第1回:バカップルと狐とアレ


タイガ「はい、幸先よく始めちゃいましょう!
    記念すべき第一号はいきなりの二組登場DAZE!」
ロリブルマ「天野雪輝と我妻由乃ですね、シショー!」
タイガ「よく出来ました弟子一号、飴ちゃんあげようじゃないの」
ロリブルマ「シショー、近い…ていうかウザイ!」
タイガ「うぉ、いきなりの弟子の謀反…ハッ、これが本能寺?」
ロリブルマ「本題からそれ過ぎです、シショー」
タイガ「おぉう、しまったぁしくじっちまう所だったぁ~。
    それじゃ、気を取り直してこの二人なんだけど」
ロリブルマ「未来日記からの出展ですね二人とも」
タイガ「YES!そんでもってカッポォ、未成年の癖して一著前に大人の階段上ろうとしてるわよ!」
ロリブルマ「一説によると既に一線越えてるらしいですよ、シショー?」
タイガ「ウガッ!?」
ロリブルマ「ショックのあまり石に!? いいや、放っとこう。
      こちらでの死因はアサシンの奇襲攻撃による即死。
      フラグの勘違いをしてたんだから自業自得と言えば自業自得ね」
タイガ「…華麗にスルーするとは成長したわね、弟子一号」
ロリブルマ「あ、生き返った」
タイガ「トラは何度でもよみがえるのよ、不死鳥の如く!
    …って、どっちだよ!?」
ロリブルマ「お願いだから反れないでシショー!」
タイガ「Ok、弟子一号。師匠の腕前を見せてあげようじゃないの!」
ロリブルマ(黙っててくれた方が早いんだけど)
タイガ「読めた!そこね!」
ロリブルマ「あいたっ!」
タイガ「邪念が駄々漏れよ! さて、マスター側はこれでいいとして
    次にサーヴァントだけど」
ロリブルマ「そういえばこの人たち…」
タイガ「そうこいつら…」

二人「「真名明かしてねー!?」」

タイガ「まぁ、アーチャーの方は一昔前の流行のヤンデレ娘こと由乃ちゃんには
    明かしてるんだけど、あっちの狐ときたら」
ロリブルマ「完全に誰もしらないッスね、シショー」
タイガ「今後、あの狐は唯一関わりの残ったイヤホンボーイ花村に
   『そういや、あのサーヴァントは一体なんだったんだ?』とか言われるのよ」
ロリブルマ「うわぁ~、完全に忘れ去られた方がマシなレベルですね、シショー」
タイガ「うむ、諸君も今後気をつけておくように!」
ロリブルマ「誰宛!?」

教訓:言っとける内に言っとこう


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|