ山が好きなんだ。

レジェンド「おっ、見えてきたよ!」

京太郎「!」

 身を乗り出す。

 進行方向に、大きな建物が姿を覗かせていた。

 あれが今回の目的地――

京太郎「龍門渕高校……!」

905 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 00:57:06.60 ID:7pJVkxrCo

 聞いたことくらいはある。

 お山の向こうのブルジョア高校。

 並大抵の小金持ちなんぞ相手にならないレベルらしい。

 そんな学校の正門にレジェン号が乗り付ける。

京太郎「ん? 監督、校舎の前に誰か立ってますよ」

レジェンド「ああ、龍門渕の関係者だね。目印に立って貰ってたんだ」

京太郎「へー」

レジェンド「さ、降りるよー!」ガチャッ

 ドアを開けて外へ。

 代表者であるレジェンドを中心に一列に並ぶ。

レジェンド「やっ! お出迎えどーも!」

 そこで初めて、俺は『彼』を正面から見た。



             ,..-/:.:.:::.:/.::::..:!:..:.:..:.:\
              //.::.:::/:/:::::::::::::::::::::..::..:.ヽ
           〃//:/:/::/::i::|::::::::i::l:::|::::::::::::..:i
          〃/:/::i:::i::ィ:::/!.:!:::::::|::|:::|:::..i::..:. ..|
           〃/イ./::::|::i:/!::ハ::|::::::|:::!ハ::::|::::::::::|
           !| |i レ:::::::|i::!‐廾‐|:::!、::!:/---、|::リ::::::|
         | !ノi::::::i::!:|.ャ伝テ、:けメ、迂テァ∧|::::|   「ようこそお越しくださいました」
           |::!::|:::!ハ      iハj   iイ /|:::!:!
.              |ハ|::|:ト、!       ;      !ノ::|::ハ:!
           | !ハ!ハ丶    ′   /::::/レ' リ
             | ′ iヘ丶 `  ̄´ イ:/レ′
                 )|__\_/__K
               /:L_\ /_/\
           ,...-イ::::::∧  ̄7::!< ̄ /:i:::::\-、
    __,...-‐':´:::::::/::::::::i::::i  /:::||:::、 /::::i:::::::::丶::`ー-..、
   /::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::i /::::| |::::Y:::::::|::::::::::::゙、:::::::::::::`:::...、
   /:i:::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::,:|:::::::〈 ::::| .!:::::〉::::::|、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::゙、
   !:::|:::::::::::::::::┌-、.二/::|::::::::::`t' ケ´::::::::::|::\∠-‐'7::::::::::::::::/:::i
.  |:::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::|::::::::::::::.、/ ::::::::::::::|:::::::::::[|:::/::::::::::::::::/:::::|
.   |::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|:::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::|


京太郎「――!」ビリッッッ

916 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 01:28:18.22 ID:7pJVkxrCo

                ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、
               /_,..-         ヽ  `  、
             / /´     /    ∨   \
                ,  ´      / ,'     :    、 ヽ
           /   ,    , / /|  |  :.  | | |    ∨
         _/   / /  |_|__'_|  |   _}_|_|_| |  | :
         ̄ ̄´/ イ '  { ´| |/__{  |: , ´/}/_}∧ |  | |
            / / , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
            / イ ∧{ 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
            ´/イ }从lム     ; \     ,ノ /  \
                    | ∧          ∧,イ
                   Ⅵム    -  -    イ //
                _ヽl\       //イ__
                |////} `  ー  ´「////|
                |////|  :.   / |/[__}/|
                ,...<////∧  ,     |/////> 、
          , <///////////\   ///////////> 、
        , </////////////////}____{/////////////////> 、
      //////////////////////|    |////////////////////∧
       {/////////////////////∧  ,'//////////////////////}
       |//////////////////////∧ ////////////////////////|

               その時――電流が走った。

            俺と『彼』との間に。確かに、鮮烈に。

         『彼』は豪奢な建築物を背に負って立っていた。

        しかし呑まれず、されど喰わず、『彼』はそこに在った。

       長身痩躯の黒尽くめ。そんな風姿ながら威圧感はない。

          この場の空気に違和感なく溶け込んでいた。

       立ち姿ひとつにも隙がないことが、素人目にも分かった。

         颯爽とした佇まいだ。だが不思議と心が落ち着く。

    明らかな非日常の存在なのに、柔和な笑顔には安らぎすら覚える。

             俺は、『彼』から目が離せなかった。

     まるで初めから、『彼』と出会う為にこの場所を訪れたかのように。
 
                 ,..-/:.:.:::.:/.::::..:!:..:.:..:.:\
                  //.::.:::/:/:::::::::::::::::::::..::..:.ヽ
               〃//:/:/::/::i::|::::::::i::l:::|::::::::::::..:i
              〃/:/::i:::i::ィ:::/!.:!:::::::|::|:::|:::..i::..:. ..|
               〃/イ./::::|::i:/!::ハ::|::::::|:::!ハ::::|::::::::::|
               !| |i レ:::::::|i::!‐廾‐|:::!、::!:/---、|::リ::::::|
             | !ノi::::::i::!:|.ャ伝テ、:けメ、迂テァ∧|::::|
               |::!::|:::!ハ      iハj   iイ /|:::!:!
   .               |ハ|::|:ト、!       ;      !ノ::|::ハ:!
               | !ハ!ハ丶    ′   /::::/レ' リ
                 | ′ iヘ丶 `  ̄´ イ:/レ′
                     )|__\_/__K
                   /:L_\ /_/\
               ,...-イ::::::∧  ̄7::!< ̄ /:i:::::\-、
        __,...-‐':´:::::::/::::::::i::::i  /:::||:::、 /::::i:::::::::丶::`ー-..、
       /::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::i /::::| |::::Y:::::::|::::::::::::゙、:::::::::::::`:::...、
       /:i:::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::,:|:::::::〈 ::::| .!:::::〉::::::|、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::゙、
       !:::|:::::::::::::::::┌-、.二/::|::::::::::`t' ケ´::::::::::|::\∠-‐'7::::::::::::::::/:::i
    .  |:::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::|::::::::::::::.、/ ::::::::::::::|:::::::::::[|:::/::::::::::::::::/:::::|
    .   |::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|:::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::|

922 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 01:40:24.24 ID:7pJVkxrCo

「阿知賀学院麻雀部の皆様ですね?」

京太郎「」ハッ

 我に返る。

 なんだ今の。

 なんか、宿命めいた感覚だった。

レジェンド「うん。顧問の赤土晴絵です。今日から二日間、どうぞよろしく」

「よろしくお願い致します。それと部員の皆様が――おや?」

レジェンド「何か?」

「いえ、部員は全部で六名と伺っておりましたが、どうやら一人……」

クイッ

京太郎「ん?」

 シャツの背中を引っ張られた。

 首だけで振り向くと、

憧「……」ビクビク

 小動物が付着していた。

928 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 02:04:43.64 ID:7pJVkxrCo

「ああ、そちらにいらしたのですね」

憧「ぴっ!?」ササッ

 俺の後ろに完全に隠れる憧。

「……すみません。私、何か失礼を?」

京太郎「あー、いや、こちらこそすんません」

京太郎「こいつ、なんて言うか……人見知りで」

 男嫌いとは言ってやるまい。

「そうでしたか。それは知らずに失礼を」ペコリ

 恭しく頭を下げる黒尽くめの……ん?

京太郎「あのー」

「なんでしょうか?」

京太郎「もしかして、執事さん……スか?」

 『彼』の格好が執事のソレであると、ようやく気付いた。

「はい。申し遅れましたが私、龍門渕家に仕える執事の萩原と申します」

 『彼』――萩原さんが改めて礼をした。

 変な言い方になるが、まさに執事という感じだった。

穏乃「執事さん! 私テレビでしか見たことない!」

玄「ねーすごいねー」

灼「二人とも失礼だと思……」

宥「ゎゎゎゎゎ」

京太郎「す、須賀京太郎です! 麻雀部のマネージャーをやってまして――」

 初めて見る生執事にテンションを上げつつ、そのまま挨拶を済ませる俺達だった。

929 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 02:29:54.83 ID:7pJVkxrCo


 萩原さんの先導で長い廊下を歩いていた。

 つーかマジで長いな。

玄「うわぁー……」キョロキョロ

灼「どこの迎賓館……」

 しかも二人が言うように、とてつもなく豪華だ。

 壁側には等間隔に飾られた壺やら像やら。

 窓の装飾も、「金持ちでおじゃる」といった風情だ。

 悪びれもしないゴージャス志向で、むしろ清々しいわ(須賀だけに)。

ハギヨシ「こちらでございます」

京太郎「!」

 やがて、突き当りの扉(高そう)の前で萩原さんが立ち止まった。

 ドアノブ(高そう)に手を掛け、静かに開く。

ハギヨシ「どうぞ」

 その向こうに広がる光景は――

930 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 02:36:34.96 ID:7pJVkxrCo

                           ヽ
                       》
                       〉〉
                       r’ >
                      」 冫
                          ,!  ヽ
                       〈   /  
                         y  >  「お待ちしておりましたわ!」
                       <  >
                        > ヽ
                    〈   .L_
                   . -‐<     \ >‐-、
               /       \    /    \

 父さん妖気です。

                     |、
           \   , | |  , / ノ|
               | 、 // | // / |
         _ヽ ,.-f--〈___//|/ /
       /,ヘヾ |      \ ノ
      / /  ∧/! i  、 \、i 彡
     /    |`゛´|、ヾ  ゙、  ゙、、i、
    /     /   ゙、>匕、___ゝ | .|´
   / /   ‐ナ     ゝう:「ヽ `|r.、|
. // /  ,イ/,ィ=ミ    `ー''    ヘ}  「こいつらが奈良代表?」
// / /i、 i !ヾ-' i          ,ィ
/ // /   ハ i            / |
 レ       ゙、         / i .|
          \   ´ ̄   ハ_|ヾ
           `-、_   /  Y\
            / i ̄     /  `iー――--,-、
            ,イ  〉    |>、  /     ∧ \
           // ゙、 |__  ,.=-'//\|       | |  |

 聳え立つ絵心。

                                __
                           //⌒`
                             /:::// ____
                _....::::―――::::--、_{r、/..:::´::::::::::::::::::\
             ,.:::´:::::::::::::::::::::/´::::::::::::`¨ヽ、:::-=< ̄ ̄`\
             ,.:´::::::::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::`:.、
           // ̄ ̄\::::::::::::::,.::―― 、:::::::::::::::::::::,\:::::::::\
         , '::/   --、/⌒Y´_    |:::::::::::::::::::::ヽ、\:::::::::ヽ
         //:::{ __,..-r::- 、_      }::::ヽ::::,:::::::::∧::、 \:::::::.
      / '::::/乂_,...イ´::::::/:\ ̄ \ ,イ::::::::∨:::, :::::::|:::::ヽ ヽ:::}
      { |:::/:/::::_//::::|:::::::/:::/ |:\_∧}::::::::: ∨::::::::::}:、、::|   Ⅵ
         Ⅳ::{:::::/ {\:{::::::| {::l |:::' !: |::|:|:|::::::::::::|:::::::::: ':::| }:|   リ
       /::::::从{汽≧从:::| 从-}/-|:/-|:|:|::::::::::::|::::::::/:::::| /
        ,:::::::::::::}  _,刈 \  ィ==ミ://:|::::::::::::|::::::/::::::,   「こいつらとか失礼だよ、純くん」
         {::::::::::::::  Vソ      _ノ刈ヽ:イ ::::::::: |^Y}::::::/
         |::::::::::叭     ,      Vzソ ノ |:::::::::::::|ノ/::::イ
         |::::::::::::|   、  __      __∧,ィ|:::::::::::::| /´
          、::::::::|   \ ‘ ー`    〉:,、〈,:::::::::::::,
          \:从     ` ー r-==≦ | /:::::::::/
            \    ,ィ⌒|      /:::::::イ⌒\
             /´:./:/     /´:./:./`ヽ:.:}

 大長野人。

     ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::::i
.  /:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|::::i::::::::::::i::::::::::::i
  l::::::::::i:::::i:::::|:::::|:::::::|:::::::::::::|:::::::|:::::::::::l::::::::::i
  |:::::::::|:::::|:::::|:::::|::::::|:::|__|:::::::|:::::::::::|::::::::::i
.  |:::::::::|:::_:|-:‐:::::|:::::|::::::|::::::::::|:`丶:::::::::|:::::::::::i
.  |:::::::::|´::l´l:::l  ヽ:::ヽ _ヽ_! |:::::::::::|::::::::::::i
  |::::::::::lヽ:l _ヽ_    ̄ ´.l::::::::イ`:::::::::::::|::::::::::::i  「よろしく……」
  |::::::::::|´〃l:::ャ`--、  丶-‐'ノ|:::::::::::|::::::::::::::i
  |::::::::::l l 丶‐' ノ   ` ‐‐ ´  |:::::::::::|:::::::::::::::i
  |::::::::::|`:l゙    、         |:::::::::::|::::::::::::::::i
  |:::::::::::|::::l            |:::::::::::|:::::::::::::::::i
  |:::::::::::|:::::\     ̄    /|::::::::::::|::::::::::::::::::i
  |::::::::::::|:::::::::::>      /  |:::::::::::::|::::::::::::::::::i
.  |::::::::::::|:::::::::::::::::::::>  ´    |:::::::::::::|_ -‐- ::i
.  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::| _ - < |:::::::::::::|      ヽ

 HDDクラッシャー(クラッシュする方とは言ってない)。

931 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 02:42:28.71 ID:7pJVkxrCo

 そして――

穏乃「これが……!」

ザッ

穏乃「!」

































                  \::::::∧   /::::::/
                   \:::∧ /:::/
                   >、:マ:/_ ̄ ` 、
                 / ∠>―`ヽ 、  \
                /    ! | ! i! |ハ  ∧
                  //   |.! | ! i! ト.ル1.リ,} Y∧
               〃{  」」__从 込'ィ乞ト}/   !.∧  「遠路、大儀!」
               {!i∧ { i笊ハ `¨ マzリ '|  |/ ∧
                 Y\{ マリ ,       |  | / ∧
                   / .∧   ー '  ,./  |__./ ∧
                /  /  >:....._..:≦/  ,リ  ヽ ∧
               /  /У⌒ヽr:/: :/  /    } ‘,
               /  /  }: : : :/ーi:У  ,.仁ミx  {.  \
               // r'r―.、 .廴.∠ /  ∠._  iリ_/\   \
      ,.ィ´ ̄ ̄ /  У¨>' ´ ,/   /   ` i´     .\   \
    /     /   /´     〃   /__ .イ     \\   \
   /,ィ´ ̄ ̄     /   _ ィ≦{|   八┬-.、| i!    .   \\   \
  / ´/ ,ィ´  /   `¨ ´|ィ´  .八    \ / i!    \   \\   \
   / //  ィ   /    У     \     ニ=‐< ̄`i  ヽ   ヽ \   ヽ
  i / ./ //  /  r'¨¨´/       ` ー=ニ二__   \{   ハ   ハ i}\  !|
  {' .{ / /  ,イ   |   /             /^:ト、 ̄`\\   ト、   i! リ   ヽリ
    ∨ i{  / |  {,..ィ             /::/ ` く>'\ヽ .| ∧ ,リ/    }
      八  i!八,./\\        /::/     }.、  i`\}'  }//'
       \{//   >^ー―――'^ <     /: : :\}ヾi/  /'
       /: :〈__. ィ ´: : : : : : : : : : : : i!: : :`¨¨¨´: : : : : : : :\}
       /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : i!: :∧: : : : : : : : : : : : : \
    ./: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/.:∧: : : : : : : : : : : : : :_ヽ
  ∠:_:_: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!:/.:∧: : : : : : / ̄ ̄/
  {: : : : ∧: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:::/.:∧_:_:_:/ヽr≦:「
  .\: :/:_У―..、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:」/.:/__У: : : : : : :/
    ヾ/: : : : : : />,、: : : : : : : : :_:_:,. </:/  |_:_:_:_:_:/
      `ー―‐'ー'/  `ー ┬≦/\_i´     |  i
             /       /         〉ー―〔只} |

 ころたんイェイ~。

穏乃「これが、長野準優勝……龍門渕高校!」ゴクリ

 イェイ~。

25 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 22:16:33.28 ID:7pJVkxrCo


 龍門渕透華。

 井上純。

 国広一。

 沢村智紀。

 そして、天江衣。

 五人が名乗り、また龍門渕さんが口を開く。

透華「貴女方が阿知賀女子学院麻雀部ですのね!」

 おい。

一「違うよ透華、阿知賀学院麻雀部の人達だよ」

透華「え? ですから、阿知賀女子学院麻雀部でしょう? ちゃんと言いましたわよ?」

純「言えてねーよ」

智紀「阿知賀学院は今年から共学」

透華「共学……」チラッ

京太郎「……」

透華「……男がいますわ!?」ギョッ

 おい。

30 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 22:45:42.13 ID:7pJVkxrCo

透華「まるで気付きませんでしたわ……そんなに目立つ金髪ですのに……」ジーッ

京太郎「……」

透華「……金髪ですわ!?」ギョギョッ

 おい。

衣「おお! 衣やトーカと同じだ!」トコトコ

 と、天江さん(まさかの年上)が歩み寄ってきた。

 俺と龍門渕さんと三人揃えば、

純「おー、金髪トリオ」

一「なんか縁起がいいね」

穏乃「長野って金髪多いの?」

京太郎「いや長野は関係ないだろ」

憧「そうよ、ただの偶然に決まって――」

智紀「あとふたり知ってる」

「「えぇー……」」

 本日三度目、憧とハモった。

42 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/10(金) 23:22:42.63 ID:7pJVkxrCo

透華「というか貴方、長野の人間ですの? 阿知賀は奈良でしょう?」

京太郎「ええまあ、一身上の都合で」

憧「……」ジトォ...

 憧。見るな。こっち。

透華「ははぁん……?」ニヤリ

京太郎「ど、どうかしました?」

 妖しい笑みだ。

 俺と、後ろの憧達を交互に見比べて、

透華「分かりましたわッ!」

 とか叫ぶ。

京太郎「……えっと、何がです?」

透華「貴方の正体ですわ!」

京太郎「オレェ?」

透華「女所帯に男が一人……しかも長野から奈良の学校に……」

透華「すなわち!」クワッ

透華「貴方が阿知賀の部長ですのね!!」ビシィ





京太郎「いや、部長はこっちです」

灼「よろ……」ピース

透華「座敷童ですわ!?」ガーン

灼「ちなみにこっちはマネージャー」

京太郎「力仕事なら任せてください」ピース

透華「雑用ですわ!!?」ガガーン

50 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/11(土) 00:04:13.51 ID:S19EangJo

京太郎「雑用ちゃいますマネージャーです」

透華「どっちでもいいですわっ!」

 よくないですわ。

一「大体なんで彼が部長だと思ったのさ?」

透華「金髪だからですわ」ケロリ

京太郎「当然の如く!?」

透華「その金髪をより目立たせる為にわざわざそんなちっちゃい人達の中にいるんじゃありませんの?」

穏乃「ちっちゃくないよ!」 ←頭を抑えながら

灼「ちっちゃくな……」 ←頭を抑えながら

憧「ちっちゃくないですっ!」 ←胸を抑えながら

玄「うぅ、やっぱり私の胸なんてちっちゃい方だよね……」 ←胸を抑えながら

宥「よしよし」 ←玄さんを撫でながら

透華「……確かに失言でしたわね。特にそっちの黒髪の方は全然小さくありませんから自信を持ってその邪魔そうな胸を張りなさいな!!」ムキーッ

玄「?」ヘケッ

57 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/11(土) 00:40:14.64 ID:S19EangJo

京太郎「つーかどんだけ目立ちたがりですか俺は」

透華「何を言ってますの!? 目立ってなんぼ、目立ってなんぼですわっ!」フンス

 あぁ、この人にしてこの学校ありだわ。

 貧しい胸を張って息巻く姿に納得する。

透華「貴方、向上心が足りていないのではなくて?」

京太郎「向上心、っすか?」

透華「そう! より大きく、より高く、誰よりも強く輝かんとする意志! それが向・上・心! ですわッ!!」

智紀「※個人の感想です」

京太郎「はあ。それが俺には足りてないと」

透華「ですわ!」

京太郎「そっか、だったらもっと頑張らないとな」

透華「?」

京太郎「いや、自分ではマネージャーとして努力してるつもりだったんですけどね」

京太郎「腑抜けて見えてるんならまだまだなんだなーって思いまして」

京太郎「もっと頑張って、阿知賀のみんなが全国優勝出来るように支えなきゃ」ムンッ

透華「貴方……」

京太郎「はい?」

透華「……名前、なんでしたかしら」

京太郎「あ」

 俺達、まだ名乗ってなかった。

111 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/11(土) 22:08:56.16 ID:S19EangJo


 簡単な自己紹介を済ませ仕切り直す。

 この時点で、松実姉妹と天江さん・沢村さんが離脱した。

 部屋の端っこの方で天江さんを中心に遊んでる。

 混ざりたい。

 天江さんのポジションに収まりたい。

 むっちゃ甘やかされたい。

 閑話休題。

透華「つまり、貴女方は全国の二位校を巡っている最中ですのね?」

灼「そゆこと……」

レジェンド「ここが一校目だけどねー」

透華「それは素晴らしい選択ですわ! 我が龍門渕高校こそが全国の二位校の頂点! 二位の中の二位ですもの!!」オーッホッホッホ

一「透華、その言い方じゃウチが永遠のナンバーツーみたいだよ?」

透華「んなぁっ!?」ガビーン

純「カスタムロボにいたよなそんなキャラ」

京太郎「俺はファニーオールドマン型が好きでした」

 もしくはリトルレイダー型。

119 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/11(土) 22:38:35.39 ID:S19EangJo

一「でも、本当にどうしてウチだったの? 何か理由が?」

京太郎「ああ、それは――」

穏乃「和と戦った学校だからですっ!」ズイッ

 俺の腕を暖簾のようにくぐって穏乃が言った。

 ら、

透華「………………ノドカ?」

京太郎「えっ」

透華「まさかとは思いますが、そのノドカとはあの原村和のことですの……?」ピクピク

一「あっ」

 なんだ。

 龍門渕さんの様子がおかしい。

 原村和の名前を聞いた途端、声は怒気を孕み、アンテナはビンビンだ。

穏乃「はい、原村和です!」

憧「知ってるんですか?」

京太郎「もしかして友達とか」

透華「!!!」クワッ





透華「とんッッッでも! あッりッまッせん、わーーーーーーーーーーッ!!!」





「「「!!?」」」ビクゥッ

127 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/11(土) 23:27:41.02 ID:S19EangJo

透華「原村和は私のライバル! 不倶戴天の敵でしてよ!」フンッ

 と、それはもう忌々しげに。

穏乃「え……和のこと、嫌いなんですか?」ジッ

透華「うっ!?」

穏乃「嫌いなんですか……?」ジーッ

 穏乃の純粋すぎる視線が龍門渕さんを射抜く。

 俺も経験あるが、心にクるんだよなぁアレ。

透華「べ、別に嫌いとかではありませんのよ? 勘違いしないでくださいまし」アセアセ

穏乃「本当ですか?」

透華「もちろんですわ! ただ、あの胸に蓄えたけしからん脂肪がいけ好かないというだけで……」ゴニョゴニョ

憧「ですよねぇ!!」ズイッ

京太郎「うおっ!?」ビクッ

 もう片方の俺の腕を暖簾のようにくぐって憧が叫んだ。

憧「和のあの胸、あれはけしからんですよね! ねっ、とーかさん、ねっ!」

 三回も「ね」って言うな。

透華「貴女、分かってくれますの!?」

憧「分かります、よーく分かります!」

透華「あ……握手しましょう!」

憧「します!」

 ガッシィィィィィン。

 堅い握手を交わす憧と龍門渕さん。

 ……なんだこれ。

140 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 00:03:10.23 ID:VrUuPIKko

京太郎「……この通り、清澄の原村とこいつらが知り合いなんですよ」

一「なるほど」クスッ

純「こっちの二人の意気投合も、まぁなるほどだよなあ」ニヤニヤ

 そんなことを言いながら、井上さんが二人の身体のある部分を見比べて笑う。

 と、

憧「ぴっ!?」ビクーッ

 跳び上がる憧。

 一目散に俺の背後に回って隠れる。

 ……おい。

京太郎「何やってんだお前」ヒソヒソ

憧「ご、ごめん、つい」ヒソヒソ

純「なんだ、いきなりどうした?」

ハギヨシ「新子様は初対面の方と接するのが少々苦手だそうですよ」

一「ふーん、でも透華と握手してたよね?」

京太郎「……」ダラダラ

憧「……」ダラダラ

穏乃「憧は男の人が苦手なんですよ!」ズバァッ

「「ちょっ!?」」

151 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 00:31:04.99 ID:VrUuPIKko

純「はあ!? ちょっと待て、オレは女だぞ!」

憧「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃ!」ビクビク

京太郎「わ、悪気はないんですよ! 脊髄反射っつーかなんつーか」

純「反射ってお前……ん? 待て、そういうお前こそ男じゃねえか!」

 バレタ!

京太郎「いやー、俺は例外っつーかなんつーか……なぁ?」ポリポリ

憧「……っ///」ギュッ

                    , ⌒ヽ  -… 、
                 /     `´, - 、ヽ
                  ,′   rv'     i .i
                    |     {    /. /
                   l     .i   /イ  「!!」
               ‘,    .',./´
                ヽ     ',__
                . -‐<     \ >‐-、
            /       \    /    \
            /        \ / ,.へ      \

透華「ラブコメ! ラブコメの匂いがしますわッ!」キテマスワー

憧「ふきゅっ!?///」カァッ

透華「その反応、図星ですのね! さぁさ私に話してごらんなさいな聞かせてごらんなさいな包み隠さず!!」ハァハァ

一「透華って基本下世話だよね」

ハギヨシ「下世話であらせられますね」

159 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 01:14:06.71 ID:VrUuPIKko

衣「とーかー」トコトコ

透華「あら衣。どうかしまして?」

衣「四方山話に花を咲かせるのも好いが、衣はそろそろ麻雀が打ちたい!」

憧「!」

憧「そ、そうですよ! せっかく麻雀しに来たんですから、麻雀しましょうよ! ねっ、とーかさん、ねっ!」

 今度は二回か。

 見れば、天江さんの後ろには玄さん達もいた。

 子供特有のパワフルさに振り回されたようで、どことなく疲れた雰囲気だ。

 しかし表情は一様に笑顔である。玄さんも宥さんも、子供の相手は好きなのだろう。

透華「しょーがないですわねぇ……ハギヨシ!」パチンッ

ハギヨシ「はっ。用意は既に出来ております」

京太郎「……ハギヨシ?」

衣「うむ、ハギヨシだ!」

ハギヨシ「あだ名のようなものです。須賀様も、呼びやすいようお呼びください」ニコッ

京太郎「は、はい。じゃあ、ハギヨシさんも俺のことは様付けなんてしなくていいっすよ。ほら、男は俺達だけですし」

ハギヨシ「そうですか……では、京太郎くんとお呼びしても?」

京太郎「はい! 改めて、今日はよろしくお願いします!」ペッコリン

ハギヨシ「こちらこそ、よろしくお願い致します」ペコリ

 お辞儀し合う俺達の横を通り過ぎ、穏乃達が雀卓へ向かう。

 いよいよ、本当の遠征が始まる。

 太陽はまだ、中天にも昇っていなかった。

182 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 22:11:52.79 ID:VrUuPIKko

……
…………
………………

 そして太陽が沈みかけた頃――



                    \::.::.:::.\   /.::.::.::/
                    \:.:::.::.::.  /.::.::.::/
                 .  '" ̄\::.::.∨.::.::/ ̄` 、
.               /    _,. ‐====‐ 、   \
            /      ´                 ヽ
.            / /         /         ':, \  ゙:,
           / /    /     ,'     /    :,  ':,   ',
.          ' ,′   /    ,゙i:i    ハ   i  }   }  l
         | |    :{ _, 'T丁`{   jj ~丁T''ト、|  リ l  l
         | |  : {:{´ i i 八ハ   iい i iノV|  / |  l
         |八  { ',',\|_,」.ニ、 \l  ,ニ.」_/|/ハノ| │  「わーい! また衣の勝ちだー!」
.             |\|\| =‐'" ゙̄`      ~ ̄`'ヾ/  | │
           | │ '. :::::::::       __  ::::::::: /l   | │
             j  リ  ハ´     「      }     ハ    | !
             / /  ,' /ゝ、   {     j   人|   |   ',
         / /   /   > .._、   ノ.. イ   |    |   ':,
           / /   /  /  _r}   ̄  {ュ { ヽ│   l    :、
        / /   / / ̄ ̄~` ミーrz=彡'  ̄ ̄ヽ、  ヽ    ':、
.        / ,′  /⌒| : : : : : : : : Y^Y : : : : : : : : |ハ   ',    ':、
      /  l   ,′ │: : : : : : : :フしヘ.: : : : : : : : | ,   ト、 \  \
    /    /|   |   { : : : : : /:││:\ : : : : :亅│   | ,  \  \
.   /  / 《 |   |   l个ー=イ_:_:_:││:_:_:`ト--</ |   | 》   丶  ヽ
   /  /  )|   |  }ノ   厶-─┘└- .」     { |   |彳    ヽ  }



 勝者の姿と、



        . . :´:_: : : : : : : :`\: : : \
       /: : : : : : : : ̄: : 、:/: /: :ヽ: : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : :\: : : :/: V : : : \
     /: /: : : : : \/ヽ: : : : :ヽ: :/: : :ヽ: : : : : ヽ
    /: :.{: : ハ: : :イVハ-、ヽ: : }-、: : : :ハ: : : : : ハ  「……カテナイ……」
    /: : :i: : :i ヽ: :}-r⌒ヽ VV  }: : : } V: : : : :ハ
   /i: : : V: rく レV  \::ノ ハ:} イ: : : }  /: : : : :ハ}
   ハ: : : V:ハ rへ    ''/ i: }  ヘ∠、/: : : : : ハ!
   { ヽ: :ハ: :ヽ\:)     ′}: ! /://: : : : : /――-...、
       八ハ:ゝゝ\,,′ っ j://::/::::/: : : : :/::::::::::::::::::::\
       ` `  V:}  、_ ///::::::/: i: : : V::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ
           ノ:ノ      レ 〉:::/::::::V: : :ヽ:::::::::::::::::::::::::::';:::::ヽ
            //       /:::::(::::::::::::\: : :ミー::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
         (          /:::::::::::::::::::::::::::`ヾミゝ:::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
                  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ



 敗者の姿があった。

191 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 22:43:12.10 ID:VrUuPIKko

憧「あの子、三回も海底で和了ったよ!?」

灼「異常……」

 二人の言う通りだった。

 異常なまでに、圧倒的だった。

 奈良一位である阿知賀を寄せ付けない強さだった。

 これが天江衣。

 これが龍門渕高校。

 これが、長野では二位の実力だというのか。

 恐れるよりも、呆れてしまう。

京太郎「は、はは」

京太郎「いやー……強いっすね、天江さん」

衣「うんっ! 衣は強いぞ!」

 無邪気に笑う天江さん。

 対局の最中に見せた獰猛な笑みとは、まるで印象が違う。

 どちらが本当の彼女なのか、俺に推し量ることは出来なかった。

193 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 23:05:06.05 ID:VrUuPIKko

衣「お前、名はなんと言ったっけ?」

京太郎「須賀です。須賀京太郎」

 まだ覚えられてなかった。凡人ですから。

衣「キョータローか! キョータロー、衣は凄かったか? 偉かったか?」

京太郎「え? ええ、なんつーか、パネェって感じでした」

衣「そうか! なら……ん!」ピョコン

京太郎「ん?」

衣「んっ!」ピョコンピョコン

京太郎「んん?」

衣「頭!」

京太郎「神戸?」

衣「凄かったなら褒めてもいいぞ! 偉かったなら撫ぜてもいいぞ!」

京太郎「褒め……? 撫ぜ……? えっと、甲子園とか凄いですよね。……撫ぜ?」

憧「そっちのコーベじゃないわよ。あ・た・ま。あと甲子園は同じ兵庫でも西宮!」

京太郎「おおぅ」

199 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 23:17:36.86 ID:VrUuPIKko

 そうか、頭(こうべ)か。

 生乳(なまちち)と生乳(せいにゅう)ぐらいややこしいな。

 いや、でも普通に生活してれば生乳(なまちち)なんて言葉に縁はないし、神戸と頭の方が厄介だよな。

 ……さておき。

京太郎「つまり、頭を撫でろと仰ってます?」

衣「然り! はやくっはやくっ」ウズウズ

京太郎「……」チラリ

 振り返って憧を見る。

 何故か分からないが、そうしなければいけない気がした。

憧「……何よ?」

京太郎「いや……いいか?」

憧「は? なんであたしに訊くのよ。勝手にすればいいじゃん、この駆逐艦マニア」ツンッ

京太郎「だからその称号やめろよ!?」

 言葉の意味は分からんがとにかくすごい不名誉な気がする!

204 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/12(日) 23:36:08.44 ID:VrUuPIKko

衣「きょーたろ~」ブーブー

憧「ほら、お姫様が呼んでるわよ」ツンツーン

京太郎「……まあ、いいならいいけど」

憧「ふんっ」ツンツンツーン

 やはり機嫌を損ねてしまった。

 理由は見当もつかないが。

 せめて、もう一人の機嫌は損ねないよう尽力しよう。

京太郎「お待たせしました」

衣「甚だ待ったぞ!」

京太郎「すみません。では、僭越ながら……」スッ

ナデ

衣「ふわ」

ナデナデ

衣「ふにゅう……」トローン

213 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 00:00:13.83 ID:scIzJE4ho

京太郎「どうですか? 力加減とか」ナデナデ

衣「ちゅうゆうたり……」ポワワ

 こっちもこっちで言葉の意味は分からんが、とにかく悪い意味ではあるまい。

 ふやけた声や表情が証拠だ。

玄「いいなぁ……」ボソッ

宥「あったかそう……」ブルッ

憧「……ふん!」プイッ

純「珍しいな、衣が大人しく撫でられてるなんて」

一「そもそも自分から撫でろって言うのが珍しいよね」

透華「……多分、須賀さんが殿方だからですわ」

京太郎「オレェ?」

透華「珍しかったのでしょうね。ハギヨシは衣の頭を撫でたりしませんもの」

京太郎「そうなんすか?」

ハギヨシ「はい。私は、あくまで執事ですので」

京太郎「はあ」

 そういうもんなのか、執事。

220 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 00:41:22.09 ID:scIzJE4ho

衣「はふぅ……きょーたろー」

京太郎「はい?」

衣「これほどの巧手をどこで身につけたのだ……?」ウットリ

京太郎「どこでって……別に、特別なことはしてませんけど」

衣「そうなのか?」

京太郎「まあ、強いて言うなら継続は力なりってやつですかね」

京太郎「実家ではペット飼ってますし、今でも穏乃をよく撫でてますから」

衣「しずの? 衣が負かした奴原の一人か?」

京太郎「そうですよ。つか、今さっきボコボコにした高鴨穏乃のことです」

衣「たかかもしずのはいつも撫でてもらっているのか?」

京太郎「まあ、割と」

憧「ほぼ毎日ね」ボソッ

京太郎「ん?」

憧「」ツーン

 空耳か。

227 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 01:09:10.35 ID:scIzJE4ho

衣「……むぅ。それはずるいぞ、衣の方が強いのに」

京太郎「はは、確かに天江さんは強いっすけどね」

衣「なんだ? 何か言いたいことがあるのか?」

京太郎「穏乃はまだ負けてませんよ」

衣「え?」

京太郎「穏乃に勝った気でいるのは、まだ早いって言ったんです」

衣「烏滸言を……奇異な跫音が聞こえはしたものの、もう起き上がれは――」





                 __
             . : :´: : : : : : : : :`: .
              /: : : : : : : : : : : : : : : : \
           .´: :/: /: : : :∧: : :ヽ: : : : : ヽ
         /: : / : :/ : : : / ヽ : : ヽ: : :',: :ハ
           /: : :,': : /: : : /,′ }:i: : : !: : : i: : :';\
        ': !: : !: _ハ:{: : ハ!   }ハ: :_:レ: :}}: : : ! : ヽ
        {:i: : :{: :/Tニヽ {!   jイ:ノハハハノ : !:}: :ヽ:ヽ
        i:ハ: :ハ: i/ん:ハ`   ゙ん:ハヽi: :i :ハ}i: : : ヽヽ  「――天江さんッ!!」ガバッ
           iハ: ハゝ 辷ソ    辷ソ "ハ:レ: ノ: : : : ヽ:ヽ
             /人 !       '       /.ィ:}: : : : : : : ハ:.}
             {:{  ', "" r――┐ "" ′V}: : : : : : : } }:}
          {:{  ゝ,  ヽ  ノ   イ  ∧: : : : : : :/:/
            ,ヾく: ̄::i:::::ェ- --ェ彡!: ̄::::ハ}: : : : : //
.           /:::i:::::::::::::ヽ\::YY:/:丿::::::::´::ハ} : : : //
         /:::::::へ┐::::::\:::l l::::/::::::::::::::::j:::V : ノ
         ノ:::/ヽ‐二>、:::::::::`:l l:´:::::::::::::::::::V:::::Vノ
      ノ::ィ::ヽ::`<´,.)::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::!:::::::ハ
       /::/:::\:ヽヽ:::フ::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::}::::::::::ヽ
.      /:ノ::::::::::::::::ー:Y:::::::::::::::::! !:::::::::::::::::::::::j:::::::i::::::ヽ
.     /::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::/:::::::i:::::::::ヽ




衣「わっ!?」ビクッ

京太郎「ね?」

 時間稼ぎ終了だ。

232 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 01:32:59.44 ID:scIzJE4ho

 高鴨穏乃は砕けない。

 憧も、玄さんも、宥さんも、鷺森部長も。

 辿り着かなければいけない処がある。

 乗り越えなければいけない壁がある。

 勝ち取らなければいけない夢がある。

 だから戦っている。

 だから、俺は彼女達の力になってやりたい。

 その為に出来ることなら、なんだってしてやりたい。

 そう思えるんだ。

穏乃「めちゃくちゃ強いですね! 和は……ぇと、清澄は、本当に天江さんに勝てたんですか!?」ズイッ

衣「」ポカーン

衣「……いや、衣に土をつけたのはノノカじゃない。清澄の嶺上使いだ」

穏乃「え?」

透華「それに、今の衣は半分の力も出せてませんわ。月も欠けてて夕方ですもの」

玄「嶺上使い……?」

宥「月……?」

 なにそれこわい。

234 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 01:50:21.30 ID:scIzJE4ho

穏乃「なに言ってるか全然わからないけど……もう一勝負、お願いしますっ!」

衣「いいのか?」

穏乃「はい!」

憧「あっ。あったーしもつーぎはーいるー♪」タタッ

衣「おお、お前も衣と遊んでくれるのか!」

憧「もちろん! ちょっと思い切り暴れたい気分なんで」チラッ

京太郎「?」

玄「私達も!」グイッ

宥「ぇ、わっ」フラッ

灼「……私も」キュッ

純「んじゃひとつ……」ニヤリ

一「ボク達も相手になるよ」クスッ

智紀「私も」スクッ

 卓はひとつしかねーよ。

 むしろなんでひとつしかねーんだよ。

242 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 02:42:52.21 ID:scIzJE4ho

 と、思いきや、

透華「あら、これでは卓が足りませんわね……ハギヨシ!」

ハギヨシ「既に」シュタッ

京太郎「!?」

 ありのまま、今起こったことを話す。

 『龍門渕さんが指先ひとつパチンと鳴らしたと思ったら、

 いつの間にか穏乃達が座る雀卓の横に雀卓が増えた』。

 頭がどうにかなりそうだった。

 催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてない。

 もっと凄まじいものの片鱗を味わった。

 これが――執事。

 この身のこなしが、俺にも出来たら。

透華「これで準備は万端ですわね。さあ、始めますわよ!」

衣「はやく遊ぼう!」

憧「うん!」

穏乃「次は負けないからね!」

 そして、それぞれの卓で、賽は投げられた。

244 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 03:07:10.44 ID:scIzJE4ho

ハギヨシ「では私は、ご夕食の準備を致します」スッ

京太郎「!」

 その時、俺の目は自然とハギヨシさんを追っていた。

 すかさず次の自分の役割を果たすべく動く、執事の姿を。

 目で追うだけでは、留まれなかった。

京太郎「監督」

レジェンド「ん?」

京太郎「後の色々は任せます!」ダッ

レジェンド「アバウト過ぎる!?」ガーン

 居ても立ってもいられなかった。

 飛び出した廊下の先にハギヨシさんの姿を認める。

京太郎「ハギヨシさん!」

 駆け寄りながら、その名前を呼んだ。

ハギヨシ「おや。どうしました、京太郎くん」

京太郎「お、俺を――」

 僅かに乱れた呼吸を整え、

 激しく乱れる鼓動を抑え、

 内から溢れる感情のまま、

 叫ぶ。















          /   /     |   | |   | |  :       l :l   |  |   :|   | |
       / /    |    |__ | |   | |  |  :   l :l:  /|  |   :|   | |
.      ///     |    |\ |‐\八 |  |  |    |__,l /-|‐ :リ   リ  | |
     /  /   - 、     :|   x===ミx|‐-|  |:`ー /x===ミノ//  /  :∧{
       /   |  :.八   _/ {::{:::刈`|  |  l:  /´{::{:::刈\,_|  イ  /ー―‐ ..__
.      / / :|  ::|/ \{^ヽ 乂辷ツ八 |\| /' 乂辷ソ ノ^l/ } :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `「⌒:.
.       //  /|  ::l、   :    ー‐   \{  | /  ー‐    j/ /}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
     / _,/:.:..|  ::| \ !           j/        ′/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.   「――俺を、男にしてください!!」
        / :.:.:.:.:{  ::|\ハ_,          ノ            ,___/{:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧
.    /:.:.:.:.:.:.:.::′ ::|:.:.|\圦                       / j/l/.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.∧
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′_,ノ⌒ヽ::|  、    、      _  -‐'     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.::/:.:
 /\:.:.:.:.:.:.:r‐ ' ´     ∨\/ ̄ )  ̄ ̄        /   /.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:.:./:.:.:
/:.:.:.:.:.:.\:.:.ノ  ----- 、  ∨/   / 、          /   ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:/:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /        ‘,  ‘, ./、 \       /   /.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:/:.:.:.:.:.{   ---- 、   ‘,  } /:.:.:} ̄ \ ̄ ̄ ̄/ ̄ /:.{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-<⌒:.:.:.:.:
:.:./:.:.:.:.:./       ‘,  ‘,「l /⌒^\________/}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´    \:.:.:.:.:
:/:.:.:.:.:.:.{: .    . :    ‘, 人U{:.:.:.:.:.:.:.|:\        /:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―‐┐:/        \:.:
:.:.:.:.:.:.:.: }: : : :--:/\: . ノ:r/   / .: .:.:.:.:.|:.:.:.:\    ,/:.:.:. |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

269 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 13:50:32.39 ID:scIzJE4ho

ハギヨシ「……………………………………………………はい?」

京太郎「俺をハギヨシさんみたいな男にして欲しいんです!」

ハギヨシ「ああ……そういうことでしたか。……はい?」

京太郎「お願いします!!」フカブカー

ハギヨシ「……京太郎くん。私みたいな男とは、つまりどういうことでしょうか?」

京太郎「超一流の……凄腕の執事です!」

ハギヨシ「……何故、私なのでしょうか?」

京太郎「だってハギヨシさん、最高だから……」

ハギヨシ「……そうですか」

京太郎「あれっ、聞こえたんですか?」

ハギヨシ「聞こえました」

京太郎「もっと大きな声で言わなくてもいいんですか?」

ハギヨシ「執事ですから」

京太郎「やっぱり執事って凄い!」

271 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 14:54:32.51 ID:scIzJE4ho

ハギヨシ「――それで」

ハギヨシ「何故、執事なのでしょうか」

京太郎「それは……」

京太郎「執事としての技術が、今の俺に必要だからです」

ハギヨシ「……ふむ」

京太郎「俺は阿知賀のマネージャーです」

京太郎「けど、まだまだ半人前で、麻雀なんてズブの素人で」

京太郎「だから、執事の仕事を学んで、マネージャー業に役立てられたら」

京太郎「もっと憧の、穏乃の……麻雀部の力になれる」

京太郎「同じ夢を見せてくれた皆への、恩返しが出来る」

京太郎「そう、思ったからです」

 身勝手だという自覚はあった。

 少なくとも初対面の人間に頼む事柄ではない。頼める道理がない。

 それでも、懇願するしかなかった。

ハギヨシ「――成る程。そういう事情でしたか」

 裁定は、彼に委ねられた。

274 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 15:19:43.38 ID:scIzJE4ho

京太郎「……」

ハギヨシ「……」

 目は逸らさない。

 言葉に乗せた真情を、今度は視線に込める。

 じっと、ずっと、答えが出るまで目は逸らさない。

 そう決めて、俺は押し潰されてしまいそうな沈黙に耐えていた。

ハギヨシ「……。覚悟は」

京太郎「え?」

ハギヨシ「覚悟は御座いますか?」

ハギヨシ「執事の道は長く険しく、私とてまだ途上にある身です」

ハギヨシ「故に、一日で一人前の実力になるには『死の覚悟』が必要なり」

ハギヨシ「貴方にその覚悟があるなら――」

京太郎「――教えてください、執事の仕事を!」

京太郎「どんな苦しみにも耐えます。どんな試練も克服します!」

京太郎「だから――」

ハギヨシ「――ベネ。いい返事です」

京太郎「じゃ、じゃあ……!」

ハギヨシ「ついてきてください。相応しい場所へご案内致しましょう」

 そう言って、ハギヨシさんは優しく微笑んだ。

283 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 15:50:18.99 ID:scIzJE4ho

~地下~

カツ...カツ...
 カツ...カツ...

 地下を歩いていた。

 龍門渕高校の地下だ。

 地下て。

 龍門渕高校の地下て。

 どんな学校だ。

 ていうか、今や学校からも離れてると思う。

 かなり歩いた。

 石造りの通路だ。

 どこまでも続いているように感じる。

 先行するハギヨシさんの歩調は、一定で淀みない。

 まあ直線だし、迷いようはないんだけど。

290 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 16:33:25.85 ID:scIzJE4ho

ハギヨシ「もうすぐですよ」

京太郎「!」

 ハギヨシさんは俺より背が高い。

 肩越しに前を見ることが出来なくて、横にずれる。

 通路の果てには扉があった。当たり前だが。

京太郎「あの扉ってどこに繋がってるんですか?」

ハギヨシ「部屋です」

 そりゃそうだ。

ハギヨシ「あの部屋で、貴方には貴方の資質を見定めて頂きます」

京太郎「俺に……俺の、資質を?」

ハギヨシ「はい。貴方の心――精神は、貴方自身にしか覗けません」

ハギヨシ「それを見極めてから、可能な限り時を費やし、技術を磨きましょう」

ハギヨシ「この部屋は、その為に用意された龍門渕家に仕える執事の修行場。人呼んで――」

 扉に手を当てる。

 ゆっくりと押し開けながら、ハギヨシさんが言った。





ハギヨシ「――メンタルとタイムのルームです」





 遺影!

322 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 21:19:28.81 ID:scIzJE4ho

……
…………
………………


透華「それでっ、誰が須賀さんと付き合ってますの?」キラキラ

憧「ふきゅっ!?」

 一日目の対局が終わって。

 あたし達は透華さんのお屋敷に移動していた。

 見たこともないようなご馳走を堪能した後のおしゃべり中に。

 透華さんがそんなことを訊いてきた。

透華「その反応! やっぱり貴女が一番怪しいですわ!」キテマスワー

憧「ちちち違います、怪しくなんかないないないです!」

玄「そ、そうですよ透華さん。憧ちゃんと京太郎くんはそういうのじゃなくて……」

透華「あら、じゃあ貴女が付き合ってますの?」

玄「ふえ゛っ!? いや、あの、そのぉ……///」モジモジ

 こら。

 ちゃんと否定しなさいよ、こら。

329 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 22:00:13.90 ID:scIzJE4ho

玄「わた、私はそんなっ、京太郎くんと付き合ってなんて! つきあ、って……///」プシューッ

透華「あらあらまあまあ! この反応、負けず劣らず怪しいですわね!」キテマスワヨー

憧「ちょ、ちーがーいーまーすってば! 部の誰も、京太郎なんかと付き合ってませんから!」

透華「そうなんですの?」

憧「そうなんです。ね、宥姉」ネッ

宥姉「……」

憧「宥姉?」

宥姉「……付き合うと、あったかい?」ポワ

憧「宥姉!?」

透華「修羅場の予感ですわーッ!!」キチャイマスワー

 宥姉の発言で更に盛り上がる透華さん。

 薄々勘付いてたけど、このお嬢様すっごい下世話だ。

透華「じゃあ貴女は!?」クルッ

灼「天上天下唯我ハルちゃん」

透華「貴女は!?」クルッ

穏乃「京太郎ですか? 大好きですよ!」ニパッ

透華「修羅場の時間ですわああああああああああ!!!」

憧「しずううううううううううううううううううううううううう!!!」

穏乃「?」キョトン

336 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 22:28:27.52 ID:scIzJE4ho

透華「まあまあまあまあ須賀さんったら! とんだ女の敵ですのね! こん畜生っ!」キャー

憧「なんで嬉しそうなんですか!?」

透華「で? で? 今のところ誰が優勢ですの?」

透華「ツンデレっぽい新子さんですの?」

透華「乳しか取り柄がなさそうな松実さん(妹)ですの?」

透華「庇護欲を掻き立てられる松実さん(姉)ですの?」

透華「それとも無邪気な高鴨さんですの?」

憧「下世話ァー!!」

 なにこの人。

 グイグイ来るし。

 こっちもグイグイ押し返して、まずは、

憧「しーずー! アンタ、言って良いことと悪いことがあるでしょーが!」ユッサユッサ

穏乃「うぇえぇえっ? わ、私なんかヘンなこと言った? 京太郎のこと好きになっちゃダメだった?」ガックガック

憧「ふきゅ!?」ドキッ

透華「悲恋モノっぽいセリフいただきましたわーーーーー!!」ヒャッハー

351 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 23:01:18.71 ID:scIzJE4ho

純「そのへんにしとけっての」ベシッ

透華「きたろ゛っ!?」

憧「ぴっ!?」ビクッ

 び、びっくりした。

 いつの間にか背後に立っていたメイド服姿の井上さんが、透華さんの頭を叩いた。

 ……ん?

憧「メイド!?」ギョッ

穏乃「メイドだ!」

灼「はじめて見た……」

 間髪入れずに、

一「お待たせ透華」

智紀「例の物を持ってきた……」

衣「衣も探すのを手伝ったぞ!」

 メイドさん、続々。

 衣ちゃんは私服だけど、三人もいれば異常事態と呼ぶには十分よね。

356 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 23:36:07.52 ID:scIzJE4ho

玄「わわ、メイドさんだぁ」

透華「あら、メイドが珍しくて?」サスサス

玄「はい! すっごく可愛いですね!」

純「そうかぁ? オレ達にはただの仕事着だからなぁ……」

憧「え、本職のメイドなんですか?」

一「学生と兼業だけどね」

玄「いいなぁ、可愛いなぁ……」キラキラ

智紀「……着てみる?」

玄「いいんですか!?」パァッ

憧「こ、こら玄! 厚かましいよ?」

透華「よくってよ! 替えは山程ありますもの、新子さんもどうかしら?」

憧「えっ」

 メイド服か……

 確かに可愛いよね。

 こんなの滅多に着れないし、いい機会かも。

 でも、もし京太郎が戻ってきたら。

 京太郎に見られたら。

 似合ってるとか可愛いとか、アイツに言われたら……ふきゅう。

362 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/13(月) 23:58:23.67 ID:scIzJE4ho

 いや。

 別に。

 言って欲しいとか、そういうんじゃなくて。

 むしろ逆だから。

 そんな恥ずかしいこと、言われたら困るから。

 でも京太郎は京太郎だから、きっと言っちゃう。

 恥ずかしげもなく言っちゃう。褒めてくれちゃう。

 困るのにな、言われたくないのにな、もー。

 ……でも待てよ?

 玄も着るんだよね、メイド服。

 で、京太郎は京太郎だから………………玄に夢中になるに決まってるじゃない!(憤慨)

 あたしなんかには目もくれず、玄を褒めちぎるに決まってるじゃない。

 あの野郎。あのゲス野郎。

 そもそも駆逐艦マニアならあたしの方が体系的には近……くないし!

 背は低いけど胸は小さくないし! そりゃ玄には負けるけど!

 なのに京太郎は宥姉や玄を基準にあたしの胸を小さい小さいって見たこともないくせにいや見せる気なんてさらさらないけどそれでも一回は触ったくせに触ったくせに触ったくせに――

衣「キョータロー!」

憧「ふきゃあ!?///」ドキーン

371 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 00:22:40.43 ID:ZFc5iOfko

 やだ、本当に戻ってきたの!?

 慌てて扉の方を向いても、そこには誰もいなかった。

衣「キョータローがいないぞ! まだ戻らないのか?」

 なんだ、そういう意味か……

透華「確かに遅いですわね」

純「ハギヨシも一緒なんだっけか」

智紀「ハギヨシも一緒(意味深)」

一「ともきー?」

玄「も、もしかして何かあったのかな」ソワソワ

宥「ええっ、あったかくない……」ブルッ

穏乃「探しに行かなきゃ!」ガタッ

灼「気が早……」

レジェンド「そうそう。時間も遅すぎるって程じゃないし、心配いらないと思うよ?」

 なんて口々に言っていると、

コンコン

憧「!」

 ノックの音が。

376 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 00:54:05.36 ID:ZFc5iOfko

ハギヨシ「透華お嬢様。ただいま戻りました」

 扉越しに聞こえたのは、あの執事さんの声だ。

 京太郎もいるのかな。

透華「ずいぶん長引きましたのね」

ハギヨシ「申し訳ありません。つい熱が入ってしまいまして」

智紀「熱♂が入って(意味深)」

一「ともきー?」

透華「それで、首尾の方は?」

ハギヨシ「流石に完璧とは言えませんが、上々かと」

透華「そう。須賀さんもそこにいますわね?」

ハギヨシ「はい」

憧「京太郎……」

 夕方、対局が再開されると同時にいなくなっていた。

 執事さんから特訓を受けているんだと、後から聞いた。

 理由は、マネージャーとしてのスキルアップの為だと聞いた。

 その京太郎が、扉の向こうに。

透華「よろしい。お入りなさい!」

ハギヨシ「は。失礼致します」

ギィ...

 ゆっくりと開かれる扉。

 まず、執事さんの姿が見えた。

 そして、その後ろに立っていたのは、

377 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 01:00:53.98 ID:ZFc5iOfko



























































      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ
      {イ::::::,イ::::::::::::::::::::::|::::::::/≧、:::::::::::::::::::::::|ニ\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::|
         |::::/ l:::::::::::::::::::::∧:::/ニ、ニ\|::::::::::::::::::l三ニ\:::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ|
         レ'  |:::::::::::::::::::/ニ∨::::::::`'‐.、ト、::::::::::::::|三,.-':::\|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|  i
            |:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
            i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
          |:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨
             |:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨   「今帰った」
          l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨
             レ' }::::∨ニi三ニ   三三L          /ニ/ ∧:|
             ト、::::「ニi三ニ   ト三ニニ}         /三「   リ
                 Ⅵ三∧三     ニナ         ≠三 |
                 lニニ∧三  ,-===-、    ≠三, |
               i三ニニ∧三   =┬≧、    /ニi彡  ト、
           -―¬"|三ニニ',ニ\三三三{      /三/    l ン-、_
      ,..‐''"       l三三三、三\三三レ、_  /三/     ト    ー- 、
     /    ≦三三|三三三ヽニ三\三三ニ∨三/     |三ニ=   `'‐、
   /    ≦三三三三三三三ヘニニ三三三ニニ/   ∧  |三三三三≧   ヽ
  /     三三三三三三三三三三三三三ニニ/    にi   i三三三三三三   \

 超戦士だった。

420 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 22:02:48.27 ID:ZFc5iOfko

憧「ぃ――きゃあああああああああああああああっ!!?」

穏乃「うわわっ!? な、何!? 何これ!?」

SPW「「誰だ?」って聞きたそうな様子してんで自己紹介させてもらうがよ、おれぁおせっかい焼きのスピードワゴン! メンタルとタイムのルームからジョースターさんが心配なんでくっついて来た!」

宥「も、もしかして……」プルプル

玄「京太郎くん、なの!?」

灼「たくまし……」

透華「キモいですわ! キモいですわ!」

衣「くちゃくちゃ怖いぞ!」

ウォーズマン「コーホー」

一「上しか脱がないの?」

純「流れ変わったな」

智紀「どうしてこうなった」

ハギヨシ「まずまずのリアクションですね、京太郎くん」

      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ
      {イ::::::,イ::::::::::::::::::::::|::::::::/≧、:::::::::::::::::::::::|ニ\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::|
         |::::/ l:::::::::::::::::::::∧:::/ニ、ニ\|::::::::::::::::::l三ニ\:::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ|
         レ'  |:::::::::::::::::::/ニ∨::::::::`'‐.、ト、::::::::::::::|三,.-':::\|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|  i
            |:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
            i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
          |:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨
             |:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨   「ウム!」
          l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨
             レ' }::::∨ニi三ニ   三三L          /ニ/ ∧:|
             ト、::::「ニi三ニ   ト三ニニ}         /三「   リ
                 Ⅵ三∧三     ニナ         ≠三 |
                 lニニ∧三  ,-===-、    ≠三, |
               i三ニニ∧三   =┬≧、    /ニi彡  ト、
           -―¬"|三ニニ',ニ\三三三{      /三/    l ン-、_
      ,..‐''"       l三三三、三\三三レ、_  /三/     ト    ー- 、
     /    ≦三三|三三三ヽニ三\三三ニ∨三/     |三ニ=   `'‐、
   /    ≦三三三三三三三ヘニニ三三三ニニ/   ∧  |三三三三≧   ヽ
  /     三三三三三三三三三三三三三ニニ/    にi   i三三三三三三   \

憧「スペース取り過ぎだから!」ビクビク

429 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 22:30:42.30 ID:ZFc5iOfko

      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ
      {イ::::::,イ::::::::::::::::::::::|::::::::/≧、:::::::::::::::::::::::|ニ\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::|
         |::::/ l:::::::::::::::::::::∧:::/ニ、ニ\|::::::::::::::::::l三ニ\:::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ|
         レ'  |:::::::::::::::::::/ニ∨::::::::`'‐.、ト、::::::::::::::|三,.-':::\|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|  i
            |:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
            i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
          |:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨
             |:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨   「……」コォォォ
          l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨
             レ' }::::∨ニi三ニ   三三L          /ニ/ ∧:|
             ト、::::「ニi三ニ   ト三ニニ}         /三「   リ
                 Ⅵ三∧三     ニナ         ≠三 |
                 lニニ∧三  ,-===-、    ≠三, |
               i三ニニ∧三   =┬≧、    /ニi彡  ト、
           -―¬"|三ニニ',ニ\三三三{      /三/    l ン-、_
      ,..‐''"       l三三三、三\三三レ、_  /三/     ト    ー- 、
     /    ≦三三|三三三ヽニ三\三三ニ∨三/     |三ニ=   `'‐、
   /    ≦三三三三三三三ヘニニ三三三ニニ/   ∧  |三三三三≧   ヽ

透華「ちょ、ちょっとハギヨシ! これは本当に須賀さんですの!? マジですの!?」

ハギヨシ「えらくマジに御座います、透華お嬢様」

憧「きょ、京太郎に何をしたんですか!?」オドオド

ハギヨシ「私は何も。ただ背中を押して差し上げただけですよ」ニッコリ

憧「背中に押しちゃいけないボタンとかありませんでした!?」

      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ
      {イ::::::,イ::::::::::::::::::::::|::::::::/≧、:::::::::::::::::::::::|ニ\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::|
         |::::/ l:::::::::::::::::::::∧:::/ニ、ニ\|::::::::::::::::::l三ニ\:::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ|
         レ'  |:::::::::::::::::::/ニ∨::::::::`'‐.、ト、::::::::::::::|三,.-':::\|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|  i
            |:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
            i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
          |:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨
             |:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨   「憧」
          l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨
             レ' }::::∨ニi三ニ   三三L          /ニ/ ∧:|
             ト、::::「ニi三ニ   ト三ニニ}         /三「   リ
                 Ⅵ三∧三     ニナ         ≠三 |
                 lニニ∧三  ,-===-、    ≠三, |
               i三ニニ∧三   =┬≧、    /ニi彡  ト、
           -―¬"|三ニニ',ニ\三三三{      /三/    l ン-、_
      ,..‐''"       l三三三、三\三三レ、_  /三/     ト    ー- 、
     /    ≦三三|三三三ヽニ三\三三ニ∨三/     |三ニ=   `'‐、
   /    ≦三三三三三三三ヘニニ三三三ニニ/   ∧  |三三三三≧   ヽ

憧「ぴぃ!?」ビクゥッ

      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ
      {イ::::::,イ::::::::::::::::::::::|::::::::/≧、:::::::::::::::::::::::|ニ\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::|
         |::::/ l:::::::::::::::::::::∧:::/ニ、ニ\|::::::::::::::::::l三ニ\:::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ|
         レ'  |:::::::::::::::::::/ニ∨::::::::`'‐.、ト、::::::::::::::|三,.-':::\|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|  i
            |:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
            i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
          |:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨
             |:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨   「ハギヨシさんは悪くない。全て俺が望んだことなんだ」
          l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨
             レ' }::::∨ニi三ニ   三三L          /ニ/ ∧:|
             ト、::::「ニi三ニ   ト三ニニ}         /三「   リ
                 Ⅵ三∧三     ニナ         ≠三 |
                 lニニ∧三  ,-===-、    ≠三, |
               i三ニニ∧三   =┬≧、    /ニi彡  ト、
           -―¬"|三ニニ',ニ\三三三{      /三/    l ン-、_
      ,..‐''"       l三三三、三\三三レ、_  /三/     ト    ー- 、
     /    ≦三三|三三三ヽニ三\三三ニ∨三/     |三ニ=   `'‐、
   /    ≦三三三三三三三ヘニニ三三三ニニ/   ∧  |三三三三≧   ヽ

憧「だ、だからスペーススペース!!」

443 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 23:04:16.26 ID:ZFc5iOfko

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「……」フシュゥゥゥ...
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

憧「あ、縮めるんだ……まだ暑苦しいけど」

穏乃「ふわぁー、凄いね京太郎! どんな特訓したの?」

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「秘密だ」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

穏乃「ちぇー」

玄「きょ、京太郎くん! えと……胸板、触らせてもらってもいいかな……?」ソローッ

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「構いませんよ」ピトッ
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

玄「わっ!? す、すごい……かたくて、おっきくて……///」

宥「あのぉ……私は二の腕……」オソルオソル

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「どうぞ」ピトッ
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

宥「ぁっ……太いの、びくびくしてる……///」ポワワー

憧「ちょっ、みんな少しは警戒心とか――」

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「どうです鷺森部長、見違えたでしょう」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

灼「ちょっと汗くさ……」

レジェンド「確かに。ダメだよー、女所帯なんだから気を付けなきゃ」

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「ヌゥ、面目ない」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

憧「」ピクッ

452 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/14(火) 23:40:03.85 ID:ZFc5iOfko

穏乃「あ、ほんとだー」スンスン

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「こら、嗅ぐんじゃあない」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

憧「へ、へー……汗臭いんだ、そうなんだ」チラッチラッ

ハギヨシ「地下を出て直行しましたからね。失念しておりました」

純「そういうハギヨシは汗ひとつかいてねーけどな……」

ハギヨシ「執事ですので」

憧「首筋……くびしゅじ……」ソワッソワッ

一「お風呂入ってくれば? 須賀くんもそのままじゃ気持ち悪いでしょ」

ハギヨシ「それは良い提案ですね。入浴すれば京太郎くんの身体も元に戻るでしょうし」

玄「も、元に戻れるんですか!?」

ハギヨシ「はい。今の京太郎くんはパワー特化の変身をしたトランクスのようなものですから、リラックスすれば元通りです」

宥「よかったぁ……」

灼「今の例え、女子には通じにく……」

ハギヨシ「失礼。これでも男子ですので」

憧「う、後ろから近付けばバレないかな……?」ジリッジリッ

458 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 00:06:52.89 ID:RXweAZCCo

透華「では須賀さんはただちに入浴! その間に私達はこれを見ますわよ!」ジャーン

穏乃「なんですかそれ?」

智紀「探してきた例の物……長野ローカルの録画」

衣「衣が映っているぞ!」

透華「私も映っていますわ!」

穏乃「……ホームビデオですか?」

透華「長野ローカルだと言ったでしょうッ!」ムキーッ

レジェンド「つまり県大会の映像ってことかな?」

智紀「」コクリ

穏乃「え、じゃあ和の試合が見れるんですか!?」

透華「そこで原村和の名前が挙がるのが癪ですが……その通りですわ」

穏乃「~っ! 見ましょう、今すぐ!」

透華「はいはい分かりましたわよ。ハギヨシ!」

ハギヨシ「心得ております。京太郎くん、お湯殿へ案内します」スッ

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「かたじけない」クルッ
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

憧「あ゛」ピタッ

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「ムゥ?」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

憧「……」ダラダラ

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「憧、俺の背後で何をしていたのだ……?」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

憧「な、何もしてない! 未遂、未遂だからぁ!!///」ワタワタ

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「ムゥ……?」
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

464 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 00:30:53.81 ID:RXweAZCCo


~廊下~

テクテクテク...

      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ
      {イ::::::,イ::::::::::::::::::::::|::::::::/≧、:::::::::::::::::::::::|ニ\::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::|
         |::::/ l:::::::::::::::::::::∧:::/ニ、ニ\|::::::::::::::::::l三ニ\:::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ|
         レ'  |:::::::::::::::::::/ニ∨::::::::`'‐.、ト、::::::::::::::|三,.-':::\|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::|  i
            |:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
            i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
          |:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨
             |:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨   「……」
          l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨
             レ' }::::∨ニi三ニ   三三L          /ニ/ ∧:|
             ト、::::「ニi三ニ   ト三ニニ}         /三「   リ
                 Ⅵ三∧三     ニナ         ≠三 |
                 lニニ∧三  ,-===-、    ≠三, |
               i三ニニ∧三   =┬≧、    /ニi彡  ト、
           -―¬"|三ニニ',ニ\三三三{      /三/    l ン-、_
      ,..‐''"       l三三三、三\三三レ、_  /三/     ト    ー- 、
     /    ≦三三|三三三ヽニ三\三三ニ∨三/     |三ニ=   `'‐、
   /    ≦三三三三三三三ヘニニ三三三ニニ/   ∧  |三三三三≧   ヽ

SPW「……」

SPW「メンタルとタイムのルームから出て、ジョースターさんの顔つきが変わったようだ……」

SPW「表情に影が濃くなった……」

SPW「おれだって同じよ……腰痛と肩凝りを必死にこらえている……」

SPW「だが、おれは風呂に入っちゃあいられねえ! おれじゃあ役不足だぜ!」

SPW「ここは明日またあらためて出なおすとすっか!」

SPW「スピードワゴンはクールに去るぜ」ザッ

ハギヨシ「着きましたよ京太郎くん」

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「!」ピタッ
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

ハギヨシ「着替えは私が用意しますので、ごゆっくりどうぞ」

|:::::::::::::::::/::lニニ三 `'‐、::::≧、::::::::::「:::::::/ニヽニ∨:::::::::::::::::::::::::}
i:::::::::::::::/:::::|ニr=弋zフ≧、三\::::::|≦ニ込≧トさ∨::::::::::::::::::::::,'
|:::::::::::∧:::::|三  三三三三l三ヽ::|三三「   三∨:::::::::::::::∨  「重ね重ねかたじけない」ペッコリン
|:::::::∧ニレ、}三  ム三ニニ|   ヽ三/    三∨::::|ス::∨
l::::∧:∨三l三  \ニニニ|      \      /三∨::l ∨

469 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 00:54:54.18 ID:RXweAZCCo

~大浴場~

ピチョーン

        ,..-―へ/ . : : :ヽー- 、
        彡';´.:/.: : : ; : : ヽ: : .、ヽ
         //: : i: : : : :ハハ: : ;ハ:i、 iヾ、
   ー--‐':´: : : : |: : : | |   ゙、: ! И人ト、  「ぶっひぇええええええええええ……」
   \__: : : /: :ヽ!、: |!    V     ハ
       / : /: : :/   r- 、 __, -‐'   !
        !:∠:イ´   丶、 _     _,..ノ
        |ハ:(        U   ̄ ̄   /
        |;ヘー\            /
            \: ;ヽ、   r--‐'′
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 なんだこれ。

 なーんだこれ。

 こーんなに気持ちいいの初めてぇ。

 思い出されるのは松実館の温泉だが、あの時とは俺のコンディションが違う。

 限界寸前に達していた肉体的疲労が解消されるのを感じる。

 パンパンに張り詰めていた筋肉が、ジワジワとほぐれていく。

 グレートですよ、こいつァ。

京太郎「しっかし広い風呂だなぁ……」

 何人同時に入れるだろう。

 独り占めなんて申し訳ないし、なんか勿体無いな。

京太郎「とか言って、誰かと一緒に入る訳にも」

ガラッ

京太郎「ん?」















       |    , ィ'' ´       `゛ ‐!::::::::/          __
       | , イ   _          |:::: />、   _ ,, -‐< ̄::::::::::::
       |'   , '"     ___  |:::/   ,>'"::::__:::::::::::::::::::::::
       |.  /, '   ¨ ̄゛ ''¬-ミヽ! 辷‐イ:::::::::::: __二 、:::::::::::::::
       | , '/             `ヽ マ " ̄ ̄ \     `丶、:::
       |' /  /  /  /       \ V      \      \
       |/  / ¨フナメ‐-、./ /         ぃ       .',
       |  /! イ/ l,」  〃メ     /l    `.|       l
       | ム」z弍ミ! |`ヽ!./   . /| !   .!        .l
       | .レ´ィV¨::ヾ㍉、| !ハ   .// j -.、  l.| .|       .|
       | {! f込::::::: リ !'ヽ ! |  イ/ x' | `メ/  |        |  「きたぞー!」
       |ヽ!弋-c:ン     、 .ム!_/ ハ イ,ヘ ,'   |    |
       ト、` "' ̄       ヽ|-ニミX/ノj ∨    ,'    ! |
       y 〉:::::        ,イ::::::::::ヾト / /   /    /.,'
       (_/ 〉     ,    f伀:::::;;ア |xイ/   /    /l/
       /_/}         ヽ,辷ン'ノ/イ   イ/  . /〃
      こ,-久    `      ゛   彡'´   彡イ ///´
.       Yヤ \       :::::  -二 -‐T フノ ,イ/ノ
       レ^ヽ  ` ―‐-  ,  イ / // ||..z'' イ彳
       (_ イ    /入  // /  !// .||   ! |

京太郎「んんん゛!!?」

524 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:03:24.07 ID:RXweAZCCo

衣「おお! ちゃんと元に戻ったな!」トテテッ

京太郎「……いやいやいやいやいやいや!」ズザザッ

 湯船を激しく後ずさる。

 この幼女、入ってきよった。

 男一匹沐浴中に。

衣「どうしたのだキョータロー? そんなに慌てて」

 不思議そうに首を傾げる天江さんは……裸、だ。

 裸に、重力を無視したタオルを纏わりつかせている。

 どうやってるんだろう。

 気になるが、それどころではない。

京太郎「ま、まずいですよ天江さん! 色んな意味で!」

衣「む? まずいのか?」

京太郎「すこぶるまずいっす! 男の入ってる風呂に一人で来るなんて……!」

衣「一人ではないぞ」

京太郎「ひょ?」

ガラッ





透華「こ、衣! 私が脱ぎ終わるまで待ってと言いましたのに……!」

京太郎「アイエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!?」

537 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:39:46.26 ID:RXweAZCCo

透華「ッ!///」サッ

京太郎「あ……っ」サッ

 タオルを巻いた身体を俺から隠すように抱く龍門渕さん。

 不躾に見ていては悪いと、俺も咄嗟に目を逸らした。

衣「見ての通り、トーカもいるぞ!」

京太郎「なんでいるんですか!!」

透華「そ、それは……」モジモジ

京太郎「それは?」

透華「須賀さんの背中を流してあげる為ですわっ!」

京太郎「だからそれがなんでだよ!?」

衣「衣はキョータローに背中を流してもらいたい!」

京太郎「あー、それはまあ、別に構いませんけど」

透華「むっ……ちょっと須賀さん、衣は良くて私は駄目ですの? これでも同い年でしてよ!」

京太郎「いや、それでも天江さんと龍門渕さんじゃあ訳が違……」チラッ

衣「」ツルーン

透華「」ペターン

京太郎「あ、やっぱ問題ねっす。お言葉に甘えまっす」

透華「………………なんかイラっと」キマシタワー

衣「はやく洗おう!」ワーイ

551 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 23:16:58.14 ID:RXweAZCCo

 そんなこんなで、

ワシャワシャ

衣「えっへへ~♪」ニコニコ

 洗う俺と、

ゴシゴシ

透華「ふんふ~ん♪」ルンルン

 洗われる俺だった。

京太郎「どうですか天江さん、痛くないですか?」

衣「遠慮は無用だ! もっと強くされても平気だぞ!」

京太郎「いや、それはちょっと……」

 躊躇われる。

 こんな小さな背中、細心の注意を払わないと洗えない。

 ていうか本当に小さいよなぁ。そして幼い。

 これで俺より年上ってんだから驚く。

 まんま子供だもん。穏乃の方がよっぽどオトナ(意味深)だ。

 いや、穏乃はあれで意外と色っぽいんだけどな。

 何気ない仕草にドキッとさせられることが、稀によくある。

554 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 23:57:45.25 ID:RXweAZCCo

透華「そういう須賀さんはどうですの?」ゴシゴシ

京太郎「んー、俺の方こそもっと強くても平気ですよ」

透華「あら、これでも強くしてるつもりでしたのに……こ、こうかしらっ?」ゴッシゴッシ

京太郎「いい感じですけど……無理はしないでくださいね?」

透華「のーぷろぶれむ! ですわ!」

 ありそうだけどなぁ、プロブレム。

 まあ、任せるとするか。

透華「んっ……んっ……」ゴッシゴッシ

透華「ふ、ぅ……っ」ゴッシゴッシ

透華「はぁっ……ぁ、っく……」ゴッシゴッシ

京太郎「………………」

 ほーら、あったよプロブレム。案の定だよ。

 何やってんだ龍門渕さん。

 何やらせてんだ俺。

 ド金持ちのド令嬢に息を荒げさせて奉仕させて。

透華「よい、っしょ……っきゃあ!?」ツルッ

ヌルッ

京太郎「ほあーっ!?」ビクッ

560 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 00:25:46.04 ID:FHah61uNo

 来たぜ、ぬるりと。物理的に。

 柔らかく、そして濡れている感触が。

 泡まみれの背中にぴったりと、密着するように。

京太郎「なっ、何をするだァーーーーーッ!?」

透華「ご、ごめんなさい! 力んだ拍子に滑ってしまって……///」アワアワ

京太郎「とにかく早く離れましょう!」

透華「そ、そうですわねっ///」サッ

 熱源が遠ざかる。

 それからまた、恐る恐るタオルが充てがわれる。

京太郎「え、まだ続けるんですか?」

透華「だ、だって須賀さんの背中、広くて大きいんですもの……」

衣「キョータローは手も大きいぞ!」

京太郎「そりゃまあ、お二人に比べれば」

衣「こんなに大きな手に触れられたのは、父君以来だ」

透華「……衣」

京太郎「?」

衣「だから今、衣はとっても嬉しい! 髪も同じ色で、まるで家族のようだ!」ニパー

「「な゛ぁっ!?」」

581 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 01:03:16.26 ID:FHah61uNo

京太郎「な、な、な……」ワナワナ

透華「何を言ってますの衣!///」ガーッ

衣「……? 衣は何かおかしなことを言ったか?」

透華「言いまくりですわ! そんな、私と須賀さんが夫婦だなんて、まだ会ったばかりですのに……///」モジモジ

 龍門渕さん、問題点そこじゃないです。

衣「こら、なんで衣が子供なんだ! 衣が一番おねーさんなんだぞ! 衣がおかーさんだ!」プンスコ

透華「えぇ? それはないでしょう……ほら、体型的に」

衣「でも衣の母君はもっとおっぱいおっきかったぞ。衣とトーカならいい勝負だ」ズバァッ

透華「ぬわぁんですってぇ!? 龍門渕家に代々伝わりし寄せて上げるテクニックをナメんじゃないですわよ!?」ムッキー

京太郎「お、落ち着いてください龍門渕さん!」

透華「私は落ち着いていますわ!!!!!」

京太郎「声量が穏やかじゃないっす!」

透華「いいえ冷静ですとも! その証拠に、これから大事な話をしますわ!!」フンス

京太郎「え、今ですか……?」

透華「今ですわ!」

透華「……」

透華「――」



透華「ごめんなさい、須賀さん」ペッコリン

584 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 01:27:02.33 ID:FHah61uNo

京太郎「え?」

 突然の謝罪。

 振り返ることは出来なかった。

 龍門渕さんの手が、タオル越しに背中に触れたままだったから。

衣「トーカ?」

京太郎「どうかしたんですか……?」

透華「……ハギヨシに聞きましたの。貴方の事情を」

京太郎「え」

 俺の事情。

 マネージャー業の為に執事の仕事を学びたいという、動機。

京太郎「マジすか」

 ちょっと恥ずかしいぞ。

透華「ええ。ですから、まずそれについて謝罪を」

透華「それと……」

京太郎「まだあるんですか?」

透華「……向上心が足りないなんて言って、ごめんなさい」ペッコリン

585 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 01:50:59.44 ID:FHah61uNo

透華「須賀さんは立派な方ですわ」

透華「自分が目立つ為ではなく、誰かの力になる為に……」

透華「そんな理由でハギヨシの特訓に耐えるなんて、常人には出来ませんもの」

透華「その覚悟を見抜けず、礼を欠いた振る舞いをしたことを、改めて謝らせてくださいまし」

透華「ごめんなさい、須賀さん」ペッコリン

京太郎「……もしかして、それを言う為だけに風呂場まで突撃してきたんですか?」

透華「あ、いえ、それは……」ゴニョッ

京太郎「?」

透華「……実は私、割と強情っ張りな性格をしていまして……」ゴニョゴニョ

京太郎「それは把握してます」

透華「裸の付き合いなら、素直に気持ちを伝えられるかと思いましたの!」

 この人アホだ。

透華「……あと、身を以ってラブコメを体験してみたかったですし……///」ボソッ

京太郎「え? なんだって?(難聴)」

衣「衣には聞こえたぞ!」

593 名前:6月8日(土)[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 02:22:49.37 ID:FHah61uNo

京太郎「え? なんですって?(確認)」

衣「んとねー」

透華「いいい言わなくてよろしいですわッ!」アセアセ

透華「とにかく裸の付き合い! 裸の付き合いがしたかっただけですわ!」

京太郎「裸裸って、タオル巻いてますけどね」ハハハ

透華「ッ!」ピタッ

京太郎「ん?」クルッ

 息を呑む気配に振り返る。

 背中の手は、いつの間にか龍門渕さんのタオルの結び目に添えられていて、

透華「………………これすらも脱げと?」プルプル

京太郎「すんません言葉の綾です!!」

 しかし赤面涙目の龍門渕透華嬢は止まらない。

透華「い、いいえっ、須賀さんの指摘にも一理ありますわ! ここは私も覚悟を決めて……!///」グッ

京太郎「そんな覚悟はいりませんから! 気を確かに持ってください!」ガシッ

透華「ひゃあっ!?/// だめっ、今は結び目が緩んで――」

ハラッ

透華「ぁ……っ///」

ガラッ










憧「京太郎! まさかとは思うけど透華さん達いないわよね!?――あ゛」

一「透華、衣! まさかとは思うけど須賀くんはいないよね!?――あ゛」










衣「おお! お前達も背中を流してもらいにきたのか?」

京太郎「あ゛ぁ~」

 このあと滅茶苦茶ボコられた。

【TO BE CONTINUED...】