※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人物詳細

穂群原(ほむらばら)学園2年C組に在籍。口癖は「なんでさ」。
10年前に冬木市で起きた大火災の唯一の生存者。
その際、魔術師である衛宮切嗣に助け出され、養子として引き取られる。
切嗣に命を救われたこと、そして助かったのが自分一人であることが非常に強烈な心象として残っており、
切嗣への憧れから、正義の味方となってみんなを救い、幸せにするという理想を本気で追いかけている。
養父からの「借り物の理想」を追いかけて正義の味方を目指し、人助けのためなら自らを省みないその生き方は、
シナリオ原作者の表現によれば「一生懸命人間のふりをしているロボット」あるいは「人間になろうとしているロボット」。
彼は冬木大火災が元で人生が狂った後天的異常者である。
元弓道部員(現在は退部)であり、その腕は文字通り百発百中であったという。
人助けが生き甲斐であり、他人から頼まれたことに対して基本的に嫌と言わない(言えないのではなく)ため、
都合よく利用されることも多い。
得意とするのは物を修理することと、料理。
養父に無理に頼み込んで魔術の指導を受け今も欠かさず鍛錬を続けてはいるものの、
本来魔術師の家系ではない上、養父亡き今となっては完全な独学であり、
初歩的な(ただし、極めるのは至難とされる)「強化」(物体に魔力を通し、その物体がもともと持っている性質を強化する魔術)
しか使うことができず、しかも成功率は低い。
魔術師にはあまり役に立たない類のものだが、物体の構造を把握することにかけては一流で、
この才能ゆえか凛にも不可能だった学園内に張られた結界(ライダーの「他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)」の
結節点の特定を易々とこなしている(本人曰く「甘ったるい匂いがする」らしい)。

特別な能力

「無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)」

「視認した剣(及び剣と認識できるもの)の構成や本質を捉え、複製し貯蔵する」という能力を持つ。
彼が普段用いている魔術や、物体の構造の把握、結界の存在に敏感であることなどは全て、そこから漏れ出た副産物に過ぎない。
特に投影に関しては、固有結界内から引き出しているため、通常の魔術師の用いる投影とは全く異なるものである。
通常投影では器分に加え内包分も魔力を注がなければならない上に効果は瞬間的だが、此方は心象世界から引き出す際の僅かな消費だけで成立されている。
ただし、第五次聖杯戦争時点での士郎に投影できるのは武具、それも主に剣に限られ、近代兵器や機械は外見だけで中身が伴わない。
鎧や盾など防具などに関しては瞬間的な効果で代償も大きい。それ故に彼が「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」を投影した際は4枚になっている。
(ただし、凛ルートでは7枚と完全に投影しており、単純に魔力不足か固有結界を悟りきれてないからと思われる。)
また、魔術師として未熟なため魔力が足りず、自力で固有結界を展開することはできない。
ただし、彼が命の危機に瀕すると、自覚がないまま固有結界が体内で暴走を始める。
最悪の場合、無数の剣を生み出して体の内部から彼を串刺しにし、命を奪うこともある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|