人物背景

写真家を自称し、二眼レフのトイカメラを常に身につけている。
自信家で誰に対しても尊大な態度で接するが、いざという時は世界や他者のために身を挺する。
本編開始の少し前に夏海らの住む街に現れ、光写真館で働きながら居候しているが、それ以前の素性は不明で本人にも記憶がない。
相手に素性を問われた際の「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ!」が決め台詞。
また、ディケイドに変身した後、ライドブッカー・ソードモードの刀身を撫でたり、手を払うように叩く仕草をする癖がある。
また、海東いわくナマコが苦手。難しい話は「大体分かった」という口癖で済ませ、
写真撮影以外のあらゆる物事をそつなくこなすが、彼が撮った写真はなぜか被写体が歪んで写ってしまう。
これに対して本人は「世界が自分に撮られたがっていないため」と解釈している。
「世界の終わり」に際する現象で紅渡と遭遇し、自分が全てのライダーを破壊する存在・ディケイドであること、
世界の消滅を防ぐために旅をしなければならないことを告げられる。
旅する世界のどこかで自分の世界が見つかるかもしれないと考え、「世界の全てを写真に収める」という目的のもと行動する。
記憶を失ってはいるが、9つの異世界に関する知識や変身後の戦い方などを断片的ながら覚えている。
鳴滝や訪れた世界のライダーから「破壊者」「悪魔」などと忌み嫌われ、時折自身を皮肉ってそう呼ぶこともある。
また全ての世界を救おうという意思はあるのだが、意図しなくとも訪れた世界が自分の存在で崩壊することを知り、苦悩することもあった。
しかし旅を続ける内、そうした自分を受け入れてくれる夏海のことを大切に思うようになる。

だが、旅の最後に彼は自分の役目を知る事になる…

属性

混沌・善

パラメーター

筋力C 耐久C 敏捷B+ 魔力D 幸運D-(通常時)
筋力B 耐久B 敏捷A+ 魔力C 幸運C-(コンプリートフォーム時)


スキル

騎乗:A+…騎乗の才能。
      ファイナルフォームライドのカードを用いることにより召喚・変化した各ライダーを乗りこなすことができる。

変化:A…カメンライド、フォームライドのカードを用いることにより、他のライダーへ変身できる。

直感:B…戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を「感じ取る」能力。大抵のことは「大体わかる」。


宝具

『世界の破壊者(ディケイド)』
ランク:A レンジ:- 種別:対人(自身)宝具 最大捕捉:1人
「世界を巡り、全てを破壊する存在」である、異端なりし仮面ライダー。
門矢 士がディケイドライバーとライダーカードを用いることにより、「仮面ライダー ディケイド」へと変身する。
「クウガ」「アギト」「龍騎」「ファイズ」「ブレイド」「響鬼」「カブト」「キバ」「電王」のライダーカードを所有し、その力を自在に振るうことができる。
変身中はステータス隠蔽の効果を発揮する。

  ・カメンライド……所有するライダーカードのライダーへと変身する。
  ・アタックライド……変身したライダーの特殊能力や武器を出現させる。
  ・ファイナルアタックライド……ディケイド単体での必殺技や、ファイナルフォームライドで変形した各仮面ライダーとの連携技、
                  そしてカメンライドで変身しているライダーの必殺技を発動させる。
  ・フォームライド……変身中のライダーの別フォームへと多段変身する。
  ・ファイナルフォームライド……所有するライダーカードのライダーを召喚し、変形させる。
                  ただし召喚したライダーに自意識はないため個別に戦うことはできず、一度に召喚できるライダーは一人だけ。

『歩くライダー図鑑(コンプリートフォーム)』
ランク:A+ レンジ:- 種別:対人(自身)宝具 最大捕捉:1人
携帯端末ケータッチにコンプリートカードを挿入することにより、強化形態コンプリートフォームへと変身する。
パラメーターが全て1ランク上昇し、アタックライドの効果もそれぞれ強化される。
ファイナルアタックライドで呼び出したライダーが強化フォームとなり、ディケイドの動きに連動し共に必殺技を放つ。
このフォームに変身している際はステータス隠蔽の効果を発揮しなくなる。


武器

『ライドブッカー』
   ブックモード、ガンモード、ソードモードの3種類の形態に変化する万能武器。 ライダーカードの入れ物でもある。
『マシンディケイダー』
   ディケイド専用に開発されたバイク。特に武装はないが、ディケイドに変身しなくても使用できる。

gn

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|