※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステータス


解説

人間側の軍の存在を察知すると、その惑星に向けて攻撃ウェーブを派遣してくる特殊なWarp Gate兼用防衛施設。存在する惑星とそれに隣接する惑星の状況に反応する。
起動条件は、人間側の軍が少しでも存在する、あるいはその惑星がAI側の占領下にないことのどちらか。一度起動すると、次に起動するまでは間があるが、本体が壊されない限り完全には止まらない。破壊するとAIプログレスが5増加。
ウェーブは通常の攻撃ウェーブと同様、実際に出現する前に予告があり、時間を置いてから現れる。ただし該当惑星にワープ探知機能を持つ人間側の艦がない場合、対象惑星名は???になる。

派遣されるウェーブは、その時点でAIが利用可能な艦の混成部隊になる。ランクはその時点でのAIの基準に沿うが、もしRaid Engineのある惑星のランクがそれより高かった場合、惑星のランクと同等のものが派遣される。

Zenith Trade Shipから購入されることもある。この場合はOne-Shot版が配置され、一度起動すると自動的に消滅する。

扱い方

偵察を怠った人間にお仕置きをする装置。下手をすると序盤にMark IVクラスの艦の相手をさせられる恐れもあり、難易度と時期によっては地獄を見る。

派遣されるウェーブの規模はそこまで大きくないものの、周辺惑星で活動していると延々と送られてくるので鬱陶しいことこの上ない。どれほど準備をしていても、序盤のうちに高ランクのスターシップの相手をさせられるのはやはり嬉しいものではないだろう。
状況を改善するには根元を断たねばならないわけだが、これもまた存在する惑星が高ランクだと序盤はなかなか実行できない。これ自体もそこそこ硬く、小規模な襲撃では破壊しきれない可能性も高い。厳重に保護されている場合は尚更である。
またこれを壊しに行くということは、必然的にRaid Engineの起動条件を満たしてしまうということでもある。防衛も考慮せねばならないとなると、無茶はすべきではない。


送られてくる艦は通常のものなので、余裕ができてきたら鹵獲やサルベージを目当てにあえて受けるというのも手ではある。もちろん、かえって大損にならないよう、準備は念入りに。