※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステータス


解説

Youngling系のクローク攻撃機。狙撃や即死に耐性があり、重装系の装甲や基地設備に対してのボーナスを持つ。ただしYounglingの共通特性として、Stand-down状態か何かに格納された状態にない限り、4分かけて耐久力が徐々に失われていく。その代わりコストは極めて低く、非常に高速で、鹵獲や機雷への耐性も持つ。
上位版は基本性能のみ向上。ただしMark V艦は共通の特性として、核攻撃・EMPへの耐性を得ている。

使い方

襲撃向けのNeinzul艦。奇襲攻撃で重要目標を破壊するのに向いており、基地設備に強いクローク艦としては異常なほどの速度も持つ。また敵の大型艦を仕留める係としても十分な性能。厳しい防衛戦でも倒される端から補充でき、敵を煩わせ続ける。
小型フリートシップとしては貴重な即死耐性も持っているので、Ion Cannonがある惑星への強襲にも使える。他にもっと良い艦が居なければ、Counter Spyの処理にも手頃だろう。

自動消耗のためそのままだと遠出に適さないが、クローク艦のためTachyon Sentinelさえ始末してあればStand-down状態での移動がしやすい。長旅の際は面倒でもきちんと管理してやると良い。他のYounglingと同じように、Transportを使っても良い。
また惑星に常駐しての防衛にもそのままでは使いにくいが、Neinzul Regeneration Chamberを使えば問題なく維持できる。