interlude

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

649 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 01:06:57.44 ID:OLNCykF5o

《高鴨穏乃》

穏乃「まじかるまーじゃんふふんふーん♪」ルンルン

穏乃「ダンベルにー、プロテインにー、エキスパンダーにー」ゴソゴソ

穏乃「あとは何を持って行こうかなぁ……」ウキウキ

穏乃「それにしても……むぁー! 合宿楽しみー!」ゴロン

穏乃「いっぱい打っていっぱい遊ぶぞー♪」パタパタ

穏乃「なんせ十日間もあるんだもんねっ。その間みんなや京太郎と一緒なんて最高!」パァッ

穏乃「……あれ?」ハテ

穏乃「なんで今、みんなと京太郎を分けちゃったんだろ……?」コクビッ

穏乃「京太郎だって大切な麻雀部の仲間なのに……」ウゴゴ

穏乃「うーん……」ウゴゴゴゴ

穏乃「………………まっいいや! 仲間外れにしてごめんね京太郎っ!」ペッコリン

穏乃「さー謝ったし明日の準備の続き続き!」ガバッ

穏乃「おやつにー、リストバンドにー、アヒル隊長にー」ゴソゴソ

【TO BE CONTINUED...】

661 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 07:32:59.62 ID:mH41HfO1o

《松実玄・松実宥》

カポーン

宥「はぁぁぁ……あったかーい……♪」

玄「おねーちゃーん、そろそろ髪洗お?」

宥「もうちょっと待って~」チャプチャプ

玄「もー、お風呂上がったら明日の支度もあるんだよ?」

宥「だってぇ……」

玄「合宿は十日間もあるんだから、綺麗にしとかないとダメですのだ!」メッ

宥「ぅう……はぁい」ザバッ

ストン

宥「じゃあお願いね、玄ちゃん」

玄「おまかせあれ!」

662 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 07:33:39.72 ID:mH41HfO1o

ワシャワシャ...

玄「合宿楽しみだねー」

宥「そうだねぇ」

玄「みんなとご飯やお風呂やお布団が一緒なんてワクワクするよねっ」

宥「みんな……」

玄「おねーちゃん?」

宥「京太郎くんも、いっしょ?」

玄「ふえ゛っ!?///」

宥「いっしょだったら、あったかいかなぁ……」ポワ

玄「だだっだめだよおねーちゃん! そんな、京太郎くんと一緒だなんて!」

宥「だめなの?」

玄「だめだよぉ! だってだって京太郎お兄ちゃんは大人なんだから私やおねーちゃんと同じお風呂なんて……お布団なんて……は、はわぁー!!///」ザッパーン

宥「わぷっ……あったか~い」ポワワ

【TO BE CONTINUED...】

675 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 07:34:40.22 ID:ln64UxFBo

《鷺森灼・レジェンド》

レジェンド「快晴!」ブォン

レジェンド「灼熱!」ブォン

レジェンド「いーずーれーもーレッ、ジェーンド!」ブォン

レジェンド「仮面雀士~~~~~~~~~~」ブォンブォンブォン

レジェンド「レジェンドー!」パラリラッ

レジェンド「……っていう、まったく新しいオリジナルヒーローを考えてみたんだけど、どうかな?」

灼「……」

レジェンド「どう? どうなのよ?」

灼「いいよハルちゃん! 気に入った!」

レジェンド「マジすかッ!?」

灼「あっ……ヤバイ! スゴクいいッ! 激ヤバかもしれないッ! 耳にこびりつくんだよ! パラリラのとこが。傑作っていうのかな……クセになるよ! 沖縄なら大ヒット間違いないかも!」

レジェンド「マジすか!! マジそう思う? 実はひそかに私もそう思うのよ。だろォ~~~!! スーツ作れる? 快晴!」ブォン

灼「灼熱!」ブォン

キャッキャッ

ばばたそ「もう寝なさーい」

【TO BE CONTINUED...】

688 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 07:46:42.47 ID:07H9Avy5o

《新子憧》










憧「あああああもうこんな時間なのに明日着ていく服がぜんっぜん決まらないいいいいどうしようどうしよう明日の分も決まらないのにそれを十日分なんて着回しの利くコーデにも限度があるしどんなのなら喜んでもらえるとかも分かんないしそもそも服以前に下着だって選ばなきゃだし………………お、おねえちゃーーーーーーーーーーん!!!」










【TO BE CONTINUED...】

703 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/14(火) 07:46:01.33 ID:FVz0tA4xo

《須賀京太郎》

京太郎「うし。準備完了、っと」

 ボストンバッグのファスナーを閉めたら、その重い荷物を枕にして深呼吸。青空にはならない。

 夏の夜はとうに更けていて、明日のことを考えれば今すぐにでも寝るべき時間になっていた。

 が、

京太郎「合宿かぁ……」

 明日のことを考えれば考える程、興奮してしまい眠気も吹き飛ぶ悪循環。

 ところで「○○かぁ……」ってセリフ、さっきも言ったような気がする。

 憧が訪ねてくる直前だったのでせいぜい二時間前か、あるいは九ヶ月前に。

 うーむ、まさに光陰矢の如し。

京太郎「って」

 アホなことばかり考えてないで行動しよう。

 合宿初日から寝不足とか、マネージャー失格だ。

 俺は皆の夢を支える為にいるんだぞ、と自分に言い聞かせる。

 のそのそ寝室に移動しベッドへダイブ。

 枕を枕にして深呼吸。青空にはならない。

704 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/14(火) 07:46:51.04 ID:FVz0tA4xo

 で、

京太郎「……合宿かぁ」

 まだまだ引っ張る。

 それだけ期待しているのだ。

 なにせ高校最初の夏休みに、校内で指折りの美少女達と十日間も寝食を共にするのだから。

 期待しない方が嘘だろう。

 あわよくばしっぽりむふふといきたいものですな。

京太郎「………………」

 いかんいかん。

 ちょっと浮かれすぎだ、俺。

 あくまで目的はインハイ前の集中強化。

 憧はもちろん穏乃達にとっても大事な、貴重な時間だ。

 下心は程々に、皆の力になれることを喜ぶべきなのだ。

 憧と良好な関係を築けているからといって、増長しては元の木阿弥だ。

 こんな時こそ気を引き締め、真面目に誠実にマネージャー業に取り組むべきだろう。

京太郎「……、よしっ」

 俺の戦いはこれからだ。

 明日勝つ為に、










            _,...---、_,.、
           / : /: : / : : ヽー-、
            /. : :, !: iハ!/メ、.i | \
            イ : :{ ヽN  'i:!/!人iヽi
         _1: : :i(    _ 丶:\    「寝るぞーーーっ!!!」
        /   `Yリヽ   '、_)'´!`ー`
      /:::..     |  ,. _/
.      /.::、::    ト、ィ'
      / ::::::|::    !;-!
    /  ::::|::     ! ヽ、        ,:-‐クヽ
    /    ::!::..   ⊥__!_      /  ..:ノ)
   /     |::::..         ̄`''''''' ′..::::::::::ノ
.  /:     |::::.....      ..............:::_,:::-‐'′
 /::      `ー‐┬---r―'''''''"" ̄__
./__       /!   i      / iu-゙、
/----、\   ::::/ |::  ⊥ __,...-‐'.i...:ヒノ
 ̄ ̄`ー`ー`ー-、/ |::.         _,.-‐

705 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2015/04/14(火) 07:47:17.12 ID:FVz0tA4xo










 その夜、俺は不思議な夢を見た。

 深い深い山の中、穏乃が呟いた「おやすみ」。

 インターハイに集う仲間達。










        /: : :/: : :/ : : : : : : : : : : \
    // /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :\
    //: : /: : ://: : / :/: : : : : : : : }: : : : : ヽ
   j//://イ‐< /l: : /: /l: : : : / : : :/ : : : : : : :、
    {/ {从/   { : : /十-ミ / /: :/: : : : : : : : :}__             プリンセス・アコ。
    / : : :Y~斧 人{/_{: : /\ :/: : ー--‐((二_: : :  ̄`丶、
  / :/ / {シ   ⌒斧ミx{: /: /ー-‐ 彡/ }: : 厂  ̄`ヽ : : : :Y
  /: /  ;  '     〈(沙ノ)〉: :/ミ: : : : : /: /: : l二ミx、  Y: : : :}
 / /  {  _    `'''"/: ://^Y: :/ :/ : : l   \:ヽ } : : ノ
 {/   ∧ {⌒>   / /   ノイ: : ノ: : : :l乂   ヽ:/: : :/
 {  /∧     /:/└-彡: : : / :l: : : :!: : `~/ : /}
   / : : : :)ー―//⌒`< : : : /: l : l: : : :l: :ヽ/: : /`<
  /: : : : /  / :/     \イ: :l: :l : l : : : l:/: : :/: `~-ミ`ヽ、
. / : : / ー=彡: : :{         \: :l: :l: :l: : /: イ: :/: \: : : : : : :\ヽ~、
/ : /  /: : : : :〈゙、           \: l: :l//: l: /: : : : :\: : : : : : ヽ:Y: : `ヽ、
{: /  //: : : : r弋           \/ /: : : :{∧ : : : : : : \ \: : :}ノ: : : : : \
`{   / /: /: /ノ ー\         / 癶: : : :{: :ヽ: : \: : : : \ \: \~-ミ: \
   {:/{ ///   -‐`~ヽ     {:/  }: : : : : : :\: : :\: : : : \ヽ : :\  \: ヽ
   {八/ /          \ ノ  {  ハ :\: : : : : :\ : : \: : : : :\: : : ヽ  ヽ Y
      { {            У/     l: : : \: : : : : \`~-ミ : : : :\ : :}   )ノ
       ::...     ..::::     V      l\ : : ヽ\ : : : \    \: : : :ヽノ
       乂:::::::::::\       l        l_\: : Y \: : :ヽ\   \: : :}
        ヽ\         l         l::::: ̄ヽ: :}  \ : Y ヽ    ヽ:ノ
         rV \     `~ミ!        l:::::::::゙、::}ノ::ヽ  ヽ :} )ノ     }ノ
       〈 jノ∨  \      l       l:::::::::::::ノ::::::∧   )ノ     ノ
         </::∨   \      !   \_l\::-―゙、:::::∧
       /:::::::::::∨           }      ̄Y\::::::゙、::::∧
       {:::::::::::::::V       /       ノ   ̄`ヽ:::∧
        ∨:::::::::::::}         \    ヽ ヽ弋     \∧
          V::::/::{    -‐    Yい/ ̄ ̄\ ー-   乂|
         Y:::::::::ヽ   j   l   l Lイ  x┐ハ Y_ ゙、 ヽ\
           l:::::::::::::}   l   l   l-‐弋 -ノ j } }/T> ̄`~-Lヽ
           {:::::::::::/  廴~T ̄  ヽ `ーく∠/-┘   ヽ  \
         l:::::::::::l_/ l   l      ゙、     ヽ  ゙、    `、   ヽ
            `ー-/ノ  l   l       Y    〉   `、     Y   ト、
           / /   l    l   _r-‐}/⌒廴__゙、  /}___廴>
          / rく   j _/斗<    }}..ィ"__,,.彡''"~~'"  ̄ }:::ヽ::::::/
            / j/:l ̄}/ //    ヽ  /‐r''" ̄           ノ::::ノ-┘
           辷{::::l   / l {     l /:::/              /⌒
             乂l   { い      }/-/              /
                l   /{ l /ニニニニア /           /
                l   〈:::Yいl    { /             /
                l   }:::::l ll     ∨          /
                l  ノ:::::::l }}      \         /
            l //:::::::::{ {{      Y       /

【TO BE CONTINUED...】