編集メモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数式の入力

TeXという有名な文法にのっとって書けばよいので楽。
  • $$を前後に書くと数式になる(ただ大きい)
  • mathプラグインを使ってもできる

命題 1+1\ne 2 は偽。
\frac{ \pi ^2}{6}
とか
\frac{ \pi ^2}{6}
とか
{{{の直後に空白はまずいっぽい
逆に}と}}}がつながるのもよくないっぽい

\begin{array}{lcl}
の中で分数を使うなどして、行間がせまかったら
\renewcommand{\arraystretch}{1.5}\begin{array}{lcl}
などすればよい。
連分数などだったら1.5を2.0くらい広げると自然かも。


記号§

「せくしょん」で変換するか「Alt+6」で出てくるかも


記号∥

証明終わり。スラッシュ2つはコマンドと認識されるので
「平行」記号で代用。

a n

a&sub(){n}を半角で入力している。

折り畳み

regionプラグインを使えばよい。

画像

#image2(right,URL)でなんとかなった。
なお、CSSをいじってblockquote要素からfloatした要素(画像)がはみ出ないようにしてある。