前髪ダサくても恋がしたい!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

820 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 21:31:30.57 ID:d/1Ck0HBo

ワイワイ   ワイワイ
 ガヤガヤ  ガヤガヤ

京太郎「……ん?」キョロキョロ

京太郎「今朝はやけに静かだと思ったら……アイツがまだ来てないのか」

京太郎「珍しいな。この時間には大体いるのに」

京太郎「あのバカに限って風邪なんてひかねーだろうし、寝坊か?」

キーンコーン カーンコーン
  キーンコーン カーンコーン

京太郎「あーあ予鈴が……こりゃ遅刻決定かな」          コソコソ...

京太郎「ん?」クルッ

サッ

京太郎「……気のせいか」     コソコソ...

京太郎「んん?」クルッ

ササッ

京太郎「……まだ寝ボケてんのかな俺」   コソコソ...

京太郎「――とでも言うと思ったか! かかったなアホが!!」バッ

821 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 21:35:44.94 ID:d/1Ck0HBo

???「ッ!」































                     \       ヽ           |        /        /
                         \      ヽ               /      /
                ‐、、   殺 伐 と し た 教 室 に S S S が ! !   _,,-''

                                       ¨ ̄ ̄ ̄¨  、
                                    /   _/ ̄} ̄`ー-、
                                 /  ./ /{____:}⌒ _  \         _/\/\/\/|_  
                                   /  ./ /└.//-‐ /l \  \       \          /
                              |  |. /'‐-//  |. / .i-‐''\  \      <ハーベストタイム>
                              /   .| {.〃⌒ヽ |/〃⌒ヽ |:|   》     /          \
                              //   ./| |.{i. (^ノ i}  {i (^ノ i}リノ  /       ̄|/\/\/\/ ̄ 
                  -‐=ニニ二二二二二二 /   ./:::|::::ヾ 二ノ  ヾゝ.イ|: /
.              /                  /   ./:: ∧::∧  丶 フ   |:|r,人
              ((                  //   ./::::/::::\. \┌--‐ /「/^i \
.              ヽ             /.::/   ./ /:     ‐-┐ヽ. /  {  ヽ\ 二二二ニニ==‐
                      /..::::/   /:〈     -==}  i}     }   .}\\         ヽ
                     / //   /  :∧:::} : // ̄\/   /  /   \\           ノ
                    / /.::/   /   /∧{ : {.{\.   \/  /     \\      /
                    /    ./|   /     //└-=:\\     /           \\
                 (    (.  |   /     ::/:::∧:::::::〉 \/             ) )
                       ヽ   } / ̄{{__     .// }::: /               //
                    \ /  :. \..   ´   《∨                  /
                       /    .|::.  -===={ }=r‐-==‐-┐
                   ノ     {/\  /   /    / ̄  ‐-
               -‐=='´         ∨/ ‐-‐::::::/      /        }
             <      i/          ∨///  /      /            |
                \   i            ∨////  {  /‐-===┐    :|
                 \           ∨//    ヽ../     }      :|
               /\          |-‐  ̄ ̄               |
               /|::::::::: \__  -===┘                :  ̄ ̄|
               /  \:::::::                                |
.            /    ,.  `                        |    | 
         /   ,.  `                              |.   |
.      rr/     `                             |.  :|
.    / {冂./                                 |   |
   /  /                                     }   |                  -59400
.   {{.   {                                      {二二二ヽ_
.    \__〕                                  {_____〕

                ''''''''''''''''''''      ,,,,   ll
               ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,    llll   ll
              '''''''''''''''llll''''''''''''     lll   lll    ,   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                  ,ll'         ,ll'  llll   ,,,'''
                  ,ll'         ,ll'    ll,,,,l''''
                   '''          ''

京太郎「」

825 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 21:47:02.75 ID:d/1Ck0HBo

淡「……」

京太郎「……」

淡「…………………………ふぅ、危ないところだった」キリッ

京太郎「おい」

淡「あわっ!?」ビクッ

京太郎「なーに上手いこと誤魔化せた風に振る舞ってやがりますかねお前は。あぁん?」

淡「な、なんで!? 100点満点の完璧なカモフラだったはずなのに!」

京太郎「その自信はどこから来るんだよ」

淡「だって須賀、振り向いても何も言わなかったし……」

京太郎「ツッコミどころが多すぎて言葉を失ってたんだよ!」

淡「がーん!?」

京太郎「まずお前は弘世部長でも宮永先輩でも尭深先輩でもないだろ! あと亦野先輩のことはもう許してやれよ!」

淡「ち、違うし。私は高校100年生の超新星美少女大星淡ちゃんじゃないし」ヒューヒュー

京太郎「俺はお前をまだ一度も大星とは呼んでねーぞ」

淡「ハッ!? だ、騙したな!」

京太郎「騙してない。あと口笛吹けてねーぞ」

淡「ハッ!? だ、騙したな!」

京太郎「騙してない」

828 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 21:56:51.02 ID:d/1Ck0HBo

淡「そんなぁ……須賀ごときにハメられるなんて……」グスッ

京太郎「人のこと泣く程ナメてんのか」

淡「だって須賀だし」

京太郎「はいはい。つーか、そんな悪目立ちして何をカモフラージュしたいんだよお前は……ん?」

淡「っ!」ビクッ

京太郎「言動に気を取られてたけど、よく見てみると……」ジロジロ

淡「な、なによ。女の子の顔ジロジロ見んなっ」

京太郎「なんだそのヘアピ」

淡「ヒャー!」

京太郎「ヘア」

淡「わー!」

京太郎「ヘピ」

淡「へうっ」

京太郎「(ちょっと楽しいな)」

832 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 22:11:34.87 ID:d/1Ck0HBo

淡「もー! 意地悪しないでよ!」

京太郎「ヘアピン珍しいな」

淡「わぁー不意打ち!?」

京太郎「何がだよ……」

淡「もうっ! どうして人が気にしてること言っちゃうのバカ須賀!」

京太郎「いや言われたくないならしてこなきゃいいだろアホ大星」

淡「ちーがーうーのー! ほんっと乙女心が分かってないんだから!」プンスコ

京太郎「分かって欲しけりゃリントの言葉で喋れや!」

淡「ッ……………………………………………………がみ」ボソッ

京太郎「え?」



淡「ま・え・が・み! 切るの失敗しちゃたから見られたくないの!」



京太郎「しょうもなっ」

淡「しょうもなくなーい!」ムキー

836 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 22:28:58.24 ID:d/1Ck0HBo

京太郎「だってお前、つまりアレだろ? その前髪をどうにかしようと思って遅刻寸前だったんだろ?」

淡「そうだけど……」

京太郎「それがしょうもなくなかったら何がしょうもなくなくないんだっつー話だよ」

淡「だってだって!……本当に見られるの嫌だったんだもん……」シュン

京太郎「え」

淡「ねえ、学校って前髪ダサくても来ていいのかな……?」

京太郎「当たり前だろ!?」

淡「ほんとに……? 校則違反だったりしない……?」ビクビク

京太郎「(なんだよ大星のやつ……普段とは別人みたいに弱気になってるな……)」

京太郎「(自信なさげに俯いて、周囲の目を気にしてオドオドして……)」

京太郎「(前髪ひとつでここまで落ち込めるのも凄いが……なんか調子狂うな)」

淡「やっぱ今からでも帰ろっかな……」ソワソワ

京太郎「あー待て待て! そんなことしたら後で弘世部長から大目玉だぞ!」

淡「やだ! 目玉やだ!」ヒィッ

京太郎「だろ? だから嫌でも辛抱しろって。ちょっとなら俺もフォローしてやるから」

840 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 23:06:00.86 ID:d/1Ck0HBo

淡「ほ、ほんと? ほんとに助けてくれるの?」

京太郎「ああ」

淡「その無駄にデカい図体で私のこと隠してくれる?」

京太郎「無駄には余計だ」

淡「宿題やってないんだけど写させてくれる?」

京太郎「それは俺もやってない」

淡「なにそれ役立たずじゃん!!」

京太郎「うるせえ! まず感謝の言葉も出てこねーのかお前は!」

淡「う゛っ。ぅー………………す、須賀」

京太郎「あん?」

淡「その、えと……」ゴニョゴニョ

京太郎「?」

淡「………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………ありが、と」フイッ

京太郎「お、おう」ドキッ

淡「……」

京太郎「……」

ガラッ

担任「はい皆おはよう。早速ですが昨日の課題を提出してくださーい」

「「あ゛」」

843 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 23:57:38.22 ID:d/1Ck0HBo

ガミガミ...

淡「須賀のせいで怒られた!」

京太郎「自業自得だろ! 俺もお前もな!」

担任「はいそこ静かに。このまま授業に移りますよ」

淡「あっせんせーすいませーん」

担任「どうしました大星さん?」

淡「後ろの席に移動してもいいですか?」

担任「席を……? どうして?」

淡「それは……」ウーン

京太郎「(おっ早速フォロー事案か? やれやれ――)」

淡「目が良くなったので!」

担任「」

京太郎「」

淡「」キリッ

845 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 00:41:40.89 ID:IEcuHlsbo

担任「……良くなった。目が?」

淡「メガ良くなりました! 視力100くらい!」

担任「すごい」

淡「だから今の席じゃ見えすぎちゃって! 須賀の後ろに移動させてくださーい」

担任「うん……先生は構いませんよ……」

京太郎「(先生が死んだ目に……)」

淡「やたっ♪ 机とおりまーす」ガタガタ

ガタン

京太郎「……」チラッ

淡「♪」ブイッ

京太郎「(もうコイツ一人でゴリ押し出来るんじゃないかな……)」

担任「先生は授業を始めますよ……」

……
…………
………………

淡「須賀がいるせいで黒板全然見えなかったじゃんバカー!」

京太郎「バーカ」

871 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/31(日) 22:09:08.79 ID:aSXmL6OCo

……
…………
………………

キーンコーン カーンコーン
  キーンコーン カーンコーン

男子「須賀ーメシいこーぜ」

京太郎「おー」ガタッ

クイッ

京太郎「おおっ?」ヨロッ

淡「……」

京太郎「なんだよ大星、シャツ引っ張んなよ伸びるだろ」

淡「じー……」

京太郎「いやだから言いたいことがあんならハッキリ……ってまさか」

淡「じぃーー……」

京太郎「う゛……」

淡「じぃーーーっ……」

京太郎「ッだー! 分かった分かりました、一緒にメシ食えば満足だろうが!」

淡「!」パァッ

京太郎「悪ぃ、つー訳だからさ」

男子「須賀がなるべく惨たらしく死にますように」

872 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/31(日) 22:26:08.10 ID:aSXmL6OCo

~屋上~

ビュオオオ...

京太郎「ひとつの友情の終わりを感じる……」

淡「もー、須賀ってばいつまでウジウジしてんの」

京太郎「誰のせいだと思ってんだ」

淡「この大星淡ちゃんとお昼ごはん食べられるんなら友達100人ぐらいなくしても大丈夫でしょ!」

京太郎「お前のその自信はいっそ清々しいよ……」

淡「須賀だけに?」

京太郎「やかましい」

淡「あ、でも……」

京太郎「?」

淡「こんな前髪ダサい私とお昼なんて食べても嬉しくないよね……迷惑だよね……」ズーン

京太郎「お前いきなり自虐モード入んのやめてくれる!?」

874 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/31(日) 22:52:44.10 ID:aSXmL6OCo

淡「だってぇ」グズグズ

京太郎「グズるなグズるな。別に迷惑とかじゃないし、ちゃんと一緒にメシ食ってやるから」

淡「ほんとに?」

京太郎「ほんとだっての。だからちょっと待ってろ」スッ

淡「えっどこ行くの!?」

京太郎「どこって、購買だよ購買。今日弁当持ってきてなくてさ」

淡「だめ!」

京太郎「ダメ!?」

淡「須賀が行っちゃったら私一人になっちゃうしっ」

京太郎「……お前も来れば?」

淡「人多いとこやだ……」

京太郎「どないせーと」

淡「……わ、わわ……」

京太郎「WA?」



淡「私のおべんと食べさせてあげる!」



877 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/31(日) 23:26:18.58 ID:aSXmL6OCo

京太郎「は……!? ちょいタンマ大星、どうしてそうなった?」

淡「だってそれなら須賀がどこにも行く必要ないじゃん!」

京太郎「考慮すべき点が他にもあるだろ!?」

淡「もーうっさい! 食べるの? 食べないの!?」

京太郎「食べる以外の選択肢だとお前100%ゴネるだろーが!」

淡「!……にゅふふ、分かってんじゃん!」

京太郎「残念ながらな……」

淡「じゃあ、はい」スッ

京太郎「はい?」

淡「はい、あーん」

京太郎「はいィ!?」ガタッ

淡「え、なんでそんな大声?」

京太郎「なんでって、自分が何やってるか分かってんのか……?」

淡「私が? うーん……」

京太郎「……」

淡「……………………………………………………はぅあ!?///」ボフンッ

881 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/05/31(日) 23:55:58.31 ID:aSXmL6OCo

京太郎「……」ジトー

淡「ちがっ、ちがうもん! 「食べさせてあげる」って言っちゃったから頭の中あーんしか浮かばなくって……したかったとかじゃないもん!」

京太郎「ああうん大丈夫お前が考えなしに行動するスカポンタンなのは嫌ってぐらい身に染みて分かってるからから次から気をつけモガァ」

淡「どう!? おいしい!? おいしいよね!?」グイー

京太郎「無許可で人の口に物を突っ込むんじゃあねえーッ! 今お口喋る番! 食べる番じゃないの!」

淡「うっさいばーか! お次は玉子焼き食らえっ!」ズボォ

京太郎「ンゴッ……あ、うめえ」ゴクン

淡「ほんとっ?」

京太郎「おう、これ作ったの大hそんなわけないか(笑)」

淡「せめて最後まで言ってよ!!」

京太郎「これ作ったの大星?」

淡「お母さんだけど」

京太郎「(失笑)」

淡「ムキー! じゃあ次は――」

……
…………
………………

淡「私のおべんとほとんど須賀が食べちゃったじゃんバカー!」

京太郎「お前ってほんとバカ」

907 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/07(日) 22:33:49.65 ID:STIypqd6o

……
…………
………………

キーンコーン カーンコーン
  キーンコーン カーンコーン

京太郎「放課後……か」チラッ

淡「う゛~……」ウジウジ

京太郎「(中々席から離れようとしないな……)」

京太郎「(いつもなら一番に教室を飛び出すクセに……)」

京太郎「(……やれやれ、だな)」

京太郎「大星」

淡「なっなに?」ビクッ

京太郎「今日の部活だけどさ」

淡「う、うん……」ビクビク

京太郎「サボっちまうか」

淡「へっ?」

910 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/07(日) 23:12:19.30 ID:STIypqd6o

京太郎「どうせ部活に出たって集中なんて出来ないだろ? だったらさ」

淡「でも……」

京太郎「どうした?」

淡「高校100年生の淡ちゃんはともかく激ザコの須賀に部活サボらせるのは悪いし……」

京太郎「傲慢なのか謙虚なのかわっかんねーなそれもう!!」

淡「ほんとのことだし……」

京太郎「だとしても気にする柄かよ……いいんだよ俺は。乗りかかった船だし、今のお前ほっとくのは怖ぇしな」

淡「須賀……」

京太郎「どうする? 今なら俺から弘世部長に連絡するサービス付きだぞ?」

淡「…………………………ありがと」

京太郎「決まりな。それでは参りましょう、お姫様」スッ

淡「あわっ!?///」ドキッ

京太郎「なんつってな――大星?」

淡「い……」

京太郎「い?」

淡「今のもっかい言って!///」ドキドキ

京太郎「さっさと鞄持てやアホ」

913 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/07(日) 23:54:13.68 ID:STIypqd6o

~校外~

テクテクテク...

京太郎「ほい、送信完了っと」メルメルメー

淡「菫せんぱい怒るかな?」

京太郎「具合悪いってことにしたから大丈夫だとは思うけどな」

淡「おおっ策士」

京太郎「それに俺がお前の味方をするなんて珍しいからな。多分バレないだろ」

淡「……須賀」

京太郎「あん?」

淡「どうして……どうして私の味方をしてくれるの?」

京太郎「お前から頼んできたんじゃねーか」

淡「どうして頼みを聞いてくれたのって意味!」ムキー

京太郎「そういう意味なら……そうだなぁ……」ウーン

淡「……」

934 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/11(木) 23:12:54.89 ID:5dHr52NWo

京太郎「強いて言うなら……自分の為だわな」

淡「須賀の?」

京太郎「おう。なんつーか、お前にしおらしくされてると調子狂うんだよな」

淡「う゛っ」

京太郎「振り回されるのも疲れるし――って別に普段も振り回されてるか」

淡「そ、そうだよ! いっつも振り回してあげてんじゃん!」

京太郎「なんで恩着せがましめなの?」

淡「だって事実だしっ」

京太郎「はあ……いや、それもそうだな。実際そうだわ」

淡「え?」

京太郎「振り回されるなら元気なお前の方がいくらかマシだって意味だよ」ニッ

淡「ッ」ドキッ

京太郎「ま、結局そこまで髪型に一喜一憂する気持ちは分かんねーけどな」

淡「むっ。まだ言う!? どーして分かんないかなー!」プリプリ

京太郎「いや分かんねーって。だって――」















京太郎「――別に今のお前(の髪型)も好きだし」















淡「ほに゛ゃあっ///!!?!?!???!!!?!」ズキューン

940 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/12(金) 02:00:05.77 ID:B/69YW27o

淡「す、好きって……好きって……!///」カァーッ

淡「(どどどどどどどどどーゆーこと!?)」

淡「(須賀が……私のこと……~~~ッ///)」

淡「(えっ……えーっ!?///)」

淡「(うそうそやだやだいやこれはそういうやだじゃなくてっ)」

淡「(でもだってなんで? 須賀のやつそんな素振り……全然――)」ハッ

淡「(あの日……ファーストキス……)」グルグル

淡「(胸……お尻……ほっぺも……)」グルグル

淡「(金髪……イケメン……意地悪だけど優しい……)」グルグル

淡「(――じゃあ、須賀のやつほんとに私を……私、は……)」グルグル

京太郎「大星?」

淡「えっあっ………………、わ」

京太郎「わ?」















淡「わ、私も好き!」















                     ?

                ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、
               /_,..-         ヽ  `  、
             / /´     /    ∨   \
                ,  ´      / ,'     :    、 ヽ
           /   ,    , / /|  |  :.  | | |    ∨
         _/   / /  |_|__'_|  |   _}_|_|_| |  | :
         ̄ ̄´/ イ '  { ´| |/__{  |: , ´/}/_}∧ |  | |
            / / , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
            / イ ∧{ 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
            ´/イ }从lム     ; \     ,ノ /  \
                    | ∧          ∧,イ
                   Ⅵム    -  -    イ //
                _ヽl\       //イ__
                |////} `  ー  ´「////|
                |////|  :.   / |/[__}/|
                ,...<////∧  ,     |/////> 、
          , <///////////\   ///////////> 、
        , </////////////////}____{/////////////////> 、
      //////////////////////|    |////////////////////∧
       {/////////////////////∧  ,'//////////////////////}
       |//////////////////////∧ ////////////////////////|

952 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/13(土) 07:15:07.98 ID:ZKU/Gjv4o

淡「///」プルプル

京太郎「えー、っと……嫌いだったんじゃないのか?」

淡「そ、そんなことない! 確かに最初は嫌いだったかもしれないけど……」

京太郎「しれないけど?」

淡「ちょっとずつ嫌いじゃなくなってきてたっていうか……きっと、ずっと前から好きだったの!///」カァーッ

京太郎「ずっと前から……?」

淡「///」コクコク

京太郎「でも、前髪失敗したのって昨日だろ?」

淡「えっ?」

京太郎「え?」

淡「え?」

京太郎「え?」

淡「………………え?」

京太郎「え?」

























         /               ヽ \
            /   ./              :.
        /   ′ /|     :∧         ::.
.       / 7  | ./ !     | ∨    |    |
       ′ !   | / ̄`∨   |´ ̄Ⅵ    |     |
       |  |   r≠ミ、∨  | r≠ミx   |     |
       |  |  从 r':::::}!八  〃r'::::::}!》  |     |   「えっ……?」
       |  |  ハ弋)ソ   \{ 弋)ソ |   |     |
       {  |   :i ,,,  ,     ,,,, /  八   !
.        |   :}          /7 /     |
        八   人   v  フ   / /}    八
         \{\( >...       仏イ/    /:  \
.           /    ≧ー <    |/   /:    \
          /   厂 ̄ |      /   /:.      \
         //   /   /|    /   ∧::..       ::.
.      //'    /   ∧   //   /  \::.      |
.     // /   /   /\  / /   /    \::.    |
     l(  /   /   /  /   /   /        \:..   |

981 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/18(木) 21:40:17.40 ID:lzucfxHVo

……
…………
………………

京太郎「……あー……」

淡「あ゛ーーーーーっ!///」

京太郎「まあ……その……なんだ。そろそろ落ち着けって」

淡「あ゛ーーーーーっ!/// ア゛ーーーーーーーーーーッ!!///」グネグネ

京太郎「落ち着けって」ズビシ

淡「んに゛ゃう!?」

京太郎「ったく……お前って本ッ当に……」

淡「な、なによぉ……」

京太郎「アホだな」ズバァッ

淡「なによー! そんなこと言われなくても分かってるもん! 自分でもやらかしたって思ってるもん!」

京太郎「だったら」

淡「でも気付いちゃったんだもん――須賀のこと、好き、なんだって」

京太郎「!」

淡「……そうしたら、黙ってなんていられなかったんだもん」グスッ

983 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/18(木) 21:57:24.40 ID:lzucfxHVo

京太郎「……あー……」

淡「……」

京太郎「………………大星」

淡「……なによ」

京太郎「いや……あのな。こういうこと、後出しで言うのも卑怯だと思うんだがな……」

淡「……?」





                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |   「好きだぞ。俺も、お前のこと」
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、





淡「――」

京太郎「ッ恥ず……やべえなこれ、心臓がバクバク言ってら」

淡「ちょちょ、タンマ! 待って! すとーっぷ!」

984 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/18(木) 22:42:22.06 ID:lzucfxHVo

京太郎「なんだよ?」

淡「なんだじゃないっ! 須賀こそなによ!」

京太郎「何って、だから好きだって」

淡「あわあっ!///」ボフンッ

京太郎「うし、二回目は俺からだ。これで恥かかせちまった分の埋め合わせは出来たかな」

淡「いッ、いぃいいいきなり言ったって信じてあげないんだからね!!」

京太郎「仕方ねーだろ、俺だって気付いたら黙ってられなかったんだよ」

淡「はぅ……」

京太郎「お互い素直じゃなかったみたいだな、俺達」

淡「……須賀ぁ」

京太郎「ムードの欠片もない展開で悪いけどよ、そこは今後に期待っつーことで……ダメか?」

淡「……」

京太郎「……」

淡「……だめじゃ、ない」

京太郎「!」





淡「ぜんぜん、だめじゃない。前髪ダサい私でよければ……付き合ってくださいっ!」





988 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/18(木) 23:14:32.01 ID:lzucfxHVo

京太郎「こちらこそ、こんな俺でよければ」

淡「す、須賀じゃないとダメだもんっ」

京太郎「……素直すぎるのも違和感ハンパねーな」

淡「言わないでよバカ!//」カァッ

京太郎「おっ、そんな感じそんな感じ。少しずつ恋人らしくなっていこうぜ」

淡「少しずつでいいの?」

京太郎「お前も恥ずかしいだろ? 友達とか、部員とかにバレたら」

淡「う、うん。特に虎姫のみんなは……」

京太郎「宮永先輩とか?」

淡「だめっ!」

京太郎「尭深先輩と亦野先輩」

淡「だーめー!」

京太郎「弘世部ちょ」

淡「絶っっっっっっっっっっっっっっっ対だめ!!!」クワッ

京太郎「………………せめて俺だけでも優しくしたげよ」

淡「あわ?」

京太郎「なんでもない、気にすんな。じゃあ、しばらくは俺達が付き合ってるってのは内緒な」

淡「いえっさー!」ビシー

989 名前:某月某日(EX)[saga] 投稿日:2015/06/18(木) 23:23:51.13 ID:lzucfxHVo

……
…………
………………

 その後、

京太郎「ちわー、じゃじゃ馬お連れしましたー」

淡「あわ~」ゴロニャン

菫「来たか淡。具合はもういい……のか……」ジー

京太郎「弘世部長?」

菫「あ、ああ、いや、なんでもない。いつも悪いな須賀」

京太郎「慣れてますんで。また宮永先輩の卓へ?」

菫「頼む。……」ジー

京太郎「りょーかいでっす。ほれ行くぞ大星」

淡「連れてきたいなら手ー引っ張ってー」

京太郎「へいへい。卓についたら真面目に部活するんだぞ?」

                        ____
                      ´      `丶
                    /              \
                        /        \    ヽ
                 /   ,イ            ヽ    .
                     // |  |   ' ト、           .
                 j/  ;  |  | │:!∧     i    :
                /  i |¬|ト│ |八--:一   i    i
                .:   Ν 八八 Ⅴ´\ハ         |    | ┼ __ | \ (⌒⌒)
               i:  Λ x= ミ \ル‐ =ミV:| │  i │    レ(ノ\    レ 丿 \/
               | i  iハ   .       |.:| │  i │
               | i  i:  :. "       ""  ; :| .:|  i :.
               | i:. ∨込.  マ::::フ   / イ :リ  i  :.
               人八 ∨ 个ト  ,,_  <「∨ :/i   i  :.
                    /\[  |  __j_」   ∨∠:リ  リ   ::、
                /  リ jレ'´ 乂    У∨   ∧     \
                  /  /  /ー  --/ /  /⌒>、    \
                  / / /  /   广⌒゙ア  /  ///⌒\   \
            /     /   /  /   /  厶イ     ,  \ \
                 /   イ\   ,゙ /   __/   {//       |   \ \
             //  /イ 「\\_/  .:::´:::八 ∨ ′     | \      ヽ
              (/ ノ   人;::::\[__/ ::::::/::/ \∨{        人     ∨)_ノ
           \{    /   >::[_[\__;;;/    )У       〉   ト、 │
                 \__{ /::::::::几::::::\      〈          /|   |ハ |
                    [__∨::::::::∨| \::::::丶    込,,______ノ |  /  ∨
                   |__7 :::::::: ノ│  〈:::::::::|    〈 [_____________〕 |  ,   /

尭深「……」

誠子「……」

照「……」モグモグ

 滅茶苦茶すぐバレた。

【THE END】