突然の哩姫2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

709 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2013/10/31(木) 01:19:33.40 ID:CEsEFozEo

姫子「ぶちょーばっかいズルか!」

京太郎「藪からスティック二本目」

姫子「私もきょーたろーくんに色々して欲しかとけ……」シュン

京太郎「姫子さん……。分かりました、何かして欲しいことがあったら言ってください!」

姫子「よ、よかと?」

京太郎「もちろんです」ニコッ

姫子「ぁ……じゃあじゃあ、そのぉ……な、なんかかってきて、欲しか///」モジモジ

京太郎「行ってきます!!」ドヒューン

姫子「あれっ!? なんで、どけ行くと!? きょーたろーくーん!」

~数分後~

京太郎「お待たせしました姫子さん! 姫子さんの好きそうなお菓子、手当たり次第買ってきましたよ!」

姫子「ぎょーだろーぐんのあほぉ゛~~~」メソメソ

京太郎「アレェ!?」

なんかかってきて≠何か買って来て
なんかかる=よりかかる・もたれかかる