あこたんイェイ~ 京凛編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

742 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2014/05/17(土) 23:18:57.69 ID:mUBk6Dh5o

ピーンポーン♪

京太郎「へーい」ガチャッ

凛「こんばんは、須賀先輩」ペッコリン

京太郎「おう、いらっしゃい」

凛「遅くなってごめんなさい。おなか空いてますよね? すぐ作りますから」

京太郎「頼むわー。腹減ってもう死にそう」

凛「そんなにですか? だったらパンでも食べてたらよかったのに……買い置き、まだありましたよね?」

京太郎「あるけど我慢した。凛の作ってくれるメシを美味しく食べたいからな」ニッ

凛「っ……ふいうちずるい……」ゴニョゴニョ

京太郎「ん?」

凛「な、なんでもないです。そういうことなら急ぎますんで、先輩は大人しくしててくださいね」

京太郎「うぇーい」

750 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 00:06:13.48 ID:yrfCUu6zo

トントントントン

凛「~♪」テキパキ

京太郎「……」ジー

凛「……先輩」

京太郎「どした?」

凛「なんか視線を感じるんですけど」

京太郎「ああ、見てるからな。凛のお尻」

凛「ごはん抜きにしますよ……」

京太郎「なんだよー、別にいいだろ? パンツ覗き込んでる訳じゃないんだし」

凛「気分の問題です。もう、本当にエッチなんだから」

京太郎「いやそんなこと言って実際エッチなのはむしろ凛の」

凛「ッ!///」

ドスッ

京太郎「ホアアアアーッ!? め、目の前の畳に包丁が!」

凛「……手が滑りました。でも先輩がいけないんですよ? 大人しくしててって言ったのに……」ニッコリ

京太郎「スミマセン……」ガタガタ

754 名前: ◆I1DjlWNWjk[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 00:58:53.49 ID:yrfCUu6zo

……
…………
………………

京太郎「ごちそうさまでした」ナムー

凛「お粗末さまでした」ペッコリン

京太郎「いつもありがとな、ほんと助かってるよ」

凛「いえ、別に大したことじゃないんで」

京太郎「大したことだって。料理とか掃除とか、ほとんど毎日やってくれてさ」

凛「平気ですってば。前から家事は覚えたいと思ってましたし、それに……」

京太郎「それに?」

凛「………………先輩と居られて花嫁修業も出来るんだから、一石二鳥だし……」プイッ

京太郎「――」

凛「……? せんぱ」

京太郎「凛っ!」ガバッ

凛「ぃきゃあっ!?」

京太郎「今のは反則だぞ、可愛すぎる。我慢出来ん」ギュー

凛「っ……責任、ちゃんと取ってくださいね?」ギュッ