Is構文


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Is構文について

Is構文って勝手に命名しましたw
Is●●と入力することで、カードグループを指定することができます。
召喚ルール効果を作るときや効果を作るときに使用します。
数値指定にはType-Set-Race-Attribute表を使用してください。

  • 主な種類
今まで制作中に使って知ってるものだけ書きます。
他にもあるかもしれません。
Isの後の文字 説明 備考
Code カード単体を指定します。 数値は10進数で指定カードIDが入ります。
Type カード種別を指定します。 数値はアルファベット大文字で種別コードが入ります。
SetCard カードセットを指定します。 数値は16進数で「●●と名のついた」の数値が入ります。
Rase カードの種族を指定します。 数値はアルファベット大文字で種族コードが入ります。
Attribute カードの属性を指定します。 数値はアルファベット大文字で属性コードが入ります。
その他 なんか表記長ったらしい奴。 汎用性が低くややこしいので今回はパス。

  • 表記
▼召喚ルール効果の場合
aux.FilterBoolFunction(Card.Is[n1],[n2])
▼モンスター効果の場合
c:Is[n1]([n2])
項目 説明 備考
[n1] 種類を指定します。 前述したIsの後の文字を入力してください。
[n2] カードを指定します。 [n1]に対応した数値を入力してください。