人物詳細

ルルーシュの親友。
日本の名家・枢木家出身だが絶縁状態にある。
皇神楽耶とは親戚。劇中では温厚で生真面目な性格だが、幼少期はやんちゃな暴れん坊肌であった。
日本最後の内閣総理大臣・枢木ゲンブの嫡子。
ブリタニアによる日本侵攻前にルルーシュ、ナナリーと出会い親友となる。
侵攻後も日本陸軍の73式中型トラックに救出され一時避難場所に行くまではルルーシュと一緒であったが、ルルーシュと離れ離れとなった。
7年前、日本をブリタニアの侵攻から守る為に、ブリタニアへの徹底抗戦を唱えていた実父ゲンブを10歳で殺害したが、
その結果敗戦国となった日本の惨状を目の当たりにし、「間違ったやり方で得た結果に意味はない」という考えに至り、
結果より過程を重んじるようになる。その為、目的のためには手段を問わず結果を最重視するルルーシュとは相容れず、対立する運命となる。
戦後、自ら名誉ブリタニア人に志願しブリタニア軍に入隊。当初は一等兵だったが、最新鋭KMFであるランスロットの騎士着任に伴い准尉に、
そしてユーフェミアの騎士に選任後は少佐に昇格。
当初、自分はブリタニア人でも騎士でもないのでKMFには乗れないと述べていたが、
その後、訓練だけは受けていたとも語った。
卓抜なKMF操縦技術のほか、超人的な身体能力、藤堂道場(日本拳法)のものではない格闘技術を有している。
自ら記憶を取り戻したゼロであることを明かし、ナナリーを守るよう懇願したルルーシュと和解しかけるも、
シュナイゼルの介入で行き違いの末再び決別する。
その直後の第二次トウキョウ決戦で、紅蓮聖天八極式との対決で命の危険に陥ったことで、
かけられたギアスが発動して大量破壊兵器フレイヤを放ち、トウキョウ租界を壊滅寸前にまで追い込んでしまう。
その自責の念から今まで自分が出した犠牲に見合った成果を追求しようと考え、「必要なものは結果」と、以前までの信念を放棄することに至る。

特別な能力

「ギアスの呪い」

神根島での戦闘時に、ゼロを道連れにしようと計るがゼロのギアスで「生きろ」と命じられ、
以降は自分の命の危機に遭った時に、
何があっても生きるための行動(身体を保護するリミッターが外れる等)を起こすようになる。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|