召喚ルール効果を作る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページについて

召喚ルール効果について記述します。
ダークシンクロなど、既存のもの以外の召喚条件に関してはよくわかりません。
非常に説明が面倒なので記載がグチャグチャです。
上手く記載する方法を見つけたら再編集します。
※儀式召喚は召喚ルール効果ではありません。

構成

--カード名
function c[カードID].initial_effect(c)
~ここに入力します~
end

0.フィールド上に●枚しか存在できない。

c:SetUniqueOnField([n1],0,[n2])
の形式で記述します。
項目 説明 備考
[n1] 枚数を指定します。 10進数で入力してください。
[n2] IDを指定します。 10進数で入力してください。
0 真ん中のやつね。 自分フィールド上って意味だと思います。


1.融合召喚

--fusion material
c:EnableReviveLimit()
aux.AddFusionProc[n1][n2](c,[n3],[n4],[n5])
の形式で記述します。
  • 通常の融合召喚
項目 説明 備考
[n1] 融合の種類を入力します。 モンスター名を1枚でも指定する場合は"Code"を、カード種類のみ指定の場合は"Fun"を入力してください。
[n2] 融合の枚数を入力します。 別々のモンスターの場合は"素材枚数"を、同名モンスターの場合は"Rep"を入力してください。また、素材1がカード名指定、素材2以降がカードの種類指定の場合も"Rep"を入力します。カード種類のみ指定の場合は1種類のみの場合は"Rep"を、複数種類ある場合は"素材枚数"を入力してください。
[n3] 融合素材モンスターを指定します。 複数カード名指定の場合はIDを10進数で"ID,ID,ID"のように","で区切って入力してください。同名モンスターの場合は"ID,枚数"のように入力してください。種類指定の場合はIDの代わりにIs構文に記載されている召喚ルール効果の表記を入力してください。古代の機械究極巨人のように素材2以降がカードの種類指定の場合は"ID,Is構文,枚数"のように入力してください。
[n4] 不確定です。 よくわかりませんが、通常は"true"を、上記のカードでしか融合召喚を行えない場合は"false"を入力しているようです。 カード名を1枚も指定しない場合はこちらは入力しませんので",[n4]"を削除してください。
[n5] 不確定です。 ほとんど同上ですが、サイバー・ツインでは"false"、サイバー・エンドでは"true"となっているため更によくわかりません。 カード名を1枚も指定しない場合は通常"true"みたいです。
  • 特例の融合召喚
キメラティック2種などの融合召喚法に関しては面倒なので時間があるときに。
同じく、融合カードを必要としない召喚法も同様です。
レインボー・ネオスなどのカードグループが構成されていないカードをいずれか指定するものも同様です。
  • 融合召喚でしか特殊召喚できない効果
モンスター効果として追加します。
後に時間があるときにモンスター効果の項目に記述し、こちらにリンクを張る予定です。

2.シンクロ召喚

--synchro summon
aux.AddSynchroProcedure(c,[n1],aux.NonTuner([n2]),[n3])
c:EnableReviveLimit()
の形式で記述します。
項目 説明 備考
[n1] チューナーを指定します。 特に指定しない場合は"nil"を、種類指定の場合はIs構文に記載されている召喚ルール効果の表記を入力してください。
[n2] チューナー以外を指定します。 同上
[n3] チューナー以外のモンスター数を指定します。 10進数で入力してください。
  • 特例のシンクロ召喚
スカーレッド・ノヴァのようにチューナーが2体必要な場合などは少し面倒なので時間があるときに記述します。
「ジャンク・シンクロン」をシンクロ素材として指定する場合も同様です。

3.エクシーズ召喚

・通常のエクシーズ
--xyz summon
aux.AddXyzProcedure(c,aux.XyzFilterFunction[n1](c,[n2][n3]),[n4])
c:EnableReviveLimit()
項目 説明 備考
[n1] 素材の種類を指定するかを指定します。 種類を指定する場合は"F"と入力してください。指定しない場合は何も入力しないでください。
[n2] 素材の種類を指定する場合のみ入力します。 Is構文に記載されている召喚ルール効果の表記を入力してください。また、 必ず[n3]との間に","を入力してください。
[n3] エクシーズ素材モンスターのレベルを指定します。 10進数で入力します。
[n4] エクシーズ素材モンスターの数を指定します。 10進数で入力します。
  • 特殊なエクシーズ召喚について
重ねてエクシーズ召喚などの召喚ルール効果については後にモンスター効果の欄に記載してリンク貼ります。

モンスター効果による特殊召喚

後にモンスター効果の欄に記載してリンク貼ります。

こんな感じです。