※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステータス


解説

定期的にSpire Bladeと呼ばれる小型機を射出、敵に突撃させて攻撃する特殊艦。これらの小型機は驚異的な移動速度を持ち、敵に接触すると同時にBlades属性の攻撃を行って反動で自壊する。操作は不可。これらに加え本体も砲を備えるが、大型なわりには火力を欠く。またクロークを付加してもらうことはできない。
上位版は本体と小型機の両方の基本性能が向上する。またMark V艦には共通特性として核攻撃とEMPへの耐性も追加される。

特殊な性質として、この艦はFRDモードになっていても敵を追って移動することがない。

使い方

撃墜可能な無限射程弾を放つ大型艦のような存在。射出される小型機はフォースフィールドすら無視して恐ろしい速度で敵に特攻し、1発だけダメージを与えて儚く散る。寿命こそ短いのだがあまりにも移動が早いため、本体が動かずとも惑星全域を射程内に収められる。
ボーナス対象を持たないものの、小型機含めた総合的な火力は相当な高さ。小型機が単体に大ダメージを与える一方、本体は低威力の砲を乱射するので弱い敵を捌きやすい。もっとも、通常は小型機の特攻だけで十分すぎるほどの仕事をするため、多くの場合は後方に放置することになるだろう。

敵が解禁している際には相当な注意を払いたい。もしコマンドステーションがEconomic Orbital Command Stationだった場合、小型機の突撃で有無を言わせず瞬殺される。Logistical Orbital Command Stationも脆さは感じるが、移動速度制限で迎撃がしやすくなるのでまだ良い。
対策はMilitary Orbital Command Station(Blades属性攻撃無効)を使うか、Gravitational Turretで迎撃の隙を作るかの2択が基本。素の移動速度は本当に驚くほど速いので、そのままで撃墜しようなどとは考えないほうが良いだろう。