※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステータス


解説

尋常ではない性能を誇る古代兵器。あらゆる攻撃を受け付けず、異常な威力を誇る45連エネルギーバースト砲で近付いたものをことごとく破壊する。ただしMark V艦や建物には手を出さず、また一部の装甲タイプにも攻撃しない。
攻撃は無差別に行われ、AIの艦も攻撃対象となる。惑星に入った後、そのまま通過する場合もあるが、しばしば惑星内の攻撃可能な対象に自分から食いつき始め、目標が居なくなるまで居座ることも多々ある。

こちらの惑星およびその隣接惑星に移動してきた場合、左上に警告が表示される。また存在する惑星とその隣接惑星は、AI惑星であれば一時的な警戒状態に突入する。

使い方

自然災害としか言いようがない、異常な性能の殺戮兵器。これが通り過ぎた後には何も残らない・・・と言いたいところだが、建物には全く攻撃してこないので別の惑星に逃げれば問題なく、ついでにArmor Shipなど特定の装甲を持つものは逃げる必要すらなかったりする。
とはいえ、それ以外のものは全速力で離脱させないと確実に根絶やしにされる。こいつの攻撃は即死効果でなく、単純な異常火力で強引に瞬殺しているものなので、たとえスターシップでも免れることはできない。とくに居座る体制に入っている場合、生産拠点に気付かずに居座られるといつになっても立ち去ってくれず、ただただ資源が浪費されていくことにもなり得るので要注意。

どうにも迷惑な存在だが、実際のところ領土が遥かに広いのはAIなのがこのゲームなので、あちこち動き回っては機動戦力を片っ端から食い荒らしていくこいつはある意味では非常に有益な存在でもある。とくに攻撃予定の惑星が荒らされた場合、補充が済む前に押し寄せれば通常よりもずいぶん楽に制圧できるだろう。